Windowsパソコンで再起動後にのみVPNが接続する原因と対策方法

 

 

一部のウィンドウには、接続を切断した後にVPN接続(統合インストールによって確立された)を復元できないという問題が繰り返し発生するようです。

ただし、ユーザーがシステムを再起動すると、接続は成功します。

この問題は、主にPPTP接続のWindows10で発生します。ほとんどの場合、「xxxxxxxxに接続できません」というエラーが表示されます。

 

 

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、インターネット上のプライバシーとセキュリティを強化するために不可欠なオンラインツールです。ただし、VPNの問題により、VPN接続が失われたりエラーメッセージが表示されたりする可能性があります。

幸いなことに、試すことができるパッチはたくさんあります。

 

この記事で解決する疑問

・Windowsパソコンで再起動後にのみVPNが接続する原因
・Windowsパソコンで再起動後にのみVPNが接続する対策方法
・それでも改善しない場合のおすすめVPN!!

 

このページでは『Windows 10でVPNエラー807(VPN容量オーバー)の原因と対策方法』を紹介していきます。

 

 

Windowsパソコンが再起動後にのみVPNが接続する原因は??

 

この特定の問題を修正するために一般的に使用されているさまざまなユーザーレポートと修復戦略を調べて、この特定の問題を調査しました。

結局のところ、この特定の問題は、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

  • 一貫性のないTCP/IP値–組み込みVPNの問題は、実際にはTCP/IP構成が原因である可能性があります。これは通常、動的IPを提供するISPで一般的です。この場合、管理者特権のコマンドプロンプトを介して完全なTCP / IPリセットを実行することにより、問題を解決できるはずです。

 

  • トレイバーVPNメニューのバグ– Windows 10には奇妙な繰り返しがあるようですが、VPN機能が壊れることがありますが、トレイバーアイコンからのみです。このシナリオが当てはまる場合は、設定アプリVPNメニューから接続することで再起動を回避できるはずです。

 

  • グリッチVPNネットワーク接続–組み込みのVPNネットワークを定期的に切断する習慣がある場合、使用されているVPNネットワーク接続にグリッチが発生するリスクがあります。影響を受けた数人のユーザーが、[ネットワーク接続]タブを介して接続を無効にしてから再度有効にすることで、この問題を解決できたと報告しています。

 

  • 破損したWANミニポート(PPTP) –問題の原因がミニポートPPTPアダプターの問題である可能性もあります。発生する可能性があるのは、ユーザーがアクションを完了したときに、MiniportPPTPアダプターがVPN接続から切断されていないことです。この場合、WANミニポート(PPTP)を更新または再インストールすることで、問題を解決できるはずです。

 

  • 破損したVPN依存関係–結局のところ、この特定の問題は、破損したファイルが原因で、組み込みのWindowsVPNが再接続できなくなることによっても発生する可能性があります。ほとんどの場合、この問題が発生したのは、Windowsの不正な更新が原因です。このシナリオが当てはまる場合、それを修正する最も簡単な方法は、システムの復元ポイントを使用してマシンを正常な状態に戻すことです。

 

  • PPTPおよびL2TPミニポートが不安定な状態でスタックしている–この問題はWindows7とWindows10の両方で発生することが確認されています。この場合、昇格したCMDプロンプトを開き、選択したコマンドを展開することで問題を解決できるはずです。 PPTPとL2TPミニポートの両方をリセットできます。

 

毎回再起動せずにVPNネットワークに再接続できる修正を探している場合は、同様の状況にある他のユーザーが正常に使用した可能性のある修正をいくつか特定することができました。以下の各方法は、影響を受ける少なくとも1人のユーザーによって機能することが確認されています。

 

 

Windowsパソコンで再起動後にのみVPNが接続する対策方法

 

 

これがおなじみのように思われる場合は、以下の簡単なトラブルシューティングガイドを確認し、手順に従ってVPNを簡単に修正してください。

 

修正方法1:ローカルセキュリティソフトウェアを無効にする

回避できる場合は、実行する必要があります。ただし、ウイルス対策プログラムが送信するすべての送信パケットをチェックすると、接続が遅くなる可能性があります。

一時的に無効にして、接続速度が上がるかどうかを確認します。

 

修正方法2:完全なTCP/IPリセットを実行する

 

