中国でVPNを使用することは合法?違法?旅行や出張などで捕まる逮捕される可能性について

 

 

 

2022年に中国でVPNを使用することは合法ですか

中国は「グレートファイアウォールオブチャイナ」を使用してインターネットを検閲し、国内の人々がFacebook、Twitter、Google、Gmailなどのさまざまなウェブサイトにアクセスできないようにしているため、中国での生活にはVPNは必須です。

ただ気になるのはその合法性について・・・

 

このガイドでは、次の質問に答えます。

 

中国でVPN利用する際の疑問
  • なぜVPNは
  • 中国でVPNを使うのは違法?罰金や逮捕は?
  • 中国で使用するのに最適なVPN

 

上記のナビゲーションリンクを使用して、特定の質問への回答にジャンプするか、スクロールを続けて詳細を読んでください。

 

中国がすべてのVPNを禁止すると脅迫し、すべてのVPNアプリを削除する措置を講じたため、ここ数年、中国でVPNを使用することが合法かどうかについて多くの議論がありました。

 

 

北京は中国でのインターネットの取り締まりを倍増させたようで、週末にAppleがローカルバージョンのApp Storeからいくつかの仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスを撤回したというニュースが浮上した

北京は1月に不正接続を違法にした後、仮想プライベートネットワークの取り締まりを倍増させた

https://www.cnbc.com/2017/07/31/apple-removes-vpn-apps-in-china-app-store.html

 

なぜ中国は合法的なものを禁止し削除しようとするのでしょうか?

もしVPNが中国で違法だったとしたら、VPNを使用する外国人を逮捕し始める可能性を考えてしまいますよね・・・・

 

 

中国の憲法に違法ネットワークの条件が明記

 

「中国のネットに関する決まり」第6条には「政府の認可したネットワークを通じてインターネットを使用する」という法律があります。

 

↓引用↓

第六条计算机信息网络直接进行国际联网,必须使用邮电部国家公用电信网提供的国际出入口信道。任何单位和个人不得自行建立或者使用其他信道进行国际联网。

 

この法律をもとに考えると中国の企業が提供するVPN回線は日本人が一般的に使っているVPNに当てはまらないので基本的には認められていません。

中国政府が海外の企業のVPN企業使用を認可する事例はほとんどないです。

 

なぜ中国はVPNをブロックしないのか?

 

明らかに、ブロックされたWebサイトにアクセスする場合、中国内でVPNを使用することが非常に重要であることは誰もが知っています。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NORDVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

では、なぜ中国はすべてのVPNの使用を完全に停止しないのでしょうか。

毎年、中国がVPNの使用を制限しているというニュース記事を耳にしますが、VPNを完全に遮断するだけではないのはばかげているようです。

中国でブロックされているさまざまなWebサイトやアプリをすべて考慮すると、VPNも簡単にブロックできるはずです。

 

 

VPNを完全にブロックしていない理由

答えは非常に簡単です。

ほら、中国でVPNを使用することが合法かどうかは問題ではありません。本当の理由は…

VPNはビジネスを行う上で必要な部分です

これは、中国でビジネスを行う国際企業に特に当てはまります。VPNは、企業が中国と世界の他の地域との間で送信する情報を安全に保つものです。

国際企業は日常的にVPNを使用するため、中国がすべてのVPNをシャットダウンすると、国内外の企業が中国でビジネスを行う能力に深刻な影響を及ぼします。

 

 

中国における個人VPNと企業VPN

 

しかし個人としては政府が中国でVPNを合法化したかどうかについては曖昧

中国の政治的に敏感な地域であるチベットや新疆ウイグル自治区のような場所では、地元の人々がVPNを使用したために刑務所に入れられたという報告があります。

 

2017年の初めに発行されたニュースレポートでは、政府がVPNの使用を実際に取り締まり、違法にしていると述べていました。このニュースレポートについては多くの騒ぎがありました。

中国がVPNを違法に使用する企業に対して非常に指示的であったという事実でした。

ご存知のように、企業がVPNを使用する場合、そのためには政府から許可を得る必要があります。VPNはビジネスに必要なため、VPNだけを使用することはできません。VPNを作成して使用するには、中国の当局から承認を得る必要があります。

 

ただ個人に関しては、このルールは**技術的に**適用されません。

 

 

中国VPNを使うのは違法?罰金や逮捕の実例

 

 

ではVPNを使うと罰金はあるのでしょうか?

