ストリーミング「HLS(m3u8+ts)形式」動画をダウンロードできる【ストリームレコーダー】をChromeに導入するやり方

 

 

通常の方法ではダウンロードできない「HLS(m3u8+ts)形式」の動画

そんな動画を簡単にダウンロードできるソフトがhromeウェブストアにありその名も「ストリームレコーダー

手軽さから人気の拡張機能として君臨していたわけですが、ある日(2019年3月ごろ)からGoogleにより配信が停止されてしまいました。

 

しかし、2019年3月頃からChromeウェブストアより削除され配布停止、数ヶ月経った現在でも再配布の目処は立っておらず、インストールできない状況が続いていないですし、その理由についても作者は不明としており、再公開のめどは今の所立っていないようです。

 

すでにストリームレコーダーをインストール済みの場合はそのまま利用できますが
いまから導入を考えていた方には現状公式でダウンロードすることはできません。

 

ただある方法使えば導入することができますので
【ストリーミング「HLS(m3u8+ts)形式」動画をダウンロードできる【ストリームレコーダー】をChromeに導入するやり方】を紹介します

 

 

 

ストリームレコーダーのダウンロード

 

はじめに、以下のリンクから中華サイトで公開されているストリームレコーダーのcrxファイルをダウンロードします。

①サイトストリームレコーダー本体 ダウンロードページへに飛びます

 

②下部の『普通下载地址』のリンクをクリック。
※リンクはミラー含め6つあると思いますが、どのリンクからでもダウンロード可能

 

GoogleドライブまたはMediafireからダウンロードしましょう。

Chromeではダウンロードできないません

必ず別のブラウザを使ってダウンロードしましょう。

Chromeのアップデートにより不明なcrxがダウンロードできなくなったみたいです。

 

 

crxファイル解凍

 

Chromeの場合は外部から入手したcrxファイルをインストールすることができません。Operaなど他のChromium系ブラウザなら大丈夫です。

それを回避するためにファイルを解凍してからインストールする作業を行います。

 

 

①ダウンロードした「Stream-Recorder.crx」を「Stream-Recorder.zip」に拡張子を変更します。

②7-Zipなどで解凍・Macの場合はThe Unarchiverが使えないため他の解凍ソフトを

 

Chromeへインストール

①Chromeを開いて拡張機能画面を開いてください。

②右上にある「ディベロッパーモード」のトグルをオンにします。

 

 

③「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」を選択、先程解凍した「Stream-Recorder」フォルダを選択

 

 

インストール後の注意

 

ストリームレコーダーを「Google Chrome」に”デベロッパーモード”からインストールした場合、ブラウザ起動毎に以下のようなポップアップが表示されます。

stream-recorder (16)

デベロッパーモードは元々開発者用機能のため、注意喚起のために毎回表示される仕様です。

「無効にする」を選択した場合ストリームレコーダーが使えなくなってしまうので、ポップアップ内右上のバツ印をクリックして閉じましょう。

 

 

まとめ

今回は削除されてしまったストリームレコーダーをChromeにインストールする裏技を紹介しました。

ストリームレコーダーの使いみちはこのブログでも紹介しておりますので、よろしければ御覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です