Androidスマホ・タブレットでおすすめのVPNブラウザまとめ!ネット閲覧に必須のブラウザをセキュリティ保護!!

 

 

VPNまたは仮想プライベートネットワークを持つことは、スマートフォンユーザーなどのポータブルデバイスを使用して自分の場所やインターネットアクティビティを隠すために必要なツールです。

Androidスマートフォンやタブレットで利用できる専用のAndroidVPNアプリの数は膨大ですが、多くの人は、仮想プライベートネットワークをAndroidブラウザーに組み込むことを好みます。

Operaブラウザは世の中で最も人気のあるAndroidVPNブラウザの1つですが、他にもいくつかのオプションがあります。

このガイドにそれらをリストし、AndroidVPNブラウザーの使用に関するアドバイスを提供します!

 

 

VPNが組み込まれたAndroidブラウザを使用する

 

VPNを内蔵したOperaBrowserの人気は、Androidエコシステムでそのようなアプリの需要があることを示していますが、スタンドアロンVPNを使用する場合と比較して、それらを使用する利点はかなり限られていると考えなければなりません。評判の良いプロバイダーからのアプリ。

 

Android VPNブラウザ メリット

 

快適

 

VPNをブラウザに直接組み込むことは間違いなく便利です。アイコンをタッチするだけで、他の方法ではブロックされているWebサイトに簡単にアクセスできます。この利便性レベルは、タブごとのVPN保護を備えたアプリで高められます。

 

価格

 

ここにリストされているすべてのVPNブラウザーアプリは主に無料です-OperaVPNの魅力の大きな部分を占めていると確信している要因です。 

ただし、はるかに安全な、優れた専用の無料VPNアプリがいくつかあることを指摘しておく価値があります。無料のVPNを選択するときは注意が必要であり、信頼できるプロバイダーのアプリのみを使用することが重要です。AndroidVPNスペースはワイルドウェストのようなものである可能性があるためです

 

「スプリットトンネリング」

 

一部の真のVPNアプリは、スプリットトンネリングと呼ばれる便利な機能を提供します。これにより、VPNトンネルを使用するAndroidアプリと使用しないAndroidアプリを選択できます。

VPNが組み込まれたブラウザを使用すると、保護したいブラウザセッションだけの場合は、代わりにブラウザVPNを使用できるため、このような機能は不要になります。そうは言っても、この機能をサポートする専用VPNでのスプリットトンネリングは、制限されたVPNブラウザーと比較してかなりカスタマイズ可能です。

 

 

Android VPNブラウザ デメリット

 

プライバシー

 

VPNを備えたほとんどのブラウザは、広告で無料のサービスに資金を提供しています。ターゲット広告はデフォルトで常に有効になっていますが、上記で確認したすべてのアプリでこれを無効にできます。

ただし、ターゲット広告が無効になっている場合でも、これらのアプリはGooglePlayサービスフレームワークを使用してターゲットなしの広告を配信します。また、Googleは、ターゲットを絞った広告の配信に使用していなくても、オンラインで行うすべてのことを追跡します。 

これらのアプリのほとんどがクローズドソースのプロプライエタリソフトウェアであるという事実もあります。通常、VPNプロバイダーはオンラインで何をしているのかを常に知っているので、これはそれほど問題にはなりませんが、ブラウザーとして2倍にすると、この貴重なデータが他の場所にどのように適用されるかがわかりません。

ブラウザVPNは、検閲の制限を回避したり、インターネットプロバイダーやパブリックWiFiホストからオンラインで取得したものを隠したり、アクセスしたWebサイトから実際のIPアドレスを隠したりするのに非常に役立ちます。

しかし、プライバシーが本当に気になる場合は、FirefoxやBraveなどのオープンソースブラウザを、信頼できるログなしVPNサービスの適切なVPNアプリと一緒に使用するのが最善の方法です。

 

 

お使いのブラウザのみ

 

HTTPSプロキシソリューション(ほとんどのブラウザの「VPN」が実際にそうである)に対するVPNの大きな利点の1つは、ブラウザだけでなくVPN接続全体を保護することです。 

