【Excel】エクセル VBA編   一次元配列と二次元配列を貼り付け・検査・収納

 

 

Excel VBA マクロで二次元配列の使い方を紹介します。

二次元配列は配列が二階層になっています。一次元を列と考えると、二次元は表です。

動的配列を Redim するには条件があります。要素数を取得する方法も紹介します。

複数行複数列の表を、丸ごと二次元配列に格納することがあります。

 

 

配列とは

まず、配列について簡単に解説します。

配列とは、データをひとまとまりで使うための変数です。連続したデータを使って処理を組み込みたいときに使います。

たとえば、次のようにセルのデータを配列でまとめて扱うことができます。

 

2次元配列とは

 

二次元配列を使えば、複数行・複数列のデータを配列で扱うことができるのでおすすめです!

先ほどのサンプルにNo、部署を追加して、部署と名前を配列で格納するサンプルを用意しました。

セルのデータ:

 

 

一次元配列

一次元配列を作成するには、次の手順を実行します。

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

DIMフィルム(1  5)として 文字列

フィルム(1)= “主リングの” 
フィルム(2)= “スピード” 
フィルム(3)= “スター・ウォーズ” 
フィルム(4)= “ファーザー” 
フィルム(5) = “パルプフィクション” 

MsgBox映画(4)

シート上のコマンドボタンをクリックしたときの結果:

Excel VBAの1次元配列の要素

説明:最初のコード行で、Filmsという名前の文字列配列を宣言しています。配列は5つの要素で構成されています。次に、配列の各要素を初期化します。最後に、MsgBoxを使用して4番目の要素を表示します。

 

 

二次元配列

二次元配列を作成するには、次の手順を実行します。今回はシートから名前を読みます。

二次元アレイ

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

DIMフィルム(1  1,5  2)として 文字列
暗いとして 整数、J としては 整数

の場合、I = 1  5 
については J = 1  2 
        フィルム(I、J)=セル(i、j)は.Valueの
次に J 
のI 

メッセージボックスフィルム(4、2)

シート上のコマンドボタンをクリックしたときの結果:

Excel VBAの2次元配列の要素

説明:最初のコード行で、Filmsという名前の文字列配列を宣言しています。配列は2次元です。5行2列で構成されています。ヒント:行が最初に行き、次に列が行きます。Integer型の他の2つの変数は、配列の各要素を初期化するためにDouble Loopに使用されます。最後に、4行目と2列目の交点に要素を表示します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です