結局のところ、この特定の問題には迅速な修正があるようです。netsh reset ipコマンドを実行して接続を再作成することにより、VPNに再接続できる場合があります。ほとんどの場合、ユーザーは完全なTCP / IPリセットを実行するために必要な一連のコマンドを実行することにより、問題を解決することに成功しました。

ただし、これが機能したとしても、適切な修正と見なされるべきではないことに注意してください。次に組み込みVPNから切断しようとしたときに、同じ問題が発生する可能性が高くなります。

昇格したコマンドプロンプトを使用して完全なnetshリセットを実行するためのクイックガイドは次のとおりです。

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「cmd」と入力し、 Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したコマンドプロンプトを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御) のプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
    [実行]ダイアログボックスからの管理コマンドプロンプトの実行
  2.  管理者特権のCMDプロンプト内で、次のコマンドを(リストされた順序で)入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。
    ' netsh winsock reset 'と入力し、 Enterキーを押します。
    ' netsh int ip reset 'と入力し、 Enterキーを押します。
    ' ipconfig / release 'と入力し、 Enterキーを押します。
    ' ipconfig / renew'と入力し、 Enterキーを押します。
    'ipconfig / flushdns 'と入力し、 Enterキーを押します
  3. TCP / IPの完全なリセットが実行されたら、管理者特権のコマンドプロンプトを閉じて、問題がまだ解決されているかどうかを確認します。

切断しても組み込みVPNに再接続できない場合は、以下の次の方法に進んでください。

 

 

修正方法3:VPNメニューを介して接続する

 

結局のところ、トレイバー接続にのみ影響するWindows 10の不具合が原因で、組み込みのWindowsVPNに再接続する機能が失われる可能性もあります。影響を受ける複数のユーザーは、より直感的なトレイバーメニューの代わりに(設定アプリの)VPNメニューを使用することを含む回避策を正常に使用しています。

この手順にはいくつかの追加手順が必要ですが、VPNに再接続する必要があるたびに再起動するよりも優れています。これがあなたがする必要があることです:

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。[実行]ウィンドウで、テキストボックス内に「ms-settings:network-vpn」と入力し、Enterキーを押して設定アプリのVPNメニューを開きます。
    実行コマンドからVPNメニューを開きます
  2. VPNメニューが表示されたら、ネットワークを選択し、それに関連付けられている[接続]ボタンをクリックします。
    設定アプリを介してVPNに接続する
  3. 数秒後、再起動せずにVPNネットワークに再接続できるようになります。

 

この方法が機能しない場合(再起動せずにVPNに再接続できない場合)、以下の次の方法に進んでください。

 

 

 

修正方法4:接続の無効化/再有効化

特定のユーザーが毎回再起動せずに組み込みのWindowsVPNに再接続できるようにすることが確認されている別の一時的な修正は、ネットワークおよび共有センターを介したVPN接続を無効にしてから有効にすることです。

これはまだ一時的な修正であり、問​​題の根本的な原因を処理しませんが、毎回再起動するよりも優れています。[ネットワーク接続]メニューからVPN接続を無効にしてから再度有効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「 ncpa.cpl 」と入力し、 Enterキーを押して[ネットワーク接続]タブを開きます。
  2. [ネットワーク接続]メニューが表示されたら、組み込みVPNネットワークに関連付けられているネットワークを右クリックし、コンテキストメニューから[無効にする]をクリックします。UAC(ユーザーアカウント制御)ウィンドウが表示されたら、[はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  3. ネットワークのステータスが無効に変わるまで待ってから、もう一度右クリックし、[有効]を選択して再度有効にします。
  4. 組み込みのWindowsVPNに接続して、問題が解決したかどうかを確認します。

それでも同じ問題が発生する場合、または恒久的な修正を探している場合は、以下の次の方法に進んでください。

修正方法5:WANミニポートPPTPの更新または再インストール

 

MiniportPPTPアダプターの問題が原因で問題が発生している可能性もあります。ユーザーがアクションを完了しているときに、Miniport PPTPアダプターがVPN接続から切断されていないために、この問題が発生することは珍しくありません。

この正確なシナリオにあった影響を受けた2人のユーザーは、PPTPWANミニポートデバイスを再インストールまたは更新した後に問題が解決したと報告しています。PPTPWANミニポートを更新または再インストールする方法のクイックガイドは次のとおりです。

