情報流出・危険とされている各種【フリー・無料VPN】のまとめリスト!被害報告あり・信憑性大!!

 

セキュリティの強化アクセス制限のコンテンツ閲覧のためにVPNの利用を考えている方は無料VPNと有料VPNではどちらがいいのか迷います。

有料と無料が有るけど、どっちがいい?

と聞かれればできるだけ無料のほうがありがたいが、セキュリティを担うものが本当に無料で問題ないのか不安ですよね!今回は【情報流出・危険とされている各種【フリー・無料VPN】のまとめリスト!被害報告あり・信憑性大】について紹介します!!

 

 

 

VPNってどんな仕組み??

VPN は「Virtual Private Network」(仮想プライベート ネットワーク)の略。

インタネットは匿名と思われがちですが、ネット上の住所である【IPアドレス】は割と簡単に特定できてしまうので本当に匿名でネット利用を行いたいなら、通信を暗号化してくれるVPNは必須になります。

個人情報の漏洩やウイルス感染の予防という観点では現状個人で利用できるものでは最高峰の物といっていいでしょう

もちろん、VPN使う事は違法ではありませんのでご安心を!

 

無料VPNの危険性

セキュリティ関連で「やすかろう・悪かろう」精神を発揮すると思わぬトラブルに発展します。

その代表例が【無料VPN】といってもいいかもしれません。

 

実は高評価を得ている人気の高いフリー VPN サービスの多くは

いままで発覚した事件
  • IP アドレスの漏洩
  • マルウェアの感染
  • デバイスへの隠しトラッキングのインストール
  • 個人情報の盗用
  • データの第三者への公開
  • 帯域幅の盗用

などを行っています。

 

もちろん問題のない無料VPNもあることはありますがそれを自分で判断するのはむずかしいですよね。VPN市場における混乱と欺瞞の拡大に対抗するために、危険な疑いがあるVPNをリスト化しました。是非参考にしてみてください。

※このリストは、必ずしもすべての VPN サービスおよび/またはアプリの最新情報を反映しているわけではありません。このリストに記載されているすべての情報は、十分な情報源に基づいており、オンラインで自由に入手できる情報に基づいています。

 

 

 

危険VPNの条件

 

【会社の場所を確認】

VPNプロバイダーの法的管轄を常に考慮してください。

流出疑いのある国
  • 米国
  • 英国
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • フランス
  • デンマーク
  • オランダ
  • ノルウェー
  • イタリア
  • ドイツ
  • ベルギー
  • スペイン
  • スウェーデン
  • イスラエルも

などは大量監視データを収集、共有、および分析するために協力しています。

 

 

AndroidおよびiOS用のアプリ

一般的に、モバイルデバイスでVPNアプリをダウンロードする際には注意が必要です。

Android用VPNアプリの調査によると

 

【84%があなたのIPアドレスを漏洩】

       ↓

【82%があなたの機密データにアクセス】

       ↓

【75%がサードパーティ製のトラッキングを利用】

       ↓

  【38%がマルウェアを含み】

       ↓

【18%があなたのデータを暗号化すらしていない】

 

が調査の結果が反映したそうです笑

 

 

 

 

 

 

VPN警告リスト

 

 

Archie VPN

Archie VPN はマルウェアに感染した Android VPN アプリのトップ 10 の中で 6 位にランクインしています。

  • アドウェア
  • トロイの木馬
  • マルバート
  • リスクウェア
  • スパイウェア 

VPNを介して収集されたデータへのアクセスを第三者に与えているなど、いくつかの憂慮すべき項目を発見しました。

 

CM Data Manager

CM Data Manager は、その Android VPN アプリが “悪意のあるまたは侵入的なものである” と考えられていることから、学術論文で特定されました。

 

 

CrossVPN

CrossVPNは、最もマルウェアに感染しているAndroid VPNアプリのトップ10の5位にリストアップされています。

調査で特定されたマルウェアの形態は、アドウェア、トロイの木馬、マルバート、リスクウェア、スパイウェアなどが含まれています (詳細はこちらをご覧ください)。

 

DNSet

DNSetは、そのAndroid VPNアプリが “悪意のある、または侵入的なものである “と考えられていることから、学術論文で特定されました。

 

Fast Secure Payment

Fast Secure Payment は、最もマルウェアに感染した Android VPN アプリのトップ 10 にランクインしました。

調査で確認されたマルウェアのさまざまな形態には、アドウェア、トロイの木馬、マルバート、リスクウェア、スパイウェアが含まれています。

 

