Torrentで帯域制限を行う設定方法まとめ!Torrentに帯域制限が必須な理由【トレント】

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

 

 

Torrentで帯域制限を行う必要があるらしい。

 

この記事で解決する疑問

・Torrentで帯域制限を設定する方法
・Torrentを安全に利用する方法

 

今回は【Torrentで帯域制限を行う設定方法まとめ!Torrentに帯域制限が必須な理由【トレント】】を紹介していきます。

 

 

Torrent・トレントの帯域制限とは?

 

帯域制限とは、インターネットの通信速度を自動的に制限する機能

通信速度を制限することで、ISP(インターネットサービスプロバイダ)がネットワークの混雑を緩和し、帯域幅を節約することができます。また、一部のISPは、帯域制限を利用して、特定のサービスやWebサイトに対するアクセス速度を低下させることもあります。

 

通信事業者がヘビーユーザーの帯域に制限をかけ、通信速度を遅くすること。

ネットワーク全体の負荷を下げ、多くの他のユーザーの利便を守るために行われる。大量のアップロード、ダウンロードを行いデータ転送量が極度に大きいユーザーが対象となる。

 

 

Torrent利用時の帯域制限とは??

 

帯域制限は、特にP2P(ピア・ツー・ピア)ファイル共有プロトコルの使用に関して、ISPが使用することが一般的です。

P2Pファイル共有では、多数のユーザーが同時にファイルをダウンロードおよびアップロードするため、ISPのネットワークに大きな負荷をかけることがあります。

そのため、ISPはP2Pファイル共有に対して、帯域制限を設けることがあります。

 

 

Torrentの仕組みは??

 

Torrentを利用する際、ファイルをダウンロード時は、自動的にアップロードがされます。

Torrentはネット上にあるダウンロードしたいファイルのかけらを1つのサーバーに依存することなく、多くのパソコンからファイルをダウンロードすることで早さを実現しています。

そのため自分がダウンロードする際もアップロードがされ、そのおかげで1つのパソコンがインターネットから切断されたとしても、まったく問題なくファイルのダウンロードを行うことができます。

アップロードを停止することは仕組み上無理なため「Torrentでファイルをダウンロードするときには、自動的にアップロードも行われる」ということです。

 

 

 

帯域制限をTorrent・トレントで設定するメリット

 

Torrentで帯域制限を行う主なメリットは、ネットワークの混雑を回避することができる点です。

P2Pファイル共有では、多数のユーザーが同時にファイルをダウンロードおよびアップロードするため、ISPのネットワークに大きな負荷をかけることがあります。

そのため、ISPが帯域制限を設けることで、ネットワークの混雑を緩和し、帯域幅を節約することができます。

 

メリット①フリーズやアプリが落ちるのを防止

 

パソコンのスペックが低い場合、Torrentを用いて大量のダウンロードを行うと、クライアントソフトがフリーズしてしまうことがあります。

落ちてしまえば再度ダウンロードの設定行わなくてはいけませんしファイルの破損などのトラブルなどが起きる場合もございます。

また、Torrentでダウンロードをしながら他の作業を同じパソコンで行う際に、とても動作が重くなってしまうことも解決策は

 

 

①パソコンのスペックを上げてしまう

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

②帯域制限を設定することでパソコンへの負荷を減らす

 

この2点になりますので【帯域制限】が利点となります。

 

 

メリット②ルーターが落ちるのを防げる

 

 

 

ルーターが処理できる性能を超えてTorrentのダウンロードを行うと、ルーターの電源が落ちてしまうことがあります。

こういった際に帯域制限をすると、ルーターの電源が落ちるのを防ぐことが可能

 

 

 

メリット③プロバイダーからの警告を防止

 

あまりインターネットを使いすぎるとプロバイダー自身から連絡が来て警告される可能性があります。具体的な罰則はほとんどがインターネット制限だと思いますが警告書類などあまり見て気持ちのいいものではありませんよね笑

なので事前にこちらで制限をかけて、警告を防止しましょう

 

