【ExpressVPNを1年間使ってみた感想・レビュー】速度業界一??秘匿性・使い勝手などの口コミや評判なども参照してみた!!

 

 

 

どうもセキュリティオタクのクロスケです!!

海外サイトなどの閲覧が原因でハッキングされて以来安全性のため色々な有料VPNを試してきました。そのなかでも【NordVPNとExpressVPN】はいまでも長期契約で使い続けていて個人的にはすごいおすすめです。

今回は速度が早いExpressVPNを【1年間使ってみた感想・レビューと口コミや評判】についてまとめましたのでご参考に!!

 

 

 

ExpressVPNとは?

 

ExpressVPNは、イギリス領バージン諸島に所在地を置くVPNプロバイダになります!

まずはExpressVPNの概要をまとめましたので参考に。

ExpressVPNまとめ
サーバー設置国数 全世界で94ヶ国3000超サーバー
使用料金
  • 1ヶ月:12,95ドル
  • 6ヶ月:9,99ドル
  • 1年:6,67ドル(3ヶ月無料つき)ドル
同時接続可能台数 5台
日本語対応 あり
支払い方法 クレジットカード、仮想通貨、Paypal、等
対応アプリ Windows、Mac、iOS、Android、Linux、ルーター等
返金保証 30日間

 

ExpressVPNのメリット・デメリットを紹介していきます!!

 

 

どの動画配信サービスに使える?

動画配信
サービス
NordVPN ExpressVPN セカイVPN MillenVPN
U-NEXT
Hulu × ×
Netflix ×
Amazonプライムビデオ × ×
TVer ×
dTV
FODプレミアム
AbemaTV × ×
DAZN × × × ×
TSUTAYA-TV
GYAO

 

海外在住者がVPNを使う理由の一位『動画見放題サービス』の対応は気になるところ。

ExpressVPNは基本的なサブスク系動画配信サービスは接続できます。

自分の利用したい配信サービスが利用できるか上の表で確認しておきましょう!!

 

配信サービスは基本的に国によって見れる作品が異なります。実は外国のネットフリックスでは【ハリーポッター】を配信していてVPNを接続することで日本でも視聴が可能になることも!!

もし同じ値段を払うなら見れる作品が多いほうがお得ですよね笑

 

 

 

ExpressVPNのメリット・良いところ

 

実際に使ってみて、感じているExpressVPNの良いところは、こちら。

GOOD POINT
  • 速度の速さと安定性は業界一
  • セキュリティが強固
  • ノーログポリシー
  • サーバー設置国が多い
  • Torrentの利用可能
  • 同時接続5台で対応
  • アプリ操作がワンタップ

もう少し詳しくご紹介していきます!!

 

 

速度の速さと安定性は業界一

 

ExpressVPNの最大の売りは【業界一最速の通信スピード】になります。

実際に使ってみて正直びっくりしました笑

動画再生やMMOの通信待ち時間が劇的に改善されて正直【他のVPNに比べて体感速度的には2倍くらい早い】印象。他のVPNをいままで利用してきた自分がびっくりするほどなので相当早いんでしょうね笑

 

↑実際の各VPNサービスのスピードテスト

 

データとしても実証されていて上のグラフを確認する限り2倍以上。最速のVPNサービスと自ら名乗るだけ有り速度は正直他のVPNは太刀打ちできないんじゃないですかね・・・・

なかには瞬間速度は早いけどその通信速度が安定しないVPNもありますが、ExpressVPNは【速度+安全性】にこだわってるので速度を犠牲にせずに通信量無制限で暗号化された通信を維持できてるみたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ExpressVPNの(Windows, Mac, Android)のアプリにはスピードテスト機能が搭載されており、それぞれのサーバーでどれくらいのスピードが出るのか調べることが出来ます。スピードにこだわる意気込みが伝わってきますよね笑

ロード時間が短縮されて、ゲーム・動画サクサクなのでストレスフリーです笑

 

 

 

軍事で利用されているハッキング防止のセキュリティ対策を使用!!

