VPNをTorrent(トレント)クライアントに設定して使用する方法やり方!

 

 

 

ご承知のとおり、トレント用にVPNを設定すると、  安全を確保できます。

VPNサーバーは実際のIPアドレスを隠して、ピアが実際の場所を認識できないようにし、インターネットトラフィックを暗号化して、ISPがトレントサイトを使用していることを検出できないようにします。

このガイドでは、BitTorrentクライアントでVPNを設定する方法を示します。

Windows、macOS、およびLinuxでこれを行う方法について説明します。また、VPNが機能していることを確認する方法も示します。これにより、厄介な驚きを感じることなく、VPNを最大限に活用するための便利なヒントをいくつか提供します。

 

この記事で解決する疑問

・VPNをTorrent(トレント)クライアントに設定して使用する方法やり方
・トレントダウンロード速度・キルスイッチをテストする方法
・torrentや海外サイトにおすすめなVPN

 

このページでは『VPNをTorrent(トレント)クライアントに設定して使用する方法やり方!』を紹介していきます。

 

 

VPNをTorrent(トレント)クライアントに設定して使用する方法やり方!

 

 

ステップ1:VPNサービスを選ぶ

 

VPNサービスにサインアップしてから、そのソフトウェアをダウンロードしてインストールし、実行して、選択したサーバーに接続します

 

ステップ1

NordVPNトップページのリンクをクリックして公式サイトに飛び【NORD VPNを購入】のボタンをクリック

 

②購入プランの選択画面に飛びますので、自分の購入したい年数を選択

 

プラン年数 支払い金額 1ヶ月の料金(割引額) 特典
1ヶ月プラン 約1370円 月額1370円(0%割引) なし
1年プラン 約6840円 月額800円(58%割引) なし
2年プラン 約9120円 月額610円(72%割引) 「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント

 

基本的に長期契約のほうが一か月あたりの利用金は安くなります!

2年プランだと1か月プランに比べて期間限定の74%の割引率になるので長期的に使う予定なら数年プランがいいかもしれません。

また2年プラン限定で【「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント】キャンペーン中なのでお得に契約するなら2年が特におすすめ!

 

③支払い方法を選択し登録したメールアドレス認証を押し完了。

 

ステップ2 NordVPNの無料アプリをダウンロード

 

 

 

ステップ2:VPNのキルスイッチを有効にする

 

キルスイッチ

VPNが機能しなくなった場合に、デバイスがインターネットにアクセスできないようにします。この機能はほとんどの場合ファイアウォールベースであり、「ネットワークロック」や単に「ファイアウォール」などと呼ばれることもあります。

 

一度に何時間もコンピュータをダウンロードしてシードしないままにしておくことが多いため、これはトレンターにとって特に便利なツールです。

この期間中、VPN接続が切断され、IPアドレスが公開されたままになる可能性があります。

 

VPNクライアントにキルスイッチオプションが表示されない場合は、プロバイダーに問い合わせて、組み込みか、プロバイダーを変更するか、VPNインターフェイスにバインドする機能を備えたトレントクライアントを使用するかを確認してください。この機能については、この記事の後半で説明します。 

 

 

ステップ3:BitTorrentクライアントをダウンロードしてインストール

 

たくさんの良いBitTorrentクライアントがあります

qBitTorrentはオープンソースであり、軽量で、フル機能を備えており、Windows、Mac、およびLinuxで利用できるため、qBitTorrentを支持しています。

VPNインターフェースにバインドすることができます。

 

 

 

ステップ4:トレントサイトにアクセス

 

多くのISPはトレントサイトをブロックしているため、それらにアクセスするためだけにVPNを実行する必要がある可能性が非常に高くなります。

すべてのサイトに当てはまるわけではありませんが、多くのパブリックトレントサイトは非常に「スパム的」です。ポップアップや不適切な広告は、優れた広告ブロッカーを使用して管理できます。

使用するサイトがわからない場合は、2022年のベストのリストについて、ベストトレントサイトの記事を確認してください。

 

 

ステップ5:トレントのダウンロードを開始

 

必要なコンテンツが見つかったら、マグネットリンクをクリックするか、トレントファイルをダウンロードします。

注意:上記のIPアドレスはVPNサーバーのものであり、実際のIPではありません。

マグネットリンクには、.torrentファイルではなく、リンクに必要なすべての情報が含まれています。したがって、.torrentファイルをホストする必要がないため、トレントサイトにとってはメリットがあります。ただし、最近のすべてのBitTorrentクライアントは両方の方法をサポートしているため、エンドユーザーの観点からはどちらのオプションを選択してもほとんど違いはありません。

 

ステップ6:シードの設定

 

優れたネチケットでは、ダウンロードしたトレントをシードして、他のユーザーもダウンロードできるようにする必要があります。一部のコミュニティでは、参加を義務付けています。これを行うには、ダウンロードが完了した後、トレントをBitTorrentクライアントで実行したままにします。

BitTorrentクライアントの[ピア]タブには、トレント時にVPNを使用する必要がある理由についてのグラフィックの証拠が表示されることを覚えておく価値があります。ファイルを共有(ダウンロードまたはシード)している他のすべてのトレントユーザーのIPアドレスが表示されます。

怖いもの!ただし、VPNを使用している場合は、実際のIPではなくVPNサーバーのIPアドレスがピアに表示されるため、心配する必要はありません。

 

ステップ7:ポートフォワーディング(オプション)

 

VPNサービスがNATファイアウォールを使用していて(ほとんどの場合)、その機能を提供している場合(多くは使用していない)、NATファイアウォールを介してポートフォワードすることをお勧めします。