 

 

Torrentクライアントに帯域制限を設定する方法

 

Torrentで帯域制限を行う方法は、一般的にはTorrentクライアントソフトウェアの設定から行うことができます。以下は、代表的なTorrentクライアントソフトウェアでの帯域制限の設定方法の例です。

 

【qBittorrentの場合】

  1. qBittorrentを起動し、画面上部の「ツール」メニューから「オプション」を選択します。
  2. 左側のメニューから「接続」を選択し、右側の画面で「上り速度」および「下り速度」を制限する帯域幅(単位はキロバイト/秒)を入力します。
  3. 「上り速度」および「下り速度」の値を設定したら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

 

【uTorrentの場合】

  1. uTorrentを起動し、画面上部の「オプション」メニューから「設定」を選択します。
  2. 左側のメニューから「帯域幅」を選択し、右側の画面で「上り速度」および「下り速度」を制限する帯域幅(単位はキロバイト/秒)を入力します。
  3. 「上り速度」および「下り速度」の値を設定したら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

 

【Transmissionの場合】

  1. Transmissionを起動し、画面上部の「編集」メニューから「設定」を選択します。
  2. 「帯域幅」タブをクリックし、「上り速度」および「下り速度」を制限する帯域幅(単位はキロバイト/秒)を入力します。
  3. 「上り速度」および「下り速度」の値を設定したら、「OK」ボタンをクリックして設定を保存します。

 

なお、帯域制限を設定した場合でも、実際のダウンロード速度はネットワークの状況によって異なるため、帯域制限に設定した速度よりも低くなることがあります。

 

 

Torrentクライアントに帯域制限を設定する際の注意点

 

Torrentで帯域制限を行う場合には、帯域制限の設定値を適切に調整することが重要です。

制限が厳しすぎると、ダウンロード速度が低下してしまうため、ファイルのダウンロードに時間がかかってしまう可能性があります。逆に、制限が緩すぎると、ISPのネットワークに負荷がかかってしまうため、ネットワークの混雑が発生する可能性があります。

適切な帯域制限の設定値を見つけるためには、いくつかのトライアルアンドエラーが必要になる場合があります。

 

 

torrentの利用に潜むリスクに無対策だととんでもない被害に・・・

 

 

大容量のファイルを爆速でダウンロードできるtorrentですが利用する際には2種類のリスクがあることを把握しておいたほうが懸命です。

 

 

逮捕や賠償金のリスク

 

 

本質的に【トレントを利用したファイルダウンロード自体】は合法になります。

ただ著作権物に違反したファイルであれば、当然違法ダウンロードのカテゴリに分類されるので逮捕や賠償金の可能性が十分考えれます。

 

◆疑問くん◆
合法のコンテンツをダウンロードすれば問題ないんじゃない??

 

という疑問が出るかと思いますが【トレントはダウンロード完了までファイル確認ができない】仕様なので合法だと思っていたファイルに違法コンテンツが混じっていた

なんてことも十分考えられますし・・・・

 

◆疑問くん◆
一回だけダウンロードしたからと言ってバレたりするの??

 

という不安は現実的に有り得る話で【トレントはダウンロード時にIPアドレス(ネットの住所のような物)が丸見え】になる仕組みで警察が本気を出せば簡単に個人特定が可能なので一回誤ってダウンロードしても捕まる可能性はあると断言できます。

 

↑実際に違法ダウンロードで捕まった判例あり・・・

 

↑IPアドレスからダウンロードしたファイルも特定可能

 

 

ウイルス感染・ハッキングのリスク

 

Torrentファイルの利用には【ハッキング・ウィルス被害】のリスクもある。

セキュリティソフトを導入することはウイルス対策の基本ですが、

 

 

 

あくまで「ファイルに同梱したウィルス対策」のみの対応になるので、丸見えのIPアドレスを利用した【ハッキング・個人情報の乗っ取り】などは防ぐことができません。

自分も数年前になんの対策も講じていなかったため、トレントを通じてセキュリティハックされ被害に遭いました。

 

