Torrent・トレントで絶対ダウンロードしてはいけない危険なファイル・データは??逮捕の検挙率の高いトレントファイルとは??

 

ダウンロードスピードが速いトレントファイル。

しかしトレントファイルを利用する際にはダウンロードするファイルを気をつけなければなりません

 

自分は違法なファイルをダウンロードするつもりがなくても
トレント内部のファイルが隠されていたためダウンロードしてしまう恐れもあります。

今回はトレントで絶対ダウンロードしてはいけない危険なファイル・データを紹介します

 

 

Torrentの使い方は??

Torrentについてインターネットで調べると、「違法である」といった書き込みが多くみられます。ですが、結論を言いますと「Torrentは違法ではありません」。何故、Torrentは違法であると良く言われているのか、まずは、Torrentファイルについて勘違いをされている方が多い。

 

↑こちらの記事でトレントの使い方を紹介

 

上の記事で違法性についてや、トレントファイルを開く際に使うソフトを紹介しています。

 

 

今回は、Torrentで帯域制限をする必要性とその方法について解説します。

 

 

Torrentの仕組み

 

 

Torrentを利用する際、ファイルをダウンロード時は、自動的にアップロードがされます。

Torrentはネット上にあるダウンロードしたいファイルのかけらを

1つのサーバーに依存することなく、多くのパソコンからファイルをダウンロードすることで早さを実現しています。

 

そのため自分がダウンロードする際もアップロードがされ、そのおかげで

1つのパソコンがインターネットから切断されたとしても、まったく問題なくファイルのダウンロードを行うことができます。

 

アップロードを停止することは仕組み上無理なため

「Torrentでファイルをダウンロードするときには、自動的にアップロードも行われる」ということです。

 

 

 

 

 

検挙率の高いファイルTOP3

 

基本的に著作権違反を起こしているソフトは逮捕の危険性があります。

もし誤ってダウンロードしてしまった方は下記の記事を参考に対策してください

 

↑こちらで対策を紹介中

 

そのなかでも逮捕の危険性があるファイルを紹介します。

 

 

①映画

 

著作権保護法で規制されているファイルの中でも映画ファイルを共有したことにおり検挙が一番多いです。

 

著作権保護法は親告罪であるので、被害者が警察に被害届を
提出しないかぎり警察が動くことはありませんが映画などをトレントでダウンロード
してしまった場合は自動的にアップロードされてしまうので危険。

 

 

②有名アニメ

ワンピースなどの有名なアニメはかなりの頻度で取り締まりの対象となっています。

そういったファイルは定期的にアニメの制作会社や放送会社から被害届が提出されているのでしょう。

 

 

③児童ポルノ

 

Torrentでの検挙で一番多いのが児童ポルノ関連のファイル

 

児童ポルノ禁止法は、親告罪ではないため、被害者からの被害届がなくても、警察が逮捕・起訴することが可能です。

 

 

 

まとめ

 

今回はTorrent・トレントで絶対ダウンロードしてはいけない危険なファイル・データについて紹介しました。

ダウンロードは著作権違反にならないものだけダウンロードしましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です