 

やはりわざわざセキュリティ対策を月額で払うなら生半可なセキュリティじゃ納得いきませんよね。

ExpressVPNのハック対策が【国・軍事レベルの機密セキュリティ】ならどうでしょうか??

VPNは自分のパソコンとインターネットをつなぐ際の通り道に暗号をかけて、セキュリティ対策するものなんですがその暗号に【 256ビット鍵(AES256)という暗号化規格】をつかっておりこれはアメリカ政府が機密情報を保護するために使用しているものと一緒なんです。

 

二重暗号は多層防御と呼ばれ、システムが部分的に侵害された場合でも保証することを目的としています(たとえば、システムが中間者攻撃を実行してSSL/TLSを侵害したり、静止データを取得するためのメッセージキューの脆弱性)攻撃者は保護されたデータを取得できません。

 

公共の無料Wi-Fiを使う時のセキュリティ対策として使えるのも利点の一つ!!

 

 

ログ・履歴が保持されない

さらに通常の通信VPN会社とは違い【利用者のログ・履歴が保持されない】のもセキュリティ対策の利点の一つ。

 

「いや悪いことしてないんだから履歴があっても問題ないのでは??」

 

と思いがちですが実は過去の事例でログを保存している会社が

過去の被害事例
  • ログを保持しているサーバーを政府機関が押収
  • 通信内容がハックされ外部に漏れた
  • 履歴からクレジット情報を抜き取られた

などの問題が発生したこともありました。

 

なのでできればVPNはログが保持されていないものをを選んだほうがトラブルに巻き込まれる可能性は減ります。

本社の所在地はイギリス領のヴァージン諸島でスパイ協定の影響が介入してきません。そのため【第三機関、国家が情報提供を依頼して来て情報渡さなくてはいけない】という法律自体がないので以上のような被害が起こるのはありえない状況になっています。

もちろんユーザー規約にも、「ユーザーの情報を一切収集しない」と明記されているので、今後もExpressVPNの利用者情報が流出する可能性はほぼないといっていいです。

 

 

サーバー設置国が多い

 

ExpressVPNは【全世界で94ヶ国3000超サーバー】を運営しています。

 

サーバーの台数が少ないと問題なのが距離が遠いせいで

サーバー数が少ないと・・・
  • サーバーを同時に利用者が多いので遅延
  • 通信速度が著しく低下する
  • 接続が切れてしまう可能性が高い
  • 国ごとで見れる動画が見れなくなる

これらの問題はサーバーを多く運営しているので特に心配がいらない。

とくに自分のいる場所から距離が遠すぎると通信速度がどうしても遅くなるので、設置国の多いExpressVPNは海外での利用に特に柔軟に対応できるVPNであることは間違いないとおもいます。

Nord VPNもサーバーは多いですがExpressVPNほど国を網羅していないのでおいていない国に行ってしまうと速度遅延が気になりました。なので特に海外旅行などを楽しむ方は、近くのサーバーに接続することで外国でも快適な通信を保持できるのも魅力的!!

 

 

 

Torrentの利用が許可されている


VPNによっては【そもそもTorrentが許可されていないVPN】があるのはご存知でしょうか??

わざわざVPNを利用したのに規制があるのか

っと思いますが、意外に禁止項目に設定しているVPN会社は多いです。

 

ただ【ExpressVPNは公式でtorrent利用を許可している数少ないVPN】なので利用を考えていた方にはいいですね! ただtorrent特化の機能は特にないのでもしtorrentを中心に利用していきたいと考えている方はtorrent用サーバーが完備していたり・2重プロテクトでIPを守るNordVPNのほうがいいかもしれません。

 

↑Nord VPNがtorrent利用に最適な理由は???

