LinuxでVPNを設定する方法-Ubuntu、Kali、およびMintにVPNをインストールするためのガイド

 

 

 

Ubuntu、Kali、またはMintでVPNを設定したいですか?

このガイドでは、Linux GUI、NetworkManager、その他の方法を使用して、VPNをインストールするための簡単なプロセスを説明します。

このガイドでは、永続的に人気のある Ubuntu に VPN をインストールすることに焦点を当てますが、すべての手順は Linux Mint、Debian、Kali (Debian をベースにしています) にも適用でき、異なるディストロを使用している人々にも有用なガイドラインとなるはずです。

 

この記事で解決する疑問

・LinuxでVPNを設定する方法-Ubuntu、Kali、およびMint
・torrentや海外サイトにおすすめなVPN

 

このページでは『LinuxでVPNを設定する方法-Ubuntu、Kali、およびMintにVPNをインストールするためのガイド』を紹介していきます。

 

 

LinuxでVPNを設定する方法-VPNサービスを選びましょう!

 

VPNサービスにサインアップしてから、そのソフトウェアをダウンロードしてインストールし、実行して、選択したサーバーに接続します

 

ステップ1

NordVPNトップページのリンクをクリックして公式サイトに飛び【NORD VPNを購入】のボタンをクリック

 

②購入プランの選択画面に飛びますので、自分の購入したい年数を選択

 

プラン年数 支払い金額 1ヶ月の料金(割引額) 特典
1ヶ月プラン 約1370円 月額1370円(0%割引) なし
1年プラン 約6840円 月額570円(58%割引) なし
2年プラン 約9120円 月額460円(72%割引) 「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント

 

基本的に長期契約のほうが一か月あたりの利用金は安くなります!

2年プランだと1か月プランに比べて期間限定の74%の割引率になるので長期的に使う予定なら数年プランがいいかもしれません。

また2年プラン限定で【「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント】キャンペーン中なのでお得に契約するなら2年が特におすすめ!

 

③支払い方法を選択し登録したメールアドレス認証を押し完了。

 

ステップ2 NordVPNの無料アプリをダウンロード

 

 

NetworkManagerを介したLinux用OpenVPN

 

専用クライアント以外では、ほとんどのLinuxシステムでOpenVPNをインストールし使用する最も簡単な方法は、NetworkManagerデーモンを経由することでしょう。

AirVPNはNetworkManagerの使用を “複数の重大な問題があるため “推奨していることは知っておく価値があります。しかし、私はこれに関する詳細な情報を得ることができませんでしたし、ほとんどの VPN はこれを喜んで使っているようです。

 

UbuntuGNOMEへのOpenVPNのインストール 

 

 

【設定の手順】

  1. 選択したVPNプロバイダーにアカウントを登録します。
  2. 接続するサーバーのプロバイダーの.ovpn構成ファイルをダウンロードします。これらは多くの場合、.zipファイルとしてバッチダウンロードできます。その場合、使用する前に解凍する必要があります。

    以前は、NetworkManagerはインライン証明書とキーを好みませんでした。このため、多くのVPNはそれらを個別にダウンロードすることを推奨しています。しかし、これはもはや必要ではないようです。

  3. ターミナルウィンドウを開いて次のように入力し、NetworkManager用のUbuntuOpenVPNパッケージをダウンロードしてインストールします。

    sudo apt-get install network-manager-openvpn-gnome

  4. 通知バーのNetworkManagerアイコンをクリックして、OpenVPNが正しくインストールされていることを確認します。

    次に、[VPNオフ]->[VPN設定]->[VPN]->に移動し、[ + ]ボタンをクリックします。

    [VPNの追加]ボックスに、OpenVPNオプションが表示されます。OpenVPNが表示されない場合は、PCを再起動してください。

  5. OpenVPNオプションが表示されている場合は、クリックしないでください。代わりに「ファイルからインポート…」をクリックしてください。.ovpnファイルをダウンロードした場所に移動し、1つをダブルクリックします。

  6. サーバーのVPN設定が入力された[VPNの追加]ボックスが表示されます。ユーザー名とパスワードを入力して[追加]をクリックするだけです。

これでVPNがセットアップされました。開始するには、NetworkManager-> VPN off->に移動し、接続するサーバーを選択します。

 