ポートフォワーディングはおそらくトレント速度を向上させるでしょうが、そうすることは間違いなく必須ではありません。ポートフォワーディングの長所と短所の詳細については、その方法の説明を含めて、VPNポートフォワーディングのガイドを参照してください。

 

 

トレントする前にVPNが機能していることをテストする方法

 

 

上記のように、IPv4リークがないことを確認するだけで、VPNがトレントに対して適切に機能していることを示すことができます。ただし、より厳密な脅威モデルを使用している場合は、ipMagnetツールを使用してトレントを特に再確認できます。

【設定の手順】

  1. ipMagnet Webページにアクセスし、Magnet Linkをクリックして、BitTorrentクライアントでダミーのトレントダウンロードを開きます。

  2. 数秒後、ipMagnetWebページにダミーのトレントファイルをダウンロードしようとしているIPアドレスが表示されます。これはVPNサーバーに属し、ISPのIPアドレスとは
  3. 異なる必要があります。これを確認するには、VPNから切断し、IPツールを使用します。

 

 

トレントダウンロード速度・キルスイッチをテストする方法

 

トレントダウンロード速度に関しては、VPNを使用した場合の影響を分離するには、変数が多すぎます。これらの中で最も重要なものは次のとおりです。

【設定の手順】

  1. ダウンロードしているトレントをシードしているピアの数。
  2. ソースが多ければ多いほど、ダウンロード速度は速くなります。シード(アップローダーの数)/リーチ(ダウンローダーの数)の比率が良好なトレントを選択する以外に、これについてできることはあまりありません。
  3. ほとんどのトレントWebサイトは、これらの数値を明確に示しています。
  4. アップロード帯域幅の量(およびBitTorrentクライアントが使用できるようにしている)。BitTorrentプロトコルは、より高速なダウンロード速度でより多くの共有者に報酬を与えることにより、共有を促進するように設計されています。

    すべてのBitTorrentクライアントでは、シードに使用できるアップロード帯域幅を指定できますが、これはISPで購入したプランによって制限されます。

  5. NATファイアウォールを使用するVPNは、着信接続を制限する可能性があります。
  6. これにより、ピアの数が減り、アップロード速度が制限されます。これが、VPNがNATファイアウォールを使用し、この機能をサポートしている場合にポート転送の使用を検討する理由です。

 

 

 

【キルスイッチをテストする方法】

  1. VPNを接続します。
  2. BitTorrentクライアントを起動します。合法的なトレントのみが実行されているときにこのテストを実行することをお勧めします。
  3. VPNを切断します
  4. BitTorrentクライアントを確認してください。すべてのダウンロードが停止しているはずです-停止していない場合、キルスイッチは機能していません。

 

クライアントをVPNインターフェースにバインドする方法

BitTorrentクライアントをVPNインターフェースにバインドすると、クライアント専用のキルスイッチとして機能し、VPN接続がアクティブでない限り、トレントをダウンロード(およびアップロード)できなくなります。

qBittorrentとVuzeは、この機能をサポートすることがわかっている唯一のBitTorrentクライアントですが、他にも存在する可能性があります。

 

qBitTorrentの設定

[ツール]-> [設定] ->[詳細]に移動します。[ネットワークインターフェイス]の横で、VPNアダプターの名前を選択します。OpenVPNを使用している場合、VPNアダプターにはTAPまたはTUNというラベルが付けられます。

Vuzeの設定

 

  1. [ツール] ->[オプション] ->[モード]に移動し、[ユーザーの習熟度]で[詳細]を選択します。
  2. [接続] ->[ネットワークの詳細設定]に移動し、VPN接続のリストを確認します。OpenVPNを使用している場合、VPNアダプターにはTAPまたはTUNというラベルが付けられます。接続名(以下に示す例ではeth6)をメモします。

  3. リストの一番上に移動し、[ローカルIPアドレスまたはインターフェイスにバインド]ダイアログボックスにインターフェイス名を入力します。

  4. リストの一番下に移動し、インターフェイスが使用できない場合でもIPバインディングを適用するをオンにします

  5. [保存してオプション]を終了します。

Vuzeクライアントの下部にある小さなルーティングアイコンが緑色で表示され、すべてが正しく機能していることを知らせます。

VPNから切断すると、アイコンが赤に変わり、すべてのトレントダウンロードが停止します

 

 

torrentや海外サイトにおすすめなVPNはNORDVPN!

 

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNを勧めます。

 

 

 

公式でTorrentが許可されている数少ないVPN

 

実はVPN接続時にtorrent利用を禁止しているVPN会社が多い!!

そんな中公式でTorrent特化のサービスなど展開しているNORDVPNはかなり貴重な存在でtorrent専用サーバーはダウンロードの高速化を手助けになります!!

 

↑torrent利用のために強化されたP2P専用サーバー

 

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

またtorrentダウンロード時に回線が重くなりがちですが、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることで[Torrentの通信はVPN経由][通常のネット回線はブラウジング]とすみわけすることが出来ネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

NORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができず、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは1TBのクラウドストレージとパスワード管理アプリまでついて約610円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

 

【有名VPNの比較】

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1800円 月額1300円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額800円 月額610円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫NordVPNを体験したい方はこちら。

 

 

 

 

NORDVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

 

まとめ

 

今回は『日本から見れないCrunchyroll (クランチロール)視聴はVPNで解決!!JAPANサーバー以外でも再生されない場合の対処法』をまとめました。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフに!!

さらに購入後30日以内であればどんな理由でも返金可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒NordVPNの登録はこちらから!!!

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!