無料VPNサービスのメリット、デメリットは??サーバーセキュリティの危険性や個人情報流出の可能性も・・・

 

セキュリティの強化アクセス制限のコンテンツ閲覧のためにVPNの利用を考えている方は無料VPNと有料VPNではどちらがいいのか迷います。

有料と無料が有るけど、どっちがいい?

と聞かれればできるだけ無料のほうがありがたいが、セキュリティを担うものが本当に無料で問題ないのか不安ですよね!今回は【無料VPNサービスのメリット、デメリットは??サーバーセキュリティの危険性や個人情報流出の可能性】について紹介します!!

 

 

 

VPNってどんな仕組み??

VPN は「Virtual Private Network」(仮想プライベート ネットワーク)の略。

インタネットは匿名と思われがちですが、ネット上の住所である【IPアドレス】は割と簡単に特定できてしまうので本当に匿名でネット利用を行いたいなら、通信を暗号化してくれるVPNは必須になります。

個人情報の漏洩やウイルス感染の予防という観点では現状個人で利用できるものでは最高峰の物といっていいでしょう

もちろん、VPN使う事は違法ではありませんのでご安心を!

 

では無料VPNのメリット・デメリットを比較していきます!!

 

 

 

無料VPNのメリットは??

 

利用に一切お金がかからない

 

無料VPNの最大のメリットは、もちろん【お金が掛からない点】が一番の利点。

初期費用が一切かからないので始める手続きも少なく、いつでもどこでも使うことができます。

 

経済的負担が無いというのが、何よりうれしい点ですね。

 

 

気軽に登録できる

 

無料だからこそ「とりあえずVPNを体験する」ことが出来ます。

有料でもNordVPNなどの一部のVPNであれば30日の返金保証付きもあります。

ただお金を一度払わないと行けないとなると気軽には始められません。

 

その点無料であればそういった気苦労もございません。

 

 

複数のVPNを使い分けることが可能

 

VPNによっては速度が遅かったり、利用したいサイトに接続できない場合も・・・

そんな時に無料VPNを利用していると、初期費用がかからない分複数の無料VPNを簡単に使い分けることができます。

 

無料VPNを使うデメリットは??

 

通信速度が遅い・接続が不安定になりがち

 

無料VPNではサーバー台数が少なく、利用者が多いため、常にネットワークがパンパンの状態と考えられます。

 

  • 通信速度がとても遅い
  • 接続が途切れやすい
  • そもそもの接続ができない

 

なので快適な動作については期待しないほうがいいかもしれませんね・・・

ダウンロードに制限が・・・

 

無料VPNではダウンロードに制限があったり、データ量・帯域幅に制限を設けている場合が多い

大幅なダウンロードを行う場合やオンラインゲームでの使用はむずかしいかもしれません。

 

セキュリティーの問題が深刻

 

無料VPNは 正直セキュリティ面で不安があります。

 

 

無料VPNの収入源とは??

 

まず基本的に無料のサービス提供はなにかしらの目的があります。

ここできになるのが「無料VPNはどこから収入を得ているのか」という点。

基本的に、インターネットサーバーの管理にはお金が必要、広告も貼れないサーバーで維持費がかかるのに提供できるのは筑波大学などの信頼できる団体の研究用】もしくは【利用者の個人情報を売りさばいている可能性は十分に考えられる

というのも、VPNサーバの管理者はデータのトラフィックを監視・観察することが出来るのだ。



↑有料VPNのNord VPNは利用者のログ・履歴は保存しない

何を検索した・どのページを見た行動履歴は筒抜けになっているということだ。
この情報を無料VPNは売りさばいているところもあるらしい。

 

 

 

無料VPN自体が危険の可能性大

無料VPNは以下の情報の取得をしていることが多い

  • Wi-Fi接続情報
  • アプリ内購入
  • 端末とアプリの履歴
  • IDアカウント
  • 画像/メディア/ファイル
  • 端末IDと通話情報(電話番号や通話相手の電話番号)
  • データの送受信

ID情報やファイルデータを取得後、悪用しようとすればいくらでもできるのが怖い

 

さらに、オーストラリアの政府研究機関が283のVPNを対象に調査した結果

  • 18%で通信の暗号化をしていない
  • 84%でユーザーデータ漏えいが確認された
  • 38%にマルウェアや悪質なWebサイトへのリンクが含まれていた
  • 80%は、ユーザーIDやメール内容など、端末にある機密性の高い情報へのアクセス許可を要求している

 

無料のVPNは、プライバシーやセキュリティの面で非常に心配である。無料だから危険、有料だから安全ということはありませんがアプリストアなどでよく見られる無料VPNの中には、どこの誰が提供しているのか分からない「怪しい」ものがとても多いです。

 

 

危険とされる無料VPNリスト

 

危険な無料VPN
  • Archie VPN
  • Betternet
  • CrossVPN
  • OkVPN
  • DNSet
  • Easy VPN
  • Fast Secure Payment
  • Flash Free VPN

 

これらのVPNはマルウェアの存在があったり、過剰なユーザー情報の取得が確認された。

 

↑個人情報流出などの問題が合ったVPNリス

 

さらに、通信の暗号化がなされていないVPNもあったよう・・・

 

 

 

無料VPNのセキュリティに不安がある人は有料VPNの無料お試し体験がおすすめ!

無料VPNのメリット、デメリットをご説明してきました。

もちろん中には問題のない無料VPNもあると思いますが、イチかバチかで試すには個人的にリスクが高いと感じてしまいました。

 

なので自分は月額払っても有料VPNを契約してます。

 

セキュリティ面での安心感や通信速度が早く接続も安定しているので、安心してVPNを利用できる環境を整えられるのが個人的には魅力を感じました。

 

 

 

Nord VPN【セキュリティ面、通信速度が有料VPNの中でピカイチ!】

 

インターネット上には数多くのVPNサービスがその中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。

短期間の利用だけに限らず、Nord VPNは使えば使うほど安くなも魅力の一つ。

1ヶ月あたりの料金 割引率
1ヶ月プラン $11.95(約1,317円)
1年プラン $6.99(約770円) 41%割引
2年プラン $4.99(約550円) 58%割引
3年プラン(人気) $3.49(約385円) 70%割引

(※2020.1.21現在 $1=110.19円)

3年プラン利用で月額約385円でVPNが使い放題!他社と比べても激安。

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

 

 

もしNord VPNの詳しい使用について知りたい方はこちらの記事を参照!!

 

↑Nord VPNを一年間使用した上でのメリット・デメリット

 

Nord VPNの登録手続きのやり方。

 

VPNを使用すれば匿名になるのでもし万が一悪意のあるファイルをダウンロードした際も安心!!

 

まとめ

 

これまで無料VPNのメリット・デメリット・注意点をお伝えさせていただきました。

どんな方が無料VPNを使ったら良いのかというと、

無料VPNをおすすめな人

・VPNの使用頻度が低い
・セキュリティ面を気にしない通信
・海外滞在が短期間の場合

今回ご紹介した有料VPNのNord VPNでは30日間のお試し期間もついていますし、3年プランでは月額400円程度で利用できます。

月額400円を渋って被害が出た方が出費が重なるので、不安のある方は有料VPNのお試しを利用してみてはいかが?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です