Linuxターミナルを介してOpenVPNを直接インストールする

 

AirVPNによると、Linux Terminal経由でOpenVPNを使う方が、NetworkManagerを使うよりも安全性も高いとのことですが、独自に確認したり、詳細を明らかにすることはできていません。

OpenVPN のパッケージは Debian をはじめとする多くのリポジトリで提供されていますが、CentOS や RHEL のユーザー (たとえば) は、まず EPEL リポジトリをシステムにインストールする必要があります。

 

【設定の手順】

  1. 選択したVPNプロバイダーにアカウントを登録します。
  2. ターミナルを開き、通常のパッケージマネージャー(APT、RPM、YUMなど)を使用してOpenVPNをインストールします。 

    たとえば、Debianベースのディストリビューションでは次のように入力します。

    sudo apt-get install openvpn また sudo rpm install openvpn

    CentOS7以降およびFedora7以降では、最初にEPELリポジトリをインストールする必要があります。

    sudo yum install epel-release

    OpenVPNをインストールする前に:

    yum install openvpn

    もちろん、どのLinuxシステムでもソースからコンパイルすることは常に可能です。ここからtarballをダウンロードし、抽出して、抽出したディレクトリの最上位にcdし、次のように入力します。

    ./configure

    make

    make install

  3. ブラウザを使用して、VPNサービスのWebサイトからいくつかのOpenVPN構成ファイルをダウンロードします。次に、ターミナルを開き、ダウンロードしたディレクトリにcdします。ダウンロードした.ovpnファイルの名前を入力しやすい名前に変更すると、次のステップが簡単になります。
  4. ターミナルタイプ:

    sudo openvpn [openvpn file]

    OpenVPNが実行されているターミナルウィンドウを閉じることで、VPNから切断できます。

OpenVPN を直接使用している場合、DNS リクエストは VPN プロバイダの DNS サーバにプッシュされないことに注意してください。IP 漏れは、resolvconf を修正して、DNS を VPN の DNS サーバにプッシュすることで解決することができます。

あるいは、iptables ファイアウォールを手動で設定して、すべてのトラフィック (DNS リクエストを含む) が VPN サーバを経由しなければならないようにすることもできます。

これにより、少なくとも、すべてのDNSリクエストがVPNによってプロキシされるようになります。これはまた、キルスイッチとしても機能します。

 

 

NetworkManagerを介してPPTPを使用してLinux用のVPNを手動で構成

 

PPTPは安全なVPNプロトコルではないので、一般的には避けることをお勧めします。

しかし、NetworkManager は PPTP を「すぐに」サポートしており、セキュリティの優先順位が高くない場合に、PPTP を「素早く、汚い」ソリューションとして役立てることができます。

 

【設定の手順】

「ネットワークマネージャー」->「VPN設定」に移動します。[ VPN]ボックスの横にある[ + ]アイコン->[Point-to-Pointトンネリングプロトコル(PPTP) ]をクリックします。

VPNから提供されたPPTP設定を入力します。これらの設定はLinuxに固有のものではないため、一般的な設定または別のプラットフォーム用に指定された設定を使用できることに注意してください。

 

L2TP/IPsecを使用してLinux用のVPNを手動で構成する

 

完全なVPN暗号化ガイドで使用されていないように、L2TPはトンネルプロトコルであり、それを通過するトラフィックに暗号化や機密性を提供しないため、通常はIPsec認証スイート(L2TP/IPsec)と一緒に実装されます。

 

NetworkManagerにL2TP/IPsecをインストールする方法

 

NetworkManager-l2tpは、L2TP/IPsecのサポートを含むNetworkManager1.2以降のVPNプラグインです。インストールするには、ターミナルを起動し、次のコマンドを入力します。

sudo add-apt-repository ppa:nm-l2tp/network-manager-l2tp    

sudo apt-get update 

sudo apt-get install network-manager-l2tp  

追加のバイナリ(GNOMEなど)をインストールするように求められる場合があります。その場合は、先に進んでください。PCを再起動すると、NetworkManagerでL2TPが有効になります。

