Torrentファイルを検索し調べれるフリーソフト「Bit Che」の紹介法!簡単にトレントチェック。

 

 

 

Torrentファイルを検索する際にほしいファイルが見つからないことがあります。

というのも基本的にダウンロード先が英語のサイトが多く、
日本語での検索ではなかなか検査に引っかからないことが多いです。

しかし「Bit Che」というソフトをしようすることでTorrentファイルを簡単に検索し、見つけ出すことができます。

今回は、インターネット上の様々なサイトを横断的に検索することのできるフリーソフトを紹介!!

 

 

 

 

Torrentの使い方は??

Torrentについてインターネットで調べると、「違法である」といった書き込みが多くみられます。ですが、結論を言いますと「Torrentは違法ではありません」。何故、Torrentは違法であると良く言われているのか、まずは、Torrentファイルについて勘違いをされている方が多い。

 

↑こちらの記事でトレントの使い方を紹介

 

上の記事で違法性についてや、トレントファイルを開く際に使うソフトを紹介しています。

 

 

 

「Bit Che」とは?

Torrentファイルを探すときに様々な紹介サイトにアクセスして、欲しいファイルを探しますが

 

  • ダミーリンクのあるサイト
  • 広告などが非常に多く表示されるサイト
  • ウイルスが仕込まれているサイト

 

などがある場合もございます。

また、せっかくTorrentファイルを見つけたのにもかかわらず、全くダウンロードが進まないことも

「Bit Che」はそのような問題をかいけつしてくれます。

 

 

「Bit Che」の機能

 

サイトを一度に検索できる

 

「Bit Che」を利用すると、一瞬で大量のサイトを検索することが可能

通常、検索することのできないような外国語で書かれたページや
あまり日本では知られていないようなTorrentファイル紹介サイトを瞬時に検索できます。

ファイル検索時の時短にもなりますし、見つからなかったファイルもしらべることができます。

 

 

 

 

「Bit Che」の導入法

 

①まずは、以下のリンクから「Bit Che」をダウンロードしてください。

 

外部サイト:「Bit Che」をダウンロード

 

②ダウンロードした「Bit Cheインストーラー」クリックして起動

③セキュリティの警告が表示されますので、「実行」を選択

④インストールウィザードが表示されますので、「Next」を選択

⑤利用規約に同意し、「I accept the agreement」のチェックを入れて「Next」を選択

⑥インストール先の確認をして、「Next」を選択

⑦スタートメニューに関する設定が表示されますので、「Next」を選択

⑧オプションが表示されますので、「Next」を選択

⑨「Launch Bit Che」にチェック確認して、「Finish」を選択

 

 

 

 

 

「Bit Che」の設定・使い方

 

①自動的に「Bit Che」が起動

起動しない場合は、スタートメニューなどから「Bit Che」を起動

 

②言語選択のウィンドウが表示されますので、「Japanese」を選択して、「OK」を選択

 

③左上の検索ボックスに探したいファイル名を入力して、「検索開始」を選択

するとTorrentファイル一覧が表示されます。

 

④ファイル一覧が少ないときや表示されないときは、検索ボックス右の「記述内容検索を含める」にチェック

 

⑤ファイルを選択すると、新しいウィンドウが表示

⑥ファイルを確認して、画面下部中央の「トレントを保存」を選択

 

⑦保存先を選択して、右下の「保存」を選択

 

 

 

まとめ

今回はトレントファイルをダウンロードする際に便利なフリーソフトの紹介でした。

お目当てなファイルが見つからない場合はりようしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です