 

 

 

アプリ操作がワンタップで使いやすい

アプリが非常にシンプルで使いやすいです。

接続までの過程がほぼワンタップですぐに繋げれるので楽

コンパクトに纏めてあるのでシンプルさが気に入りました笑

 

 

家族利用には同時接続5台で対応

もし家族での利用を考えているなら同時接続台数も気になる項目の一つ。

最近では一人一台スマホを持っている時代なので、正直他のVPNにある3-4台の制限って正直かったるいですよね笑

ExpressVPNの同時接続台数は5台なのでテレビ、スマホ、ゲーム機などを一気に使っても制限かかることは4人家族であればほぼないのでわりと気にせずに同時に利用できるというのは、便利だしありがたい。

 

 

 

 

ExpressVPN利用のデメリットは??

 

実際に使ってみて、感じているExpressVPNのデメリットは、こちら。

BAD POINT
  • サポートが日本語非対応
  • 速度がExpressVPNよりは遅い

もう少し詳しくご紹介していきます!!

 

 

サポートが日本語非対応

公式サイトは日本語ですが、サポートに日本人がいません。

なので問題が起きた際などは【基本的に英語】での対応になる点が若干の不満点になります。

自分は英語が苦手なんですけど、グーグル翻訳でやり取りすればわりかし話が通じるので今の所大きな問題はありません。ただこまかい質問内容だと意図がうまく相手に伝わらない場合もあるのでやはり日本人スタッフがいない不安感を人によっては感じるかもしれません。

 

 

日本版配信サービスで見れない物が多い

 

日本版の配信サービス系で見れないものが多いです。

特に【Amazonプライムビデオ】が見れないのが痛い笑

日本の回線どちらでも試してみましたが、視聴することはできませんでした。

 

 

料金が他に比べて若干高い

ExpressVPNの不満点は料金が若干高いところ。

利用料金は1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3つのプランから選択可能です。

 

1ヶ月プラン US$12.95/月
6ヶ月プラン US$59.00 (US$9.99/月)
12ヶ月プラン US$99.00 (US$8.32/月)

 

ExpressVPNの一年長期契約なら一月900円程度には下がりますが、Nord VPN3年契約にすると月額300円で契約できるのを考えると若干高いかなと感じてしまいますね。ただ一年契約であればそこまで差はないので長期契約を考えないのであれば気にする必要はありません。

 

また【30日以内に気に入らなければ全額返金】を保証しています。

まず試しに使ってみて使わなそうならやめることもできるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

 

※当ホームページから申し込んで頂くと1年プランに3ヶ月無料期間が付いてきます。

 

 

 

ExpressVPNの口コミ・評判は?

 


動画やゲーム、中国での利用での速度の速さに関してはかなりの高評価口コミが多いですね。

いままで他のVPNを利用してて速度不満で乗り換えた方を満足させているので

VPNに速度を求める方にはExpressVPN一択といったところでしょうか?笑

 

ただやはり料金関連が若干高いという不満点も共通不満みたいですね・・・

料金関連を許容できるなら優れたVPNだと個人的には思います!!!

 

 

NORD VPNの登録のやり方

 

基本的にウェブサイトは日本語なので自力でも登録可能ですが

一部わかりにくいところがあるので【ExpressVPN】の登録法をまとめましたのでこちらを参考に!

 

↑登録のやり方の詳細はこちら!!

 

 

 

 

まとめ-ExpressVPNは買いなのか??

 

簡単にまとめると、ExpressVPNの利点は以下の通りとなります。

利点
  • 速度の速さと安定性は業界一
  • セキュリティが強固
  • ノーログポリシー
  • サーバー設置国が多い
  • Torrentの利用可能
  • 同時接続5台で対応
  • アプリ操作がワンタップ

どのVPNにもメリット・デメリットがあるので自分に合ったVPNを選ぶのが最適ですが、ExpressVPNの欠点は【 日本語非対応・料金問題・見れない配信が多い】という3点なのでこちらを許容できるのであれば、VPNとしてのサービスの質はいままで利用した中で最高品質なのでおすすめ。

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

下のリンクからスムーズに登録できますので、今回のレビューをみて登録の価値がありそうだと判断したなら【ExpressVPN】を選んでみるのもいいのではないでしょうか??

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です