 

Flash Free VPN –

Flash Free VPNは、11種類のサードパーティ製トラッキングライブラリをAndroid VPNアプリに埋め込んでいたことが発覚しました。これはユーザーのプライバシーとセキュリティに深刻な影響を与えます。

 

Globus VPN

Globus VPN は、その Android VPN アプリが “悪意のある、あるいは侵入的なものである” と考えられていることから、ある学術論文で特定されました。

 

 

HatVPN

HatVPN は、最もマルウェアに感染している Android VPN アプリのトップ 10 で 7 位にランクインしています。

調査で特定されたマルウェアの形態は、アドウェア、トロイの木馬、マルバート、リスクウェア、スパイウェアなどが含まれています。

 

 

Hide My Ass

Hide My Ass (HMA) はイギリスを拠点としています

さらに悪いことに、HMAは世界中の法執行機関に顧客データを提供しているという厄介な歴史を持っています。

 

Hola

 

Holaはイスラエルに拠点を置くVPNサービスで、ユーザーの帯域幅を盗み、姉妹会社のLuminatiを通じて不正に転売していたことが摘発されました。Holaのユーザーは、ネットワーク全体のエンドポイントとして機能します。これは、Holaを使用しているときに他の人があなたの帯域幅とIPアドレスを使用していることを意味し、その活動で逮捕される可能性があるということです。

 

 

Hotspot Shield VPN

Hotspot Shield VPNは、彼らのAndroid VPNアプリで「広告やトラッキング目的でiframeを使ったJavaScriptコードを積極的に注入している」と学術論文で直接指摘されました。さらに、Hotspot Shield VPN のソースコードを分析したところ、「5つ以上の異なるサードパーティ製トラッキングライブラリを積極的に使用している」ことが明らかになりました。また、パートナーネットワークを介して alibaba.com や eBay.com などの電子商取引ドメインにユーザーのトラフィックをリダイレクトしていることも明らかになりました(調査結果はこちら)。また、ユーザーは、有料のVPNサービスを購入した後の詐欺行為についても苦情を言っています。

また、厄介なのは、サードパーティによるデータ共有、IPアドレスの共有、トラッキング、ウェブ閲覧データの収集、地理的情報などを含む、同社のプライバシーとセキュリティポリシーです。

 

 

Ip-shield VPN –

Ip-shield VPNは、サードパーティのトラッキングライブラリをAndroid VPNアプリに埋め込んでいることが判明しました。

これらのトラッキングライブラリ(NativeXやAppfloodなど)は、ターゲット広告でユーザーを攻撃するために使用され、それによって「無料」アプリを収益化していす。

 

 

One Click VPN

One Click VPNは、最もマルウェアに感染したAndroid VPNアプリのトップ10に#9としてリストアップされました。

調査で特定されたマルウェアの異なる形態には、アドウェア、トロイの木馬、マルバート、リスクウェア、スパイウェアなどが含まれています(詳細はこちらをご覧ください)。

 

Opera “Free VPN”

Operaのブラウザには、「オンラインプライバシーのためのより良い」と言われている「無料VPN」と呼ばれるものが含まれています(詳細はこちらを参照)。まず、これは全くVPNではありません。セキュリティの専門家によると、これは単なるウェブプロキシで、APIリクエストを使っているだけだという。第二に、Operaのプライバシーポリシーには、データ収集(利用データを含む)と、これがどのように第三者と共有されるかについての声明が含まれている(ここを参照)。もしあなたがまだOperaの「無料VPN」の使用を考えているのであれば、まずこれを読んでください。

 

PureVPN

PureVPNは多くの問題が発見されました継続的な IPv6 リーク、IPv4 リーク、そして DNS リークが VPN アプリケーションで確認されました。さらに問題なのは、これらのリークはすべて PureVPN のリーク保護 “機能” を有効にした状態で検出され、VPN クライアントが私に “本当の IP アドレスは隠されている” と通知してきたことです。また、PureVPNは「ゼロログポリシー」を持っていると主張しているにもかかわらず、顧客データをFBI (米国当局) に渡していたことが発覚しました。

 

Rocket VPN

Rocket VPNは、そのAndroid VPNアプリが「悪意のあるまたは侵入的なもの」とみなされ、VirustTotalによるマルウェアのテストでも陽性反応が出たため、学術論文で特定されました。

 

