WebTorrent Desktopがフリーズ・CTD・クラッシュ・ストリーミングが機能しない・ダウンロードできないなどのトラブル修正解決方法

 

 

人気のトレントメタ検索エンジンTorrentz2は、いくつかの技術的な問題に苦しんでいるようです。1日以上、サイトが「503 Service Unavailable」エラーを返しています。これは、おそらくDDoS攻撃が原因で、サーバーが過負荷になっていることを示しています。

そこで今回は【WebTorrent Desktopがフリーズ・CTD・クラッシュ・ストリーミングが機能しない・ダウンロードできないなどのトラブル修正解決方法】をまとめましたのでご参考に!!

 

※当サイトは違法行為を推奨するものではございません、利用責任について一切の責任を負いません

 

 

 

ページコンテンツ

WebTorrentとは何ですか?

WebTorrentは完全にJavaScript(Webの言語)で記述されており、可能な限りピアツーピア転送にWebRTCを使用します。ブラウザでWebTorrentを使用するために、ブラウザプラグイン、拡張機能、またはインストールは必要ありません。

ダウンロード完了を待つことなくストリーミングでムービーを再生できるとのことなので、さっそく使ってみました。

↑WebTorrent Desktopの各種設定のやり方はこちら

特徴

 

  • 美しいユーザーエクスペリエンス
  • 無料、非営利、広告なし、オープンソース
  • ビデオとオーディオを即座にストリーミング
  • WebTorrentは、ネットワークのオンデマンドまたはインスタント再生からファイルをフェッチします。
  • ファイルが完全にダウンロードされていない場合でも、シークは機能します。
  • (シークは、ネットワークからフェッチされるピースの優先順位を変更するだけです。)
  • AirPlay、Chromecast、DLNAに動画をストリーミング
  • Node.jsで最も人気のある包括的なトレントパッケージに基づいて、weweb torrential – featured、but bloat-free
  • マグネットリンクと.torrentファイルを開きます
  • ドラッグアンドドロップにより、トレントの追加または作成が簡単になります
  • トラッカーサーバー、DHT(分散ハッシュテーブル)、およびピア交換を介してピアを検出します
  • WebRTCピア(つまりWebブラウザー)に接続するためのWebTorrentプロトコルをサポートします

 

WebTorrentの仕組みは??

WebTorrentプロトコルは、トランスポートプロトコルとしてTCPまたはuTPの代わりにWebRTCを使用することを除いて、BitTorrentプロトコルと同じように機能します。

WebRTCの接続モデルをサポートするために、トラッカープロトコルにいくつかの変更を加えました。したがって、ブラウザベースのWebTorrentクライアントまたは「Webピア」は、WebTorrent / WebRTCをサポートする他のクライアントにのみ接続できます。

 

WebTorrent Desktopのトラブルシューティング

 

 

 

記事の本編に入る前にtorrentを安全に利用する知識を身に着けておきましょう!!

 

  1.  

    その前にtorrentはIPアドレスが丸見えの仕組みのため、ウィルスや通信傍受によるダウンロードファイルバレなどによるウィルスハックや起訴逮捕危険性が高いのが難点です。できればセキュリティと匿名性を高めるために接続の匿名性に優れたVPNを導入することを勧めます。

     

    VPNとは??

    Virtual Private Network」の略。
    簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
    IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

    無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
    そのため、回線品質が良い「NORDVPN」等が人気です。

     

    ↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

     

    VPNを使うことで海外のサーバー経由で通信できるため、[誰がダウンロードしたか分かるIPアドレス(ネットの住所)を隠すことができ]かつ[ハッカー対策]を行うことができます。

     

    NORDVPNの無料登録方法はこちらから!!