注: PPTP接続で問題が発生していないためにこのシナリオが当てはまらない場合は、以下の手順をスキップして、次の方法に直接進んでください。

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、テキストボックス内に「devmgmt.msc」と入力し、 Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示された場合は、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. デバイスマネージャーにアクセスしたら、上部のリボンから[表示]をクリックし 、コンテキストメニューから[非表示のデバイスを表示]をクリックします。
  3. 次に、 [ネットワークアダプタ]タブを展開し、[ WANミニポート(PPTP)  ]を右クリックします。
  4. 次に、コンテキストメニューから[プロパティ]をクリックします。
  5. WANミニポート(PPTP)の[ドライバーの更新]画面が表示されたら、画面上部のメニューから[ドライバー]タブを選択します。
  6. [ドライバー]タブで、[ドライバーの更新]をクリックします。
  7. 次の画面で、[更新されたドライバーソフトウェアを自動的に検索する]をクリックし、新しいドライバーバージョンが見つかるかどうかを確認します。新しいドライバーバージョンが利用可能な場合は、画面の指示に従ってインストールを完了します。
  8. 手順が完了したら、コンピューターを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。
  9. それでも同じ問題が発生する場合は、手順1〜4をやり直しますが、代わりに[ドライバーのアンインストール]をクリックします。
  10. もう一度再起動して、WindowsUpdateにWanMiniport(PPTP) ドライバーを再インストールさせ、問題が解決したかどうかを確認します。

 

ネットワークが切断された後も組み込みVPNに再接続できないために問題が解決しない場合は、以下の次の方法に進んでください。

 

 

 

修正方法6:システムの復元を使用して正常な状態に戻す

 

問題が最近発生し始めたばかりの場合(VPN接続は正常に再接続するために使用されていました)、組み込みのWindowsVPNが再接続できなくなる原因となっている破損したファイルを処理している可能性があります。影響を受けたユーザーが、Windows Updateのインストール後に問題が発生し始めたと述べた、いくつかのレポートを特定することができました。

このシナリオが当てはまる場合は、WindowsUpdateの失敗がVPN機能を壊してしまったことを意味している可能性があります。原因を特定せずに問題を完全に解決できる場合、簡単な解決策は、システムの復元を使用して、すべてが正常に機能している状態にマシンを戻すことです。

ただし、このルートを使用すると、復元ポイントの作成後にインストールしたアプリケーションや更新が失われることに注意してください。システムの復元を使用して問題を修正する場合は、次のことを行う必要があります。

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  2. 次に、テキストボックス内に「rstrui」と入力し、 Enterキーを押してシステムの復元ツールを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示された場合は、ポップアップで[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
    [実行]ボックスからシステムの復元ウィザードを開く
  3. システムの復元の初期画面で、[次へ]をクリックします。
  4. 次の画面が表示されたら、[復元ポイントをさらに表示する]に関連付けられているチェックボックスをオンにすることから始めます。次に、問題が発生し始めたと思われる日付よりも古い復元ポイントを探し始めます。次に、もう一度[次へ]をクリックして、次のメニューに進みます
    [復元ポイントをさらに表示]ボックスを有効にして、[次へ]をクリックします
  5. ここまで到達すると、復元ポイントを適用する準備が整います。[完了]をクリックするだけで操作を開始できます。
  6. 数秒後、コンピュータが再起動し、古いシステム状態が適用されます。
  7. 次の起動シーケンスが完了したら、VPNから切断して、再接続を試みます。

 

システムの復元を実行した後も同じ問題が引き続き発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

 

 

修正方法7:Rasdial.exeを使用してバッチファイルを作成する

 

上記のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、 Rasdial.exeツールを使用してバッチファイルを作成することで問題を解決できる可能性があります。このスクリプトは、管理者特権のコマンドプロンプトから実行するとすぐに再起動することなく、VPN接続を再開します。

これがあなたがする必要があることです:

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、実行ダイアログを開きます。テキストボックス内に「メモ帳」と入力し、 Ctrl + Shift + Enterを押して、管理者権限でメモ帳を開きます。ユーザーアカウント制御(UAC)によってプロンプトが表示された場合は、 [はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. 空のメモ帳シート内に、次のスクリプトを貼り付けます。
    Rasdial.exe "MY VPN" "USERNAME" "PASSWORD"

