【2021年最新】中国でブロックされているサイト・アプリ・ウェブサービス一覧まとめ!使える/使えない規制リスト

 

 

2021年に中国でブロックされたWebサイト(6月の更新これは、特に中国への旅行や移動を計画している人々の間でよく聞かれる質問です。

現在Slack、Microsoft OneDrive、Dropboxなどの生産性アプリはすべて禁止されているため、VPNなしで中国でリモートで作業することは困難です。GmailやGoogleドライブを含むGoogleスイート全体も利用できません。

禁止されているソーシャルネットワークにはFacebookやLINEなどが友人や家族と連絡を取り合うことができない可能性があります。

 

したがって、中国への旅行、引っ越し、または出張を計画するときは、中国でブロックされているWebサイトと、中国でブロックされているアプリについて理解しておくとよいでしょう。

今回は【中国でブロックされているサイト・アプリ・ウェブサービス一覧まとめ】の紹介になります

 

 

 

 

仕事生産性アプリ

 

あなたがビジネスをすることを計画しているなら、あなたはあなたの最も使用されている生産性ツールのどれが中国でブロックされているかを理解する必要があります。

 

規制一覧

 

ソーシャルサイト

 

主要な英語のソーシャルメディアサイトのほとんどは中国でブロックされており、毎年新しいサイトがリストに追加されています。

 

規制一覧

 

 

ストリーミング(ビデオ/オーディオ)

 

中国のYouTubeにコンテンツをストリーミングする場合でも、動画をアップロードする場合でも、これらのストリーミングサイトにはアクセスできません。

 

規制一覧

ニュースメディア

 

この時点で、ほとんどの西側を拠点とするニュースメディアはブロックされています。ここでは、最大のプレーヤーのいくつかだけを挙げます。

 

規制一覧
  • ニューヨーク・タイムズ
  • BBC
  • フィナンシャルタイムズ
  • ウォールストリートジャーナル
  • ロイター
  • CNN
  • 時間

 

 

 

 

テキストまたは音声で検索するかどうかにかかわらず、中国ではこれらの検索エンジンで問題が発生します。

 

規制一覧
  • グーグル(テキストと音声)
  • アマゾン(アレクサ)
  • ウィキペディア
  • DuckDuckGo

 

*注* –中国ではBingを使用できますが、中国内での結果は検閲されます。

 

メッセージングアプリ

 

中国版のWhatsAppの使用を開始する意思がない限り、中国がこれらのアプリを使用するには、優れたVPNが必要になります。

 

規制一覧

 

ブログプラットフォーム

 

規制一覧
  • Medium
  • Blogspot
  • WordPress.com *

 

VOIP通話

 

規制一覧
  • Googleハングアウト
  • Viber

 

*私の経験では、iMessageはかなりうまく機能しましたが、VoiPにWeChatを使用するほど信頼性は高くありません。

 

その他のブロックされたWEBサイト

 

規制一覧
  • ポルノウェブサイト
  • VPNWebサイト
  • 政治的に敏感なサイト

 

上記のようにポルノWebサイト、VPN Webサイト、および政治的に機密性の高いWebサイト(つまり、チベット、ウイグル、法輪功、または人権団体のWebサイト)をまとめました。

これらのサイトは中国ではブロックされており今後もブロックされます。

 

 

中国でブロックされていないウェブサイトとアプリのリスト

 

以下は中国でまだブロックされていない人気のあるWebサイトとアプリリストです。

 

通話とビデオ通話

 

  • FaceTime
  • Skype(あまり信頼できない)

 

ソーシャル

 

  • LinkedIn
  • WeChat
  • Douyin

 

 

インスタントメッセージング

 

  • iMessage
  • WeChat

 

ストリーミングプラットフォーム

 

  • HBOアジア(一時的にブロックされている場合もあります)
  • Vevo

 

サーチエンジン

 

  • Bing
  • Baidu
  • Yandex

 

メールプロバイダーと作業ツール

 

  • ヤフーメール
  • ホットメール
  • WeTransfer

 

 

中国でウェブサイト/アプリが規制されている理由

 

なぜ人気のウェブサイトが中国でブロックされているのか?

この理由は中国で轢かれている【グレートファイアウォールは、機密コンテンツを含む可能性のあるWebサイトをブロック】するため!!