当時の被害

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される
  • トラブルによる精神的な疲労
  • 登録サイトの情報の変更手続き
  • パソコンに保存していたデータ損失

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化しその他のトラブルも相まって精神的なダメージがあり正直参りました笑

 

Torrentファイルからウィルスに感染してハメ撮りがネットの海に放出とか何回もありましたね。ときどき漫画村?のスクショ上げてる人見かけるけど頭大丈夫かなと心配になる

— 春にゃ (@_ry3s) January 25, 2018

 

またパソコンウィルスに犯されてる。
画像ずれてたり、砂嵐見ないな画像になってたり。あーあ…絶対Torrentやん!考えられるのそれしかない。 pic.twitter.com/CdzqQYqcoz

— fumi (@fumayan) March 1, 2014

 

このような被害に遭った人は割と多いみたいで、上記のツイートにあるようTorrentを利用すると誰にでもウイルス・ハックの危険性があるのは確定的です。

 

 

torrentの利用のリスクを回避する唯一の方法がVPN

 

 

上記で解説したリスクは両方とも【IPアドレスが強制的に誰にでも見れてしまう】仕様が原因です。この異常事態を現実で例えると・・・

 

自分の住所を泥棒がたくさんいる場所で風潮して回った挙句、鍵開けっ放しですよってアピールしているのと変わらない

 

この問題をどうにか解決できないか模索したところ行き着いたのが[VPN

 

 

VPNってなに??

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略。

インターネット通信を各国のサーバー経由で仮想トンネルに通すことで情報を暗号化し、セキュリティ強化・プライバシー保護としての機能を追加する

 

要は【普段はどこから通信しているか丸見えの回線がVPNを介すことで全く見えない状態に変更することができる】ツール。

これを利用することでIPアドレスを隠して通信できるためハッキングなどのリスクを回避することができるのだ!!

 

ハックのそもそもの原因だったIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

思い切ってサービスを登録してから 数年間からまったくウィルス・ハック被害に遭ってません

 

≫30日無料のVPNを今すぐ利用したい方はこちらから。

 

 

ウィルス・ハッキング防止意外にもVPNには思わぬメリットが・・

 

VPNは基本的にセキュリティツールとして開発されていますが、実はその用途以外にも導入したことによる利点が複数あった。

 

VPN利用時のメリット
  • 日本限定・海外限定で配信されている動画が視聴可能
  • 海外のゲームやホテル/ 航空券の予約が格安で購入
  • 通信が高速化
  • 海外旅行時国で国で制限されているアプリの使用

 

これだけ機能があるにも関わらず値段も高くないので個人的にはかなりおすすめ。

 

 

torrentや海外サイトにおすすめなVPNはNORDVPN!

 

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNを勧めます。

 

 

 

公式でTorrentが許可されている数少ないVPN

 

実はVPN接続時にtorrent利用を禁止しているVPN会社が多い!!

そんな中公式でTorrent特化のサービスなど展開しているNORDVPNはかなり貴重な存在でtorrent専用サーバーはダウンロードの高速化を手助けになります!!

 

↑torrent利用のために強化されたP2P専用サーバー

 

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

またtorrentダウンロード時に回線が重くなりがちですが、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることで[Torrentの通信はVPN経由][通常のネット回線はブラウジング]とすみわけすることが出来ネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

NORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができず、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは1TBのクラウドストレージとパスワード管理アプリまでついて約610円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

 

【有名VPNの比較】

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1800円 月額1300円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額800円 月額610円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫NordVPNを体験したい方はこちら。

 

 

 

NORDVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

 

まとめ

 

 

今回は【2023年版】無料トレントダウンロード可能なベストプライベートトレントトラッカーサイトまとめ【RAR・ZIP・MP4】まとめをまとめました。

 

↑torrent利用の初心者や快適な使い方はこちらから

 

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフに!!

さらに購入後30日以内であればどんな理由でも返金可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒NordVPNの登録はこちらから!!!

 

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!