セットアップはPPTP(上記参照)と非常に似ていますが、IPSec認証の詳細を追加で入力する必要がある点が異なります。ここでも、VPNがこれらの情報を提供できるはずで、一般的な設定で問題ありません。

現在、xl2tpdにバグがあり、IPSecプロトコルでの使用が危険にさらされる可能性があります。この問題はFedoraでは既に修正されているので、UbuntuやDebianでも近々パッチが適用されると思われます。詳細と最新のアップデートについてはこちらをご覧ください。

 

IKEv2を使用してLinux用のVPNを手動で構成する

 

IKEv2は安全で高速なVPNプロトコルで、VPNサービスで急速に人気を集めています。LinuxではstrongSwanを介してサポートされています。strongSwanパッケージはほとんどのバージョンのLinuxで利用可能であり、自分でコンパイルすることもできます。

NetworkManager用のIKEv2をインストールする方法。これはソースからビルドするか、Debian/Ubuntuユーザーがターミナルを開いて次のように入力できます。

sudo apt-get install network-manager-strongswan

使用中、プラグインは上記のL2PTNetworkManagerプラグインと同じように機能します。

VPNが提供するIKEv2設定を入力するだけです(IKEv2をサポートしている場合)。

 

Linux用のVPNをテストする方法

 

NetworkManagerを使用している場合、通知バーの小さなネットワークロックアイコンで、接続していることが一目でわかります。

VPNが接続され、正しく機能していることをさらに確認するために、IPリークテストを実行

 

 

VPNにIPリークがないか確認してください

 

VPNに接続したら(どのような方法でも)、IPリークをチェックすることをお勧めします。

上記の例は、IPv6リークの悪いケースを示しています。IPv4 DNSの結果は、私が米国のVPNサーバーに接続していることを正しく示していますが、Webサイトでは、通常のDNSリークとWebRTCの両方を介して実際の英国のIPv6アドレスを確認できます。失敗!

英国または米国でVPNを使用して安全を確保する方法の詳細については、以下のガイドをご覧ください。

 

プライベート使用–[RFCxxxx]IPはローカルIPのみであることに注意してください。個人またはデバイスを識別するために使用することはできないため、IPリークを構成するものではありません。

 

 

torrentや海外サイトにおすすめなVPNはNORDVPN!

 

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNを勧めます。

 

 

 

公式でTorrentが許可されている数少ないVPN

 

実はVPN接続時にtorrent利用を禁止しているVPN会社が多い!!

そんな中公式でTorrent特化のサービスなど展開しているNORDVPNはかなり貴重な存在でtorrent専用サーバーはダウンロードの高速化を手助けになります!!

 

↑torrent利用のために強化されたP2P専用サーバー

 

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

またtorrentダウンロード時に回線が重くなりがちですが、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることで[Torrentの通信はVPN経由][通常のネット回線はブラウジング]とすみわけすることが出来ネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

NORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができず、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約460円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額570円 月額460円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫実質無料でNordVPNを体験したい方はこちら。

 

 

 

 

NORDVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

 

VPNサービスの中にはもちろん無料のサービスもありますが、大切な資産を扱う際に無料のVPNサービスだと心もとないので、業界でも信用信頼No.1のNordVPNを使うのが安心かと。

 

 

まとめ

 

今回は『LinuxでVPNを設定する方法-Ubuntu、Kali、およびMintにVPNをインストールするためのガイド』をまとめました。

Linuxは、メインストリームのプラットフォームほど簡単ではありません。

とはいえ、経験の浅い Debian や Ubuntu のユーザーでも、プラグアンドプレイのカスタムクライアントや NetworkManager を使って VPN をセットアップすることに問題はないはずです。

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが71%オフ

 

プラン年数 支払い金額 1ヶ月の料金(割引額) 特典
1ヶ月プラン 約1370円 月額1370円(0%割引) なし
1年プラン 約6840円 月額570円(58%割引) なし
2年プラン 約9120円 月額460円(72%割引) 「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント

 

基本的に長期契約のほうが一か月あたりの利用金は安くなります!

さらに購入後30日以内であればどんな理由でも返金可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒NordVPNの無料登録はこちらから!!!

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!