「スプリットトンネリング」で説明しているように、これが有利な場合もありますが、ほとんどの場合、接続全体を保護することをお勧めします。

 

 

Androidスマホ・タブレットでおすすめのVPNブラウザまとめ

 

 

今回は【Androidスマホ・タブレットでおすすめのVPNブラウザまとめ】の紹介になります。

 

ウィルスや通信傍受によるダウンロードファイルバレなどの危険性が高いのが難点です。できればセキュリティを高めるために接続の匿名性に優れたVPNを導入することを勧めます。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NORDVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

 

NORDVPNの無料登録方法はこちらから!!

 

NORDVPN」であれば現在期間限定で30日無料お試し可能なのでタダで利用できます!

 

 

1.Opera

 

Opera –無料のVPNを備えたブラウザ

 

Operaは無料の組み込みVPNブラウザであり、最初からアカウントやプロファイルを作成する必要はありません。Operaを起動し、[設定]に移動してVPNをアクティブにするだけです。Operaを使用することの最大の利点は、帯域幅に制限がなく、中断する広告も含まれていないことです。

そのVPNは、好みに応じて、通常モードまたはプライベートモードで使用できます。その上、それは非常に使いやすく、ヨーロッパ、アメリカ、またはアジアの仮想の場所を選択するオプションを提供します。

 

 

2.TentaプライベートVPNブラウザ

TentaプライベートVPNブラウザ

 

Tentaは、安全性の高いアプローチを採用したモバイルベースのブラウザです。このブラウザにはVPNが組み込まれており、無料で使用できますが、いくつかの制限があります。有料版では場所のロックを解除でき、ブラウザで使用するだけでなく、デバイス全体で広く使用できます。

インド、米国、英国、日本、スペイン、ブラジルなどに多数のVPNサーバーが確立されており、その無料バージョンでは、帯域幅の制限なしにサーバーの1つを使用できます。VPNを起動するには、Tentaアイコンをクリックして、[VPNブラウジング]を選択します。

このブラウザは、PINを使用したブラウザのロック、スクリーンショットの制限、追跡のサポートなし、DNSのカスタマイズなど、多くの追加機能を提供します。さらに、終了時にブラウジングデータを削除できます。

 

 

3.Aloha

 

Aloha Browser Turbo

 

Alohaは、追跡を回避するための隠しIPアドレス、無制限のトラフィック、DNSリーク防止、およびアクティビティログの保持がない、信じられないほどの組み込みVPNブラウザーのもう1つの選択肢です。このブラウザには、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカに10台以上のVPNサーバーがあります。

ただし、無料版では、特定の場所を選択することはできません。さらに、有料プランの自動起動機能を含む電話全体のVPNが付属しています。

 

4.Torブラウザ

Android用Torブラウザ

 

Tor Browserは厳密にはVPNサービスプロバイダーではありませんが、VPNを使用できるようにする客観性があります。Torは独自の方法でIDを保護し、多層暗号化アプローチを介してオープンソースのTorネットワークを使用してトラフィックをルーティングします。

その主な機能には、オンラインデータID保護、ブロックトラッキング、ISPによって制限されているお住まいの地域の検閲済みまたはサポートされていないWebサイトへのアクセスが含まれます。このブラウザは、帯域幅の制限なしにAndroidデバイスで無料で使用できます。

 

 

5.Epic Privacy Browser

エピックプライバシーブラウザ

 

Epic Privacy Browserは、組み込みのVPNを使用するための拡張機能としてダウンロードする必要があります。このVPNを使用すると、米国、英国、カナダ、シンガポール、インド、オランダ、ドイツ、フランスなどの国で確立されたプロキシサーバーを選択しながら、無限の帯域幅を提供できます。

ノーログポリシーがあり、ホームページで[モバイル拡張機能]を選択することで、Epicの拡張機能ストアから拡張機能をダウンロードできます。ただし、VPNとプロキシにはいくつかの違いがあります。ただし、どちらもプライバシーを維持するためにIPアドレスマスキングの共通の役割を果たします。