法律の文面には下記の記載があります。

第十四条违反本规定第六条、第八条和第十条的规定的,由公安机关责令停止联网,给予警告,可以并处15000元以下的罚款;有违法所得的,没收违法所得。

<中华人民共和国计算机信息网络国际联网管理暂行规定>

日本語に訳すと「第6条に違反したら、ネットの停止と警告・15000元以下の罰金に処す。不法の所得があればその所得は没収」ということ。

15000元は大体25万円でVPNを使ってなにかの商売に利用したりして所得があった場合、それは没収されてしまうと定められています。

 

 

逮捕・処罰&罰金の事例

 

 

事例1:携帯電話サービスのシャットダウン

 

報復の可能性の一例は、2015年末に新疆ウイグル自治区で発生しました。新疆ウイグル自治区の当局は、VPNを使用していた外国人または地元の人の携帯電話サービスをシャットダウンすることを決定しました。

 

電話を使っていたところ突然機能しなくなり、電話がかけられずテキストメッセージを送ることがで着なくなったそうです。

携帯電話会社に持ってきたとき、それが警察によって閉鎖された、そしてそれを元に戻すために警察に行く必要があると告げられ。次に起こったことは衝撃を与えました。

警察は私の電話を取り、私のすべてのアプリを調べ、すべてのVPNと外国のメッセージングアプリ(Skype、Viber、Signalなど)を削除しました。

警察は私の電話を取り、私のすべてのアプリとVPNサービスを調べ、電話のロックを解除する前に削除する必要があるものを教えてくれました。

誰も刑務所に行きませんでしたがVPNの使用を非常に不便にすることだけでした。

電話を取り戻したら、正直に言うと…VPNを再インストールし、Skypeと他のいくつかのアプリから削除するように言われたものを再インストールできたようです。

 

 

事例2:VPN使用の警告

 

不法な手段(VPN接続)で国際インターネットに接続したとのことで警察に呼ばれ警告された。

営利目的ではなかったため「処罰・罰金なし」 

 

 

事例3:VPN使用の罰金

 

携帯電話にインストールしたアプリ「藍灯」(Lantern Pro)でアクセスしており宿泊施設を経営していた不法の宿泊登記情報が見つかる。

法律では罰金15000元以下だが、不法の宿泊登記に罰金500元+VPNアプリ罰金1000元合わせて計1500元

 

 

 

中国VPNの逮捕罰金・捕まる可能性について

 

中国国内でVPNの使用による事例を確認した結果

 

VPNの違法罰金まとめ

・外国人の実例がないため現地人のみの可能性が高い

・VPNを営利目的で使うと罰金の可能性が高い

・罰金になっても高額になる可能性は低い

 

外国人として、VPNの使用に大きな問題を起こすことはないと言っていいでしょう。

ただ中国がVPNを使用する人々の生活を困難にしているように、VPNが中国でビジネスを行うことも困難にしています。そのため、中国のインターネット検閲を打ち負かすための専用リソースを備えたVPNを使用することが非常に重要です。

 

 

中国で使用するのに最適なVPN

 

理想的には、中国に到着する前にVPNをセットアップしておく必要があります。

これの理由は着した後でVPNをセットアップするのは非常に面倒だからです。読み進めるときにそのことに注意し、今すぐ携帯電話にVPNを導入することを検討してください。

 

 

NORDVPN

NORDVPN-1-300×94.png” alt=”” width=”377″ height=”118″ />

 

世界的に長期間運営されているで最も信頼性の高いVPN(私は7年以上使用しています)。料金も安価でサーバー数も多いのでVPNといえば鉄板のメーカー。

 

長所:

  • 一番安いプラン2年契約で一月300円で利用可能
  • 老舗のVPNなので安心感が高くセキュリティが強固
  • サーバ数が4500以上と豊富でさまざまな国にアクセス可能

 

短所:

  • 日本語のサポートがないため英語で問い合わせ必須
  • 速度が若干遅い
  • 有名なためVPN規制の対象になりやすい

 

≫30日実質無料のNORDVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

 

スイカVPN

 

NORDVPNより新しいメーカーですが、中国接続について特化しているVPNで中国在住の日本人の方に多く利用されているVPN。

 

 

長所:

  • 中国接続特化なだけあってほぼ100%問題なくアプリ/SNSを接続可能
  • 日本メーカーなのでお問い合わせ・対応が安心

 

短所:

  • 一番安いプラン2年契約で一月700円と割高
  • サーバ数が47と少なく中国以外での利用には適さない

 

≫2週間実質無料のスイカVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

1つが機能しない場合に備えて、バックアップとして少なくとも2つのVPNサービスを携帯電話にダウンロードすることを強くお勧めします。

 

 

 

今回は【【2022年最新】中国で使えない・見れないDisney+ (ディズニープラス)を利用する方法対処法やり方【ブロック対策】】の紹介でした。

 

ご紹介したVPNではどちらも無料体験キャンペーン中で期間内ならどんな理由でも返金保証付き且つ3ステップで簡単に設定可能なので中国でも日本同様にSNSを利用したい方はVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめのVPN

NORDVPN:様々な外国サイトを利用したい/毎月の金額を抑えたい方向け

スイカVPN:通信安定を重視したい/サポート充実を希望する方向け

 

中国のすべての都市で常に同じように機能するとは限らないため、通常、中国に到着する前に2つのVPNをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

 

 

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!