外国・海外の最高設備【ゲーミングハウス】9選!!Eスポーツ選手やプロゲーマー、ゲームクリエイター向け

 

 

 

Esportsが成長するにつれて、これまで以上に競争が激しくなります、その場合勝つための練習や設備はかなり重要です。

オンラインで会話をしながらの練習は本当のトップに達する練習法として最近は廃れてきています。それに変わって一緒に住んでコミュニケーションを取りながらゲームの練習を行う【ゲーミングハウス】が海外ではかなり一般的になってきました。

より良い練習は一緒に暮らして、リラックスできる環境が最適!!

 

Eスポーツ先進国である海外での控えめなアパートから広大な邸宅まで、今までにeSportsで見た中で最高のゲームハウスを見てみましょう。

 

 

 

ゲーミングハウスとは?

 

 

そもそも、ゲーミングハウスとはどういった施設なのか?

 

ゲーミングハウスは、「ゲーマー向けのシェアハウス

  • ゲーム好き
  • プロゲーマーを目指す人
  • ゲームクリエイター
  • プロゲーマー

 

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=httpあs://affiliate-kousotu.com/archives/821)

 

などが集って練習をしたりしながら生活することで
チームワークの能力を向上させる利点があります。

ゲーミングハウスはゲーマー向けであるため、普通のシェアハウスとはこだわる部分が大きく異なり、基本的に様々なゲームをプレイできる環境が揃っています。

 

大型TVや据え置き型ゲーム機、1人1台のゲーミングPC

海外ではその他に練習の余暇としてテニスコートやプールなど設備が豊富です。

やはり海外のプレイヤーの収入は高いですね!!

 

日本との平均年収はかなり違うみたいです。

 

 

 

海外のゲーミングハウスは??

 

①カウンターロジックゲーム( Counter Logic Gaming)

Counter Logic Gamingは北米で最大の組織の1つで、各チームに別々の場所を持つのではなく、少し違うものを選びました。

CLG Complexには16人以上のプレイヤーが住んでいるので、プロのゲーマーとして生きるためのより良い場所を見つけるのは難しいでしょう。

 

 

②フナティク(Fnatic)

 

Fnaticのプレイヤーが快適に暮らしていることは驚くにあたらないはずです。ドイツのベルリンに位置する、伝説のチームの伝説的な連盟は素晴らしい建築と素晴らしい王にふさわしい景色を楽しんでいます。

 

③ゲーマーズ2(Gamers2)

 

創設者Carlos “Ocelote” Rodriguezの同様に刺激的な数字によって後押しされたeSportsの中でより物議を醸すチームの1つ、スペインの組織は印象的な住まいを明らかにしました。屋内プール、バスケットボールコート、そして天窓が豊富に揃った、Gamers2は素晴らしいチームを持っているだけでなく、彼らにも滞在するには絶好の場所があります。

 

④起源(Origen)

 

美しいテネリフェ島に位置するOrigenのスペインのヴィラは、裏庭から海岸線の素晴らしい景色を眺めることができます。引き込み式の屋根があるプール、敷地内のテニスコートを併設しています。オリゲンの家に住んでいるときに怠惰になるのは申し訳ありません。

 

 

 

⑤環境(EnVyUs)

 

EnVyUsは現在、Overwatchの王座を握っており、6月に8つのイベントのうち7つを勝ち取りました。2007年に結成された「ボーイズ・イン・ブルー」は、ほぼすべての主要タイトルにおいて数多くのチームを擁しています。フランスのニースにあるEnVyUsゲーミングハウスは、まさにそのロケーションの名前に溢れています。

 

⑥オプティックゲーム(opTic Gaming)

 

一緒に参加する最初のCall of DutyチームであるOptic Gamingは、 “The Green Wall”として知られる巨大なファン層を築きました。7つのベッドルーム、映画館、そして大規模な地下室が、オプティカルゲームの大邸宅を定義しています。

 

⑦チームDK(Team DK)

 

彼らが2014年の優勢な形をとっていることはかなり前からありませんでしたが、1つ確かなことがあります:チームDKは大規模に住んでいます。独自の劇場、会議室、プライベートジム、会議室があるため、DotAの元 “Galacticos”はそれほど遠くまで行く必要はありません。

 

 

 

 

⑧エドワードゲーム(Edward Gaming)

2014年のデビュー以来、中国のトップリーグ・オブ・レジェンズのチーム、エドワード・ゲーミングの「ハウス」はもっと複雑です。上海に位置し、受付デスク、ガラス張りの練習室、カフェテリアを完備したEDGハウスは、少なくとも収容可能と考えられます。

 

⑨Snake Esports

 

LPL 2015年春にデビューしたSnakeは、中国で最も優れた組織の1つであることを証明しました。現在LPLのランキングで3位に位置していますが、彼らの巨大なゲーム施設はEsportsの住まいのリストを超えています。建物の正面を壊すように見える彼らのロゴの巨大なバージョンによって強調されて、Snakeのプレーヤーは窮屈さからほど遠いです。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか??

海外のプレイヤーは賞金も高額なので豪華なゲーミングハウスに住めるのかもしれませんね!!

日本もそうなってほしいものです・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です