GoogleChromeで韓国のHTTPSインターネットブロックを検閲制限回避する方法

インターネット検閲はアジア太平洋地域で普及しており、いくつかの国では、居住者がインターネット上で何をしているのかを監視し、検閲リストにある特定のサイトへのアクセスをブロックしています。

韓国では、インターネット検閲が増加しています。何年にもわたって、韓国政府はインターネット検閲機能を強化してきました。最新のツールは、TLSクライアントHelloメッセージのサーバー名表示を監視することにより、検閲リスト上のHTTPSWebサイトをブロックします

今回は【最も人気のあるブラウザの1つであるGoogleChromeで韓国のHTTPSブロックを回避する方法方】を紹介します!!

 

 

韓国がSNI盗聴を使用してHTTPSトラフィックをブロックする方法 

 

2019年、韓国政府は、サーバー名表示(SNI)フィルタリングを使用してHTTP Webサイト(HTTPS)の安全なバージョンを検閲することを発表しました。

以前の方法(DNS)では検閲リストにあるサイトのHTTPSバージョンをブロックできなかったため、これはインターネット検閲機能拡張するための動きでした。 

韓国人と国際社会からの明らかな反発がありました。実際、韓国の市民は、HTTPSの検閲に反対する請願を開始し、約270000人の支持を集めました。それにもかかわらず、韓国政府は後退しませんでした。代わりに、SNIフィルタリングが必要な正当な理由として、ギャンブル、著作権侵害、ポルノが韓国のコミュニティにもたらす脅威を使用しました

政府は今日までSNIフィルタリングを使用し続けています。

 

検閲制限のページは??

 

現在、HTTP接続の場合、ISPがKCSCのブロックリストで有害と見なされるWebサイトの1つを検出すると、ユーザーは 最初に説明した警告ページにリダイレクトされます。一方、ウェブサイトが違法または有害であると評価された場合、コンテンツは完全に黒く塗りつぶされます。

一方、ブラウザがHTTPS経由で接続している場合、ISPがSNI認証パッケージのKCSCのブロックリストにあるWebサイトのいずれかを検出すると、そのWebサイトはブロックされ、「このサイトにアクセスできません」というエラーが表示されます。 。

 

 

韓国のHTTPSインターネットブロックを回避するにはVPN

 

VPNを使用すると、韓国政府のHTTPS封鎖を回避できます。

VPNはすべてのトラフィックを暗号化し、アクセスしようとしているWebサイトのドメイン名がトラフィックに表示されないようにします。ISPが接続しているサイトを知らない場合、それらのサイトへの接続をブロックすることはできません。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NORDVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

NORDVPNの無料登録方法はこちらから!!

 

NORDVPN」であれば現在期間限定で30日無料お試し可能なのでタダで利用できます!

 

以下に、韓国のSNIフィルタリングをバイパスするための最良のVPNの概要を示します。

 

 

GoogleChromeで韓国のHTTPSブロックを回避するのに最適なVPN

 

Google ChromeブラウザでVPNを使用する最良の方法は、VPNのChrome拡張機能/アドオンを使用することです。いくつかのプレミアムVPNサービスプロバイダーには、ダウンロード、インストール、使用できるChrome拡張機能があります。

使用できる最高のVPNのいくつかを見てみましょう。

 

ExpressVPN

 

特徴
  • サーバー数: 3,000台以上
  • 速度:無制限
  • サーバーの場所: 94か国で160
  • サポートされる最大デバイス: 5
  • 24ライブチャット:はい
  • 30日間の返金保証:はい

 

ExpressVPNの3000以上のサーバーは、韓国を含む94か国に分散しています。韓国に単一のサーバーロケーションがあります。そのサーバーは安全で高速であり、韓国政府が一部のWebサイトに配置したHTTPSブロックをバイパスできます。

サーバーインフラストラクチャに多額の投資を行うことで、ExpressVPNを信頼して、これらのWebサイトへの無制限のアクセスを提供できます。

ExpressVPNは、Google Chromeを含むいくつかのデバイスをサポートしており、クロスプラットフォーム互換です。Chromeブラウザ拡張機能はウェブサイトからダウンロードできます。ExpressVPNには、3つのサブスクリプションプラン、5つのデバイスの同時接続制限、および30日間の返金ポリシーがあります。これは、韓国でインターネット検閲を回避するための優れた選択肢です。