     

    管理人の利用している「NORDVPN」であれば、1TBのクラウドストレージとパスワード管理アプリまでついて約610円の値段で利用でき、現在期間限定で30日無料お試し可能なのでおすすめです。

    またパソコン・スマホ両方にも対応しているので問題なく利用できます。

     

    ↑NORDVPNの使用感・レビュー

     

これでtorrentダウンロード時の通信がセキュリティ万全になります。

 

 

 

 

ブラウザのダウンロードが機能しないのはなぜですか?ピアが見えません!

 

それは機能します!

ただし、ランダムなマグネットURIまたは.torrentファイルを使用することはできません。急流がのWebRTC対応クライアントで播種しなければならない、すなわち WebTorrentデスクトップVuzeは、 webtorrentハイブリッド再生、 instant.io、またはβTorrent

ブラウザでは、WebTorrentは、WebRTC対応クライアントを介してWebピアに明示的にシードされたトレントのみをダウンロードできます。デスクトップトレントクライアントは、Webブラウザに接続するためにWebRTCをサポートする必要があります。

 

ビデオ/オーディオストリーミングが機能しないのはなぜですか?

 

ストリーミングのサポートはMediaSource、ブラウザでのAPIのサポートに依存します。最新のブラウザはすべてMediaSourceサポートされています。Firefoxでは、Firefox 42(つまり、Firefox Nightly)でサポートが追加されました。

多くのファイルタイプがサポートされ(再び、ブラウザのサポートに依存する)が、唯一されている.mp4.m4vと、.m4aシークなどのフルサポートを持っています。

任意のファイルのビデオ/オーディオストリーミングをサポートするために、WebTorrentはvideostreamパッケージを使用し、 パッケージはを使用しmp4box.jsます。これらのパッケージのいずれかにバグがあると思われる場合は、それぞれのリポジトリに問題を報告してください。

 

ダウンロードしたWTD #1906と比較してうまく機能しない機能

 

WTD(WebTorrent Desktop)アプリバージョン0.24.0をダウンロードしました。
マスターブランチで最新のソースをチェックアウトし、Windowsプラットフォームでビルドします。
ビルドされたソースアプリとアプリを比較すると、いくつかの問題が見つかりました。(私は同じマグネットリンク、同じフォルダー、同じPCを使用しています)

  1. WTDはビデオをより速く再生します。例:ダウンロードが13%になると再生が開始されますが、私のアプリは20〜25%程度再生されます。
  2. WTDでの検証時間はより高速です
  3. アプリに「トレントファイルを再生できません」などのメッセージが表示されますが、ソースに見つかりません。それはどこから来たのですか?

 

ストリーミングが機能しない

 

実行webtorrent "magneturl" --airplayしてもAppleTV 4に接続されません-さらに手順が必要ですか?

現在、Airplayストリーミングは機能していないと思います。デスクトップクライアントで403エラーが発生します。おそらく、新しい承認メカニズムの実装が欠落しているためです。

 

設定フィールド「外部プレーヤー」は変更されません

 

バージョン0.19.0(0.98.20)
LinuxのDebianの
オープン設定>他のプレーヤーを選択します。
外部プレーヤーフィールドは変更されませんが、設定を再度開くと変更されます

 

トレントはしばらくするとフリーズ

 

WebTorrentデスクトップのどのバージョンですか?(「WebTorrentについて」メニューを参照)
バージョン0.18.0(0.98.5)(64ビット)

どのオペレーティングシステムとバージョンですか?
Windows 10Professionalビルド1709

あなたは何をした?
トレントをダウンロードしたかった

何が起こると思いましたか?
トレントのダウンロードと仕上げ

実際に何が起こったのですか?
トレントがフリーズしてスタックしているようです。それは98%で立ち往生しており、53のピアに接続されており、19MB /秒でダウンロードしていると言っていますが、しばらくの間それを嫌っています。ダウンロード速度も変わらず、何も変わりません。WebTorrent自体はまだ正常に動作しているようです。トレントを一時停止して再開できますが、再開するとすぐに98%、53ピア、19MB /秒に戻り、変更されることはありません。コンソールを確認しましたが、エラーが表示されません。