 

 

6.Cake Web Browser

 

Cake Web Browser –無料VPN

 

Cake Web Browserには、必要なすべての機能が付属しています。追跡機能、パスワード保護、無料の無制限VPNサービス、プライベートタブ時限爆弾は含まれていません。

ただし、料金を支払うまで、すべての機能にアクセスすることはできません。有料版では、デバイス全体のサポートを含むサーバーを選択できます。画面上部のシールドアイコンをクリックすると、VPNを有効にできます。

 

 

7.AVGブラウザ

AVGブラウザ-組み込みVPN

AVGブラウザ–組み込みVPN

 

AVGは、セキュリティソフトウェア会社によって開発されています。この組み込みVPNブラウザーは、複数のプライバシーブラウジングモードやデバイス全体のサポートなどの機能を含む、30を超える場所にあるサーバーを備えています。

ただし、すべての機能が無料というわけではありません。一部を使用するには料金を支払う必要があります。それ以外の場合、このブラウザは非常にシンプルでユーザーフレンドリーであり、アプリをインストールしてVPNブラウジングを選択することでVPNをアクティブ化できます。

 

安全なブラウザ利用にはNordVPNがおすすめ!!


VPNブラウザもいいですができれば使い慣れたブラウザを使用したいですよね・・・そんなときは性能の良いVPNを契約して使用するに限ります!!

個人的に色々なVPNを試したんですが個人的にNORDVPNが最強!!

他のVPNと違って独自の魅力が多くコスパに優れたVPNを考えているなら一番適しているVPNだと思います。

 

 

 

NORDVPNの利点は??

 

NORDVPNが他のVPNと違うメリットを簡単にまとめたものがこちら!

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

簡単に解説していきましょう!!!!

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

torrent特化の専用通信でダウンロード速度・安定性良し

 

 

NORDVPNTorrent特化のサービスなどを展開しているのが特徴ですね。

そもそも公式でtorrentを許可している数少ないですし、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることができるのでTorrentの通信はVPN経由 通常のネット回線はブラウジングとすみわけができるのでネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

ただNORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので万が一ハックされたとしてもそもそもの情報がないので警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

NORDVPN運営歴8年とVPN会社としては老舗ですがこれといった問題はおこしていないので安心して利用できるのは魅力。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

NORDVPNでは契約期間30日なら100%保証の制度もあるので、まず試しに使ってみて使わなそうならやめることもできるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

ほんとにどんな理由でも返金対象になります!!

  • 全く使わなかったから
  • 特に理由はないけど解約したい
  • サービスに納得行かなかった。

など普通なら返金対象にならない理由でも即座に返金してくれます。

 

1ヶ月プラン6ヶ月プラン1年プラン2年プラン3年プラン
ExpressVPN$12.95(約1400円)$9.99(約1098円)$8.32(約915円)
NORDVPN 約1256円約517円約347円

 

また値段自体もNORDVPNは契約者が多いのでその分料金も安くでき平均的なVPN会社よりも5割ほど安いです。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約915円)なのに比べ、NORDVPNは$2.99(約347円)と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

 

 

NordVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

NORDVPNのレビューはこちらから!!

↑実際に使用して感じたメリット・デメリットまとめ

 

まとめ

 

AndroidスマホでおすすめのVPNブラウザまとめ!ネット閲覧に必須のブラウザをセキュリティ保護!!

VPNサービスを使用する理由が何であれ、ニーズに合わせて上記のブラウザのいずれかを選択できます。これらの便利なブラウザは使いやすく、身元を明かさずにインターネットを個人的に使用できます。

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフ

さらに無料プランが当たるチャンスも実施されているそうです。期間限定で1ヶ月・1年・2年プランが無料で追加の可能性も・・・!

3ステップで簡単に設定可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNのブラックフライデー割引で今だけ68%割引

2年契約が通常30000円の所68%オフの9000円
1年契約が通常15000円の所58%オフの6000円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!