【2021年最新】中国で使えない・見れないアクセス禁止なWhatsApp(ワッツアップ)を利用する方法対処法やり方【ブロック対策】

 

 

2021年に中国でWhatsApp(ワッツアップ)を利用することは可能ですか?

残念ながらWhatsApp(ワッツアップ)が他の多くのグローバルソーシャルメディアプロバイダーとともに中国で禁止されているためです。中国政府はインターネットコンテンツを管理しており、国の利益にならないと見なすコンテンツを制限、削除、または禁止しています。

ただ経験から言うと、準備さえしておけば全く問題ありません…。

 

このガイドでは、次の質問に答えます。

 

中国でWhatsApp(ワッツアップ)を視聴する際の疑問
  • WhatsApp(ワッツアップ)は中国でブロックされていますか?
  • 中国でWhatsApp(ワッツアップ)を見る方法は?
  • 中国でWhatsApp(ワッツアップ)を使用するのに最適なVPN

 

上記のナビゲーションリンクを使用して、特定の質問への回答にジャンプするか、スクロールを続けて詳細を読んでください。

 

WhatsApp(ワッツアップ)は中国でアクセスできない?見れない?

 

WhatsAppは中国でブロックされており2017年6月から検閲されています

このアプリは、中国でブロックされている他のソーシャルメディアプラットフォームのホストに参加しています。つまり、中国国内から携帯電話でWhatsAppを開くと、ネットワーク接続とWi-Fi接続のどちらを使用していても、アプリは機能しません。

接続を試みてから、サーバーに到達できないことを通知します。

 

 

WhatsAppを中国で直接使用できない方法と理由

 

中国当局は、国内でWhatsAppを使用している外国人を気にしませんが、自国民の多くがWhatsAppを使用し始めたことを容認することはできません。

この背後にある理由は、WhatsAppが管理下にない外国のアプリであり、中国国民がWhatsAppを介して送信したメッセージやファイルは当局が監視できない一方で、国内のWebサイトやメッセージングで共有されているものはすべて監視できるためです。

グレートファイアウォール(万里の長城と混同しないでください)と呼ばれる大規模な仮想フィルタリングシステムが、これらの人気のある外国のWebサイトやWebアプリをブロックするために使用されています。

 

グレートファイアウォールの名前は、コンピューティング用語のファイアウォールと中国で最も有名なアトラクションであるグレートウォールに由来しています。

 

グレートファイアウォールは、インターネットユーザーのWebトラフィックを監視して、リスト内のブロックされたWebサイト(またはWebアプリ)との間で送受信されるデータがトラフィックに含まれているかどうかを確認できます。

その後、ユーザーとブロックされたサイト間のトラフィックは中断されます。 、ブラウザに「接続できません」と表示されるか、アプリに空白のみが表示されます。

WhatsAppはブロックするWebアプリのグレートファイアウォールのリストに含まれているため、中国でWhatsAppを直接使用しようとすると、サービスがブロックされて機能しなくなります。

 

 

中国でWhatsApp(ワッツアップ)使用することは合法??

 

この問いに関しては完全に合法になります。

中国市民でないなら、あなたは心配することはほとんどありません。中国当局がVPNへのアクセスを防ぐためにできることを行ったとしても、VPNは違法ではありません。同様に、WhatsApp(ワッツアップ)へのアクセスは違法ではありません。検閲されたばかりです。

 

ご家族やご友人との連絡にWhatsApp(ワッツアップ)が必要な場合、以下の3つのステップで中国国内のWhatsApp(ワッツアップ)ブロック解除が可能です。

 

中国でWhatsApp(ワッツアップ)を見る視聴方法

 

 

中国ではWhatsApp(ワッツアップ)がブロックされているため、検閲を回避するには、仮想プライベートネットワーク(略して「VPN」)と呼ばれるテクノロジーを使用する必要があります。

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

以下では、VPNに接続して中国でWhatsApp(ワッツアップ)をする方法を段階的に説明します。

 

 

ステップ1:中国でインターネットにアクセス

 

まず中国で利用するインタネット回線を用意する必要があります。

中国にもWiFiはありますが、基本遅く中国で優れたWiFiを見つけるのは難しい場合があるため、携帯電話会社で国際ローミングを使用していない限り、中国で利用可能なSIMカードを入手する必要があります。

 


中国で購入してもいいですが日本で用意したほうが確実!!

 

 

 

ステップ2:デバイスにVPNをダウンロードしてインストール

 

選択できるVPN企業はたくさんありますが、すべてが中国で機能しているわけではありません。

私自身の経験に基づいて、NordVPNまたはスイカVPNいずれかをお勧めします。コンピュータまたはモバイルデバイスにソフトウェアをダウンロードしてインストールするのに通常約5分かかります。

 

 

ステップ3:日本のVPNサーバーに接続する

 

日本ベースのVPNサーバーに接続することで、中国の検閲を回避できます。

YouTubeは、あなたが日本にいるかのようにビデオコンテンツを視聴できるので全く違和感なく見ることができます。中国でYouTubeを視聴するには、他の国のサーバーに接続する方が速い場合もありますが、推奨されるコンテンツは異なりますので注意!