これは先週自宅のPCで発生し始めたため、WebTorrentに別れを告げる必要がありましたが、現在は職場のPCでも発生しています。さまざまなPC、さまざまなトレントなど。

 

マグネットリンクをクリックしても、0.10.0以降は何も起こりません

 

これは意図的なものです。一部のユーザーは、WebTorrentが自分自身をデフォルトのマグネットおよびトレントファイルハンドラーとして自動的に設定するのは煩わしいと感じました。Edit > PreferencesメニューでWebTorrentをデフォルトのトレントアプリとして設定してみてください。

私のラップトップの1つにv0.15をインストールしましたが、すべてのブラウザー(Chrome、Edge、Firefox)で問題が修正されました!!! Firefoxでは、磁石とwebtorrentの「関連付けを解除」するだけで、何をすべきかを尋ねられたら、「再関連付け」するだけです。したがって、問題は0.10から0.15の間のバージョンにありました。すべてのデバイスでもう一度試して、すべてがマグネットリンクをつかんでいるかどうかを確認します

 

 

未起動のトレントの「フォルダ/ファインダーに表示」と「データファイルの削除」を無効にしました

 

あなたは何をした?そのトレントを再生またはダウンロードするに、デフォルトのトレントの1つを右クリックします。[フォルダに表示]をクリックします。

何が起こると思いましたか?トレントにはデータフォルダがなく、まだ何もダウンロードされていないため、[フォルダに表示]はおそらく無効にする必要があります。

実際に何が起こったのですか?別の無関係なフォルダを開きます。これはshowItemInFolder、指定されたパスが存在しない場合に、電子がデフォルトの動作にフォールバックしているように見えます。

 

 

 

 

torrentの利用に潜むリスクに無対策だととんでもない被害に・・・

 

 

大容量のファイルを爆速でダウンロードできるtorrentですが利用する際には2種類のリスクがあることを把握しておいたほうが懸命です。

 

 

逮捕や賠償金のリスク

 

 

本質的に【トレントを利用したファイルダウンロード自体】は合法になります。

ただ著作権物に違反したファイルであれば、当然違法ダウンロードのカテゴリに分類されるので逮捕や賠償金の可能性が十分考えれます。

 

◆疑問くん◆
合法のコンテンツをダウンロードすれば問題ないんじゃない??

 

という疑問が出るかと思いますが【トレントはダウンロード完了までファイル確認ができない】仕様なので合法だと思っていたファイルに違法コンテンツが混じっていた

なんてことも十分考えられますし・・・・

 

◆疑問くん◆
一回だけダウンロードしたからと言ってバレたりするの??

 

という不安は現実的に有り得る話で【トレントはダウンロード時にIPアドレス(ネットの住所のような物)が丸見え】になる仕組みで警察が本気を出せば簡単に個人特定が可能なので一回誤ってダウンロードしても捕まる可能性はあると断言できます。

 

↑実際に違法ダウンロードで捕まった判例あり・・・

 

↑IPアドレスからダウンロードしたファイルも特定可能

 

 

ウイルス感染・ハッキングのリスク

 

Torrentファイルの利用には【ハッキング・ウィルス被害】のリスクもある。

セキュリティソフトを導入することはウイルス対策の基本ですが、

 

 

 

あくまで「ファイルに同梱したウィルス対策」のみの対応になるので、丸見えのIPアドレスを利用した【ハッキング・個人情報の乗っ取り】などは防ぐことができません。

自分も数年前になんの対策も講じていなかったため、トレントを通じてセキュリティハックされ被害に遭いました。

 

当時の被害

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される
  • トラブルによる精神的な疲労
  • 登録サイトの情報の変更手続き
  • パソコンに保存していたデータ損失

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化しその他のトラブルも相まって精神的なダメージがあり正直参りました笑

 

Torrentファイルからウィルスに感染してハメ撮りがネットの海に放出とか何回もありましたね。ときどき漫画村?のスクショ上げてる人見かけるけど頭大丈夫かなと心配になる