    注:引用符は保持しますが、必ずMy VPNをVPN接続の名前に置き換え、2つのクレデンシャル値(ユーザー名とパスワード)を独自の値に置き換えてください。

  3. メモ帳ウィンドウの上部にあるリボンバーを使用して、[ファイル]>[名前を付けて保存]をクリックします。
  4. 次に、ファイルの場所を選択し、任意の名前を付けますが、拡張子を.txtから.batに変更してください。次に、[保存]をクリックしてVPN開始スクリプトを作成します。
  5. スクリプトが保存されたら、スクリプトを右クリックして[管理者として実行]を選択すると、再起動せずに組み込みVPNに自動的に再接続できます。

 

それでも同じ問題が発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

 

 

修正方法8:CMDを介したPPTPおよびL2TPWANMiniポートのリセット

 

一部の影響を受けたユーザーは、昇格したコマンドプロンプトからPPTPとL2TPの両方のミニポートをリセットし、コンピューターを再起動することで問題を解決できたと報告しています。

この手順により、Windowsの組み込みVPNで使用できるすべてのミニポートがリセットされます。この方法は、Windows10とWindows7の両方で、いくつかの異なるWindowsユーザーによって機能することが確認されています。

PPTPおよびL2TPWANミニポートをリセットするために必要な作業のクイックガイドは次のとおりです。

 

【設定の手順】

  1. Windowsキー+Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  2. 次に、「cmd」と入力し、 Ctrl + Shift + Enterを押して、昇格したコマンドプロンプトを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御プロンプト)が表示されたら
  3. [はい]をクリックして管理者アクセスを許可します。
  4. 管理者特権のコマンドプロンプトに入ったら、次のコマンドを順番に実行し、それぞれの後にEnterキーを押して、PPTPおよびL2TPWANミニポートの両方をリセットします。
    Netcfg -u MS_L2TP 
    Netcfg -u MS_PPTP 
    Netcfg -l%windir%\ inf \ netrast.inf -cp -i MS_PPTP 
    Netcfg -l%windir%\ inf \ netrast.inf -cp -i MS_L2TP
  5. 各コマンドが正常に処理されたら、コンピューターを再起動し、次の起動シーケンスが完了した後に問題が解決したかどうかを確認します。

 

 

それでも改善しない場合はNORDVPNがおすすめ!!

 

以上でも改善しない場合は思い切ってVPNの乗り換えを検討してみましょう!

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNを勧めます。

 

 

 

公式でTorrentが許可されている数少ないVPN

 

実はVPN接続時にtorrent利用を禁止しているVPN会社が多い!!

そんな中公式でTorrent特化のサービスなど展開しているNORDVPNはかなり貴重な存在でtorrent専用サーバーはダウンロードの高速化を手助けになります!!

 

↑torrent利用のために強化されたP2P専用サーバー

 

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

またtorrentダウンロード時に回線が重くなりがちですが、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることで[Torrentの通信はVPN経由][通常のネット回線はブラウジング]とすみわけすることが出来ネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

NORDVPNユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができず、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約460円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額570円 月額460円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫実質無料でNordVPNを体験したい方はこちら。

 

 

 

 

NORDVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

 

 

まとめ

 

今回は『Windows 10でVPNエラー806(GREブロック)の原因と対策方法』をまとめました。

要約すると、Windows 10コンピューターでVPNエラー807を修正するには、TCP経由でポート1723を開き、プロトコル47経由でポートGREを開くか、システムファイアウォールに例外を追加します。

マルウェア対策ツールでVPNアプリをホワイトリストに登録し、PPTPパススルーを許可するようにルーター設定を構成することもできます。

しかし、より便利な解決策は、プライベートインターネットアクセスのような信頼性の高いVPNサービスを利用することです

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが71%オフ

 

プラン年数 支払い金額 1ヶ月の料金(割引額) 特典
1ヶ月プラン 約1370円 月額1370円(0%割引) なし
1年プラン 約6840円 月額570円(58%割引) なし
2年プラン 約9120円 月額460円(72%割引) 「1か月」「1年間」「2年間」の期間が無料プレゼント

 

基本的に長期契約のほうが一か月あたりの利用金は安くなります!

さらに購入後30日以内であればどんな理由でも返金可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

⇒NordVPNの無料登録はこちらから!!!

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNの10周年割引で今だけ最大66%割引実施中!

2年契約が通常32000円の所66%オフの11000円
1年契約が通常16400円の所58%オフの6840円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!