以下は、NordVPNで選択したサーバーのスクリーンショットです。

 

 

ステップ1: 設定アプリを開きます。

 

 

ステップ2: [ワイヤレスとネットワーク]セクションで[VPN ]を 選択し、[その他]を選択します。

 

 

ステップ3:右上隅に+記号があり、それをタップします。

 

 

ステップ4:ネットワーク管理者がすべてのVPN情報を提供します。目的のプロトコルを選択し、すべての情報を入力するだけです。[名前]フィールドに、どのVPNがどれであるかを覚えやすくするための名前を入力し、接続するVPNサーバーのタイプを選択して、VPNサーバーのアドレス(vpn.example.comなどのアドレスまたは数値のIPアドレス)を入力します。 。「保存」をクリックします。

設定したら、VPNをタップして接続します。複数のVPNサーバーを構成し、VPN画面からそれらを切り替えることができます。

 

ステップ5:  VPN設定に戻り、選択したVPNを選択することで接続できます。ユーザー名とパスワードの入力を求められます。ただし、次回のためにこのアカウント情報を保存することができます。

VPN に接続している間、通知ドロワーに永続的な「VPN がアクティブ化されました」という通知が表示されます。切断するには、通知をタップして[切断]をタップします。

 

ステップ6:  3ドットメニューボタンを押して、VPNを常にオンに設定することもできます。

 

親切に注意してください: すべてのAndroidデバイスがVPNクライアントをセットアップする同じ方法にあるわけではありません。Androidの設定が少し異なっているときに問題が発生した場合は、下の[ライブチャット]ボタンをクリックして詳細をお知らせいただくことをお勧めします。できる限りサポートさせていただきます。

 

 

ステップ4:WhatsApp(ワッツアップ)にログオン

 

携帯電話でインターネットにアクセスでき、VPNに接続している場合は、問題なくログオンできるはずです。

接続が中断するのはよくあることなのでどのVPNサーバーが最適かをテストしてください。

 

 

中国でWhatsApp(ワッツアップ)を使用するのに最適なVPN

 

理想的には、中国に到着する前にVPNをセットアップしておく必要があります。

これの理由は着した後でVPNをセットアップするのは非常に面倒だからです。読み進めるときにそのことに注意し、今すぐ携帯電話にVPNを導入することを検討してください。

 

 

NordVPN

 

世界的に長期間運営されているで最も信頼性の高いVPN(私は7年以上使用しています)。料金も安価でサーバー数も多いのでVPNといえば鉄板のメーカー。

 

長所:

  • 一番安いプラン2年契約で一月300円で利用可能
  • 老舗のVPNなので安心感が高くセキュリティが強固
  • サーバ数が4500以上と豊富でさまざまな国にアクセス可能

 

短所:

  • 日本語のサポートがないため英語で問い合わせ必須
  • 速度が若干遅い
  • 有名なためVPN規制の対象になりやすい

 

≫30日実質無料のNordVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

 

スイカVPN

 

NordVPNより新しいメーカーですが、中国接続について特化しているVPNで中国在住の日本人の方に多く利用されているVPN。

 

 

長所:

  • 中国接続特化なだけあってほぼ100%問題なくアプリ/SNSを接続可能
  • 日本メーカーなのでお問い合わせ・対応が安心

 

短所:

  • 一番安いプラン2年契約で一月700円と割高
  • サーバ数が47と少なく中国以外での利用には適さない

 

≫2週間実質無料のスイカVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

1つが機能しない場合に備えて、バックアップとして少なくとも2つのVPNサービスを携帯電話にダウンロードすることを強くお勧めします。

 

 

 

WhatsApp(ワッツアップ)へのアクセス | 海外駐在のヒントとコツ

 

上記の説明に加えて、私が何年にもわたって中国に住み、中国で WhatsApp(ワッツアップ)を使用しようとしている中で学んだいくつかの簡単なヒントとコツを共有したいと思います。

うまく行けば、これらのいくつかがあなたに役立つことを見つけることができます.

 

  • バックアップを取る:

私の経験では、中国の VPN 接続は非常に不安定です。彼らは IP アドレスをランダムにブロックし、その VPN が反応して変更を加えるまでに 1 時間以上かかる場合があります。そのような場合、Spotifyへのアクセスは私にとって非常に重要なので、中国にいる間は常に少なくとも 2 つの VPN に登録しています。私にとっては、私が使用してお勧めしますNordVPNを私の主なVPNとして、その後、バックアップスイカ VPNとして。どうして?どちらにも 30 日間の返金保証が付いています。つまり、どちらか一方が到着時に期待どおりに機能しなかった場合でも、バックアップが残っており、もう一方を返品して払い戻しを受けることができます。

  • 行く前にダウンロード

ご想像のとおり、中国にいるときに VPN をダウンロードしてインストールするのは非常に困難です (VPN の Web サイト自体は通常、中国ではブロックされています)。国に到着してから手間がかからないように、出発前に済ませておくことをお勧めします。私を信じてください、この方法の方がはるかに優れています。

 

 

まとめ

 

今回は【【2021年最新】中国でアクセス禁止で使えない・見れないWhatsApp(ワッツアップ)を利用する方法対処法やり方【ブロック対策】】の紹介でした。

 

ご紹介したVPNではどちらも無料体験キャンペーン中で期間内ならどんな理由でも返金保証付き且つ3ステップで簡単に設定可能なので中国でも日本同様にSNSを利用したい方はVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

中国のすべての都市で常に同じように機能するとは限らないため、通常、中国に到着する前に2つのVPNをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

 

 

 

速報
NordVPNが特価!2年プランが68%オフ! さらに無料プランが当たるチャンス!! 期間限定で2年プランを契約すると1ヶ月・1年・2年・3年プランのどれかが自動的に付属してきます!!
中国VPN情報
中国の利用に特化したスイカVPNが現在限定で2周間お試しサービス中。中国への旅行や留学予定の方は無料で使用感を確かめられます。