 

 

NordVPN

 

 

特徴
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

NordVPNは、59か国に5400台を超えるサーバーを備えた予算にやさしいVPNサービスプロバイダーです。韓国には10台以上のサーバーがあり、インターネットの自由を取り戻すための素晴らしいツールです。

帯域幅や速度の制限がないため、これは最速のVPNの1つです。通常、レートはISPによって異なりますが、NordVPNは速度調整を停止して、より高速な速度を提供できます。 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

ただNORDVPNはユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので万が一ハックされたとしてもそもそもの情報がないので警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

NORDVPNは運営歴8年とVPN会社としては老舗ですがこれといった問題はおこしていないので安心して利用できるのは魅力。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

NORDVPNでは契約期間30日なら100%保証の制度もあるので、まず試しに使ってみて使わなそうならやめることもできるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

ほんとにどんな理由でも返金対象になります!!

  • 全く使わなかったから
  • 特に理由はないけど解約したい
  • サービスに納得行かなかった。

など普通なら返金対象にならない理由でも即座に返金してくれます。

 

1ヶ月プラン6ヶ月プラン1年プラン2年プラン3年プラン
ExpressVPN$12.95(約1400円)$9.99(約1098円)$8.32(約915円)
NORDVPN 約1256円約517円約347円

 

また値段自体もNORDVPNは契約者が多いのでその分料金も安くでき平均的なVPN会社よりも5割ほど安いです。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約915円)なのに比べ、NORDVPNは$2.99(約347円)と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

NORDVPNのレビューはこちらから!!

↑実際に使用して感じたメリット・デメリットまとめ

 

 

 

VPNを使用してGoogleChromeで韓国のSNIフィルタリングをバイパスする方法

 

VPNサービスを使用して韓国のHTTPS封鎖を回避するためのステップバイステップのプロセスを見てみましょう。

 

【設定方法】

  1. Chrome拡張機能を備えたVPNサービスを選択します
  2.  Chromeウェブストアにアクセスして検索バーからVPNを検索するか、VPNサービスのウェブサイトにアクセスしてChromeのダウンロードリンクを探してクリックします。 
  3. 拡張機能をダウンロードしたら、資格情報を使用してログインし、場所/サーバーに接続します。 
  4. 拡張機能をナビゲートして、必要になる可能性のある他の設定を構成します。 

 

 

プロキシを使用してGoogleChromeでSNIフィルタリングをバイパスする方法

 

プロキシサーバーは、韓国でのインターネット検閲を回避するのにも役立ちます。それはあなたのデバイスとインターネットの間の仲介者として機能します。

プロキシサーバーに接続すると、Webトラフィックは、アクセスする予定のWebサイトに到達する前にプロキシを通過します。

多くの点で、プロキシはVPNサービスに似ており、デバイスとインターネットの間のゲートウェイとして機能できます。また、IPアドレスをマスクし、インターネット検閲を回避することができます。

Chromeブラウザでプロキシサーバーに接続する方法を段階的に見ていきましょう。

 

【設定方法】

  1. 1Chromeブラウザメニューを選択し、[設定]を選択します
  2. 2[詳細設定]の下の[システム]セクションに移動し、[コンピューターのプロキシ設定を開く]をクリックします。
  3. Chromeはコンピューターのプロキシ設定を使用するため、オペレーティングシステムによってはセットアップが異なる場合があります。使用するプロキシサーバーのIPアドレスとポート番号を知っている必要があることに注意してください。 

 

Chromeウェブストアを使用して、Chromeで使用するプロキシブラウザ拡張機能をダウンロードすることもできます。 

 

まとめ

 

今回は【最も人気のあるブラウザの1つであるGoogleChromeで韓国のHTTPSブロックを回避する方法方】を紹介でした!

他にご不明な点がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフ

さらに無料プランが当たるチャンスも実施されているそうです。期間限定で1ヶ月・1年・2年プランが無料で追加の可能性も・・・!

3ステップで簡単に設定可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

≫30日実質無料のNORDVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNのブラックフライデー割引で今だけ68%割引

2年契約が通常30000円の所68%オフの9000円
1年契約が通常15000円の所58%オフの6000円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!