【Excel】エクセル 数式と関数挿入方や編集・コピーや優先順位設定法。

は、セルの値を計算するです。関数はあらかじめ定義された式で、すでにExcelで使用できます

Excel(エクセル)関数の基礎知識が身につく記事の一覧です。

SUM関数、AVERAGE関数、VLOOKUP関数……。Excelには、なんと465個もの関数が用意されており、それぞれを使い分けることで、さまざまな計算ができるようになっています。

しかし、実際に仕事でよく使う関数は、多くても数十種類くらいでしょう。Excel関数を実務で使うときには、たくさんの関数を知っていることよりも、関数を効率的に扱うための操作方法を知っていることのほうが重要です。具体的には、絶対参照と相対参照、数式のコピー、関数のネストなどで、それぞれの意味と操作手順を知っているかどうかが、Excel関数を使った業務効率を大きく左右します。

引数、演算子、論理式から、ネスト、相対参照と絶対参照、数式のコピー、配列数式まで、ひととおり知っておけば必ず役立つ知識をまとめました。

 

 

 

 

たとえば、以下のセルA3には、セルA2の値をセルA1の値に加算する式が含まれています。

Excelでの数式

たとえば、以下のセルA3には、範囲A1:A2の合計を計算するSUM関数が含まれています。

Excelでの機能

 

 

数式を入力

数式を入力するには、次の手順を実行します。

1.セルを選択します。

2.数式を入力することをExcelに知らせるには、等号(=)を入力します。

3.たとえば、式A1 + A2を入力します。

数式を入力

ヒント:A1とA2を入力する代わりに、セルA1とセルA2を選択するだけです。

4.セルA1の値を3に変更します。

再計算

ExcelはセルA3の値を自動的に再計算します。これはExcelの最も強力な機能の1つです!

 

 

数式を編集する

セルを選択すると、Excelは数式バーにセルの値または数式を表示します。

数式バー

1.数式を編集するには、数式バーをクリックして数式を変更します。

Excelで数式を編集する

2. Enterキーを押します。

編集された数式

 

 

オペレータの優先順位

Excelでは、計算が行われる既定の順序が使用されます。数式の一部がかっこ内にある場合、その部分が最初に計算されます。次に、乗算または除算の計算を実行します。これが完了すると、Excelは残りの数式を追加したり引いたりします。以下の例を参照してください。

オペレータの優先順位

まず、Excelは乗算(A1 * A2)を実行します。次に、ExcelはセルA3の値をこの結果に追加します。

もう一つの例、

括弧

まず、Excelはカッコ内の部分を計算します(A2 + A3)。次に、この結果にセルA1の値を乗算します。

 

 

 

数式のコピー/貼り付け

数式をコピーすると、数式がコピーされる新しいセルごとにセル参照が自動的に調整されます。これを理解するには、以下の手順を実行します。

1.以下の数式をセルA4に入力します。

数式の例をコピーする

2a。セルA4を選択し、右クリックし、[コピー]をクリックします(またはCtrl + cキーを押します)。

コピーをクリックします

…次に、セルB4を選択し、右クリックし、[貼り付けオプション]の下の[貼り付け]をクリックします(またはCTRL + vを押します)。

貼り付けをクリック

2b。数式をセルB4にドラッグすることもできます。セルA4を選択し、セルA4の右下隅をクリックしてセルB4にドラッグします。これはずっと簡単で、まったく同じ結果が得られます!

Excel式をドラッグする

結果。セルB4の数式は、列Bの値を参照します。

数式結果をコピーする

 

 

関数を挿入する

すべての関数は同じ構造をしています。たとえば、SUM(A1:A4)。この関数の名前はSUMです。角括弧(引数)の間の部分は、Excelに範囲A1:A4を入力することを意味します。この関数は、セルA1、A2、A3、およびA4に値を追加します。どの機能を使用するのか、各タスクにどの引数を使用するのかを覚えておくことは容易ではありません。幸いなことに、ExcelのInsert Function機能はこれを支援します。

関数を挿入するには、次の手順を実行します。

1.セルを選択します。

2.機能の挿入ボタンをクリックします。

関数を挿入する [関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。

3.関数を検索するか、カテゴリから関数を選択します。たとえば、統計カテゴリからCOUNTIFを選択します。

関数の挿入ダイアログボックス

4. [OK]をクリックします。

[関数引数]ダイアログボックスが表示されます。

5.範囲ボックスをクリックし、範囲A1:C2を選択します。

6. [条件]ボックスをクリックし、> 5と入力します。

7. [OK]をクリックします。

関数の引数ダイアログボックス

結果。COUNTIFの機能は、5より大きいセルの数をカウントします。

COUNTIF結果

注:関数の挿入機能を使用する代わりに、単純に= COUNTIF(A1:C2、 “> 5″)と入力します。到着時:= COUNTIF(A1:C2と入力するのではなく、単純にA1:C2の範囲を選択します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です