— 春にゃ (@_ry3s) January 25, 2018

 

またパソコンウィルスに犯されてる。
画像ずれてたり、砂嵐見ないな画像になってたり。あーあ…絶対Torrentやん!考えられるのそれしかない。 pic.twitter.com/CdzqQYqcoz

— fumi (@fumayan) March 1, 2014

 

このような被害に遭った人は割と多いみたいで、上記のツイートにあるようTorrentを利用すると誰にでもウイルス・ハックの危険性があるのは確定的です。

 

 

torrentの利用のリスクを回避する唯一の方法がVPN

 

 

上記で解説したリスクは両方とも【IPアドレスが強制的に誰にでも見れてしまう】仕様が原因です。この異常事態を現実で例えると・・・

 

自分の住所を泥棒がたくさんいる場所で風潮して回った挙句、鍵開けっ放しですよってアピールしているのと変わらない

 

この問題をどうにか解決できないか模索したところ行き着いたのが[VPN

 

 

VPNってなに??

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略。

インターネット通信を各国のサーバー経由で仮想トンネルに通すことで情報を暗号化し、セキュリティ強化・プライバシー保護としての機能を追加する

 

要は【普段はどこから通信しているか丸見えの回線がVPNを介すことで全く見えない状態に変更することができる】ツール。

これを利用することでIPアドレスを隠して通信できるためハッキングなどのリスクを回避することができるのだ!!

 

ハックのそもそもの原因だったIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

思い切ってサービスを登録してから 数年間からまったくウィルス・ハック被害に遭ってません

 

≫30日無料のVPNを今すぐ利用したい方はこちらから。

 

 

ウィルス・ハッキング防止意外にもVPNには思わぬメリットが・・

 

VPNは基本的にセキュリティツールとして開発されていますが、実はその用途以外にも導入したことによる利点が複数あった。

 

VPN利用時のメリット
  • 日本限定・海外限定で配信されている動画が視聴可能
  • 海外のゲームやホテル/ 航空券の予約が格安で購入
  • 通信が高速化
  • 海外旅行時国で国で制限されているアプリの使用

 

これだけ機能があるにも関わらず値段も高くないので個人的にはかなりおすすめ。

 

 

torrentや海外サイトにおすすめなVPNはNORDVPN!

 

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNを勧めます。

 

 

 

公式でTorrentが許可されている数少ないVPN

 

実はVPN接続時にtorrent利用を禁止しているVPN会社が多い!!

そんな中公式でTorrent特化のサービスなど展開しているNORDVPNはかなり貴重な存在でtorrent専用サーバーはダウンロードの高速化を手助けになります!!

 

↑torrent利用のために強化されたP2P専用サーバー

 

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

またtorrentダウンロード時に回線が重くなりがちですが、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることで[Torrentの通信はVPN経由][通常のネット回線はブラウジング]とすみわけすることが出来ネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

NORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができず、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは1TBのクラウドストレージとパスワード管理アプリまでついて約610円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1800円 $月額1300円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額800円 月額610円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫実質無料でNordVPNを体験したい方はこちら。

 

 

 

 

NORDVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

 

まとめ

 

 

今回は【WebTorrent Desktopがフリーズ・CTD・クラッシュ・ストリーミングが機能しない・ダウンロードできないなどのトラブル修正解決方法】まとめました。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

 

↑torrent利用の初心者や快適な使い方はこちらから

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが71%オフ

 

プラン年数 支払い金額 1ヶ月の料金(割引額) 特典
1ヶ月プラン 約1370円 月額1370円(0%割引) なし
1年プラン 約6840円 月額800円(58%割引) なし
2年プラン 約9120円 月額610円(72%割引) 「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント

 

基本的に長期契約のほうが一か月あたりの利用金は安くなります!

さらに購入後30日以内であればどんな理由でも返金可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒NordVPNの無料登録はこちらから!!!

 

 

 

 

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!