SuperVPN

SuperVPNは、最もマルウェアに感染しているAndroid VPNアプリのトップ10の3位にリストアップされています。調査で特定されたマルウェアのさまざまな形態には、アドウェア、トロイの木馬、マルバート、リスクウェア、スパイウェアが含まれています (詳細はこちらをご覧ください)。

 

Surfeasy

Surfeasyは、サードパーティ製のトラッキングライブラリをAndroid VPNアプリに埋め込んでいることが判明しました。これらのトラッキングライブラリ(NativeXやAppfloodなど)は、ターゲットを絞った広告でユーザーを攻撃し、それによって「無料」アプリを収益化するために使用されています。さらに、Surfeasyのプライバシーポリシーでは、彼らがどのように「利用データ」を収集しているかを説明しています – こちらを参照してください。

 

Spotflux VPN

Spotflux VPN はある学術論文で、その Android VPN アプリが “悪意のある、あるいは侵入的なものである” とみなされていることが明らかになりました。

 

Tigervpns

Tigervpns は、その Android VPN アプリが “悪意のあるまたは押し付けがましい” と考えられており、VirustTotal によるマルウェアのテストでも陽性であったため、学術論文で特定されました。

 

VPNSecure

VPNSecure はオーストラリアに拠点を置いています。VPNSecure はまた、ある学術論文で IPv6 と DNS リクエストを漏洩し、ユーザを “監視と悪意のあるエージェント” に晒していることが指摘されています。同じ論文では、VPNSecureが住宅用ISPに多数の出口を持っていることも指摘されています。これは、ユーザが知らず知らずのうちに P2P のような帯域幅ネットワークのエンドポイントとして利用されていること、つまりユーザの帯域幅が盗まれていることを示唆しています (この論文では確認できませんでしたが)。(詳細はこちらをご覧ください)。

 

Wifi Protector VPN

Wifi Protector VPNは、AndroidのVPNアプリで「広告やトラッキング目的でiframeを使用してJavaScriptコードを積極的に注入している」と学術論文で直接指摘されています。

 

 

 

無料VPNの収入源とは??

 

まず基本的に無料のサービス提供はなにかしらの目的があります。

ここできになるのが「無料VPNはどこから収入を得ているのか」という点。

基本的に、インターネットサーバーの管理にはお金が必要、広告も貼れないサーバーで維持費がかかるのに提供できるのは筑波大学などの信頼できる団体の研究用】もしくは【利用者の個人情報を売りさばいている可能性は十分に考えられる

というのも、VPNサーバの管理者はデータのトラフィックを監視・観察することが出来るのだ。



↑有料VPNのNord VPNは利用者のログ・履歴は保存しない

何を検索した・どのページを見た行動履歴は筒抜けになっているということだ。
この情報を無料VPNは売りさばいているところもあるらしい。
↑一応無料VPNのメリット・デメリットをまとめました

 

もちろん中には問題のない無料VPNもあると思いますが、イチかバチかで試すには個人的にリスクが高いと感じてしまいました。なので自分は月額払っても有料VPNを契約してます。セキュリティ面での安心感や通信速度が早く接続も安定しているので、安心してVPNを利用できる環境を整えられるのが個人的には魅力を感じました。

 

 

 

Nord VPN【セキュリティ面、通信速度が有料VPNの中でピカイチ!】

 

インターネット上には数多くのVPNサービスがその中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。

短期間の利用だけに限らず、Nord VPNは使えば使うほど安くなも魅力の一つ。

1ヶ月あたりの料金 割引率
1ヶ月プラン $11.95(約1,317円)
1年プラン $6.99(約770円) 41%割引
2年プラン $4.99(約550円) 58%割引
3年プラン(人気) $3.49(約385円) 70%割引

(※2020.1.21現在 $1=110.19円)

3年プラン利用で月額約385円でVPNが使い放題!他社と比べても激安。

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

 

 

もしNord VPNの詳しい使用について知りたい方はこちらの記事を参照!!

 

↑Nord VPNを一年間使用した上でのメリット・デメリット

 

Nord VPNの登録手続きのやり方。

 

VPNを使用すれば匿名になるのでもし万が一悪意のあるファイルをダウンロードした際も安心!!

 

まとめ

 

これまで情報流出・危険とされている各種【フリー・無料VPN】のまとめリスト!被害報告あり・信憑性大をお伝えさせていただきました。

今回ご紹介した有料VPNのNord VPNでは30日間のお試し期間もついていますし、3年プランでは月額400円程度で利用できます。月額400円を渋って被害が出た方が出費が重なるので、不安のある方は有料VPNのお試しを利用してみてはいかが?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です