ブロックがIPアドレスレベルで実行され、サーバーを共有しているサイトのコンテンツが原因で、コンテンツが原因でブロックされるべきではないWebサイトがブロックされる場合があることです。

 

 

中国でウェブサイトがブロックされているかどうかを知る方法

 

この記事で公開されているリストはすべてのサイトを網羅しているわけではありません。

状況は常に変化していることに注意してください。今日ブロックされているWebサイトは明日機能する可能性があり、その逆もあります。

今日機能するWebサイトは20分で機能しなくなる可能性があります。

 

 

自分がよく利用するサイトのブロック状況を調べたい場合は【Comparitech

URLを入力するだけで簡単に調べることが可能です!!

 

また一部のWebサイトは部分的な機能がブロックされている場合もあり、アクセス自体はできるが非常に遅いため、実際には使用できません。典型的な例はSkypeでのビデオ通話です。接続が非常に遅いため、通話をスキップする必要があります。

 

 

中国で規制ブロックされているアプリ・サイトを使用する方法

 

 

中国では以上のサイトがブロックされているため、検閲を回避するには、仮想プライベートネットワーク(略して「VPN」)と呼ばれるテクノロジーを使用する必要があります。

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

 

 

VPNを使用すること合法???

VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用すること自体は現状違法行為ではありません

そもそもVPNは、接続のセキュリティを向上させるように設計されたソフトウェアなので、実用的なレベルでは、VPNを使用してFacebookプロファイルまたはDropboxにログオンした場合、中国政府はそれほど気にすることはできないと私たちは考えています。

中国市民でないなら心配することはほとんどありません!!

 

 

中国で規制サイト・アプリを使用するのに最適なVPN

 

理想的には、中国に到着する前にVPNをセットアップしておく必要があります。

これの理由は着した後でVPNをセットアップするのは非常に面倒だからです。読み進めるときにそのことに注意し、今すぐ携帯電話にVPNを導入することを検討してください。

 

 

NordVPN

 

世界的に長期間運営されているで最も信頼性の高いVPN(私は7年以上使用しています)。料金も安価でサーバー数も多いのでVPNといえば鉄板のメーカー。

 

  • 一番安いプラン2年契約で一月300円で利用可能
  • 老舗のVPNなので安心感が高くセキュリティが強固
  • サーバ数が4500以上と豊富でさまざまな国にアクセス可能

 

短所
  • 日本語のサポートがないため英語で問い合わせ必須
  • 速度が若干遅い
  • 有名なためVPN規制の対象になりやすい

 

【NordVPNを1年間使ってみた感想・レビュー】速度・秘匿性・使い勝手などの口コミや評判なども参照!!

 

≫30日実質無料のNordVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

 

スイカVPN

 

NordVPNより新しいメーカーですが、中国接続について特化しているVPNで中国在住の日本人の方に多く利用されているVPN。

 

長所
  • 中国接続特化なだけあってほぼ100%問題なくアプリ/SNSを接続可能
  • 日本メーカーなのでお問い合わせ・対応が安心

 

短所
  • 一番安いプラン2年契約で一月700円と割高
  • サーバ数が47と少なく中国以外での利用には適さない

 

【スイカVPNを使用した感想・レビュー】中国接続に特化したVPNの使い勝手などの口コミや評判なども参照!!

 

≫2週間実質無料のスイカVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

1つが機能しない場合に備えて、バックアップとして少なくとも2つのVPNサービスを携帯電話にダウンロードすることを強くお勧めします。

 

 

 

まとめ

 

今回は【【2021年最新】中国でブロックされているサイト・アプリ・ウェブサービス一覧まとめ!使える/使えない規制リスト】の紹介でした。

 

ご紹介したVPNではどちらも無料体験キャンペーン中で期間内ならどんな理由でも返金保証付き且つ3ステップで簡単に設定可能なので中国でも日本同様にSNSを利用したい方はVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

中国のすべての都市で常に同じように機能するとは限らないため、通常、中国に到着する前に2つのVPNをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

 

 

速報
NordVPNが特価!2年プランが68%オフ! さらに無料プランが当たるチャンス!! 期間限定で2年プランを契約すると1ヶ月・1年・2年・3年プランのどれかが自動的に付属してきます!!
中国VPN情報
中国の利用に特化したスイカVPNが現在限定で2周間お試しサービス中。中国への旅行や留学予定の方は無料で使用感を確かめられます。