【Excel】エクセル セルの範囲選択や範囲移動を指定や日付・行、列を挿入するやり方!

 

 

セルや範囲を選択するショートカットキーを使えば、一瞬で列や行全体を選択したり、オブジェクトをすべて選択したりすることが可能です。

今までマウスで広範囲を頑張ってドラッグしていた方もキーボードを使ったショートカットを覚えて作業効率をアップしましょう!

 

 

セル、行、列

セル、行、列を選択して始めましょう。

1.セルC3を選択するには、列Cと行3の交点にあるボックスをクリックします。

セルを選択

2.列Cを選択するには、列Cヘッダーをクリックします。

Excelで列を選択する

3.行3を選択するには、行3ヘッダーをクリックします。

行を選択

 

 

範囲の例

範囲は2つ以上のセルの集合です。

1.範囲B2:C4を選択するには、セルB2をクリックしてセルC4にドラッグします。

Excelの範囲

2.個々のセルの範囲を選択するには、Ctrlキーを押しながら、範囲に含める各セルをクリックします。

個々のセルの範囲

 

 

 

範囲を埋める

範囲を埋めるには、以下の手順を実行します。

1a。セルB2に値2を入力します。

値を入力

1b。セルB2を選択し、セルB2の右下隅をクリックし、セルB8にドラッグします。

それを下にドラッグ

 

ドラッグダウン結果

このドラッグ技術は非常に重要なので、Excelで頻繁に使用します。別の例があります。

2a。セルB2に値2を入力し、セルB3に値4を入力します。

パターン

2b。セルB2とセルB3を選択し、この範囲の右下隅をクリックして下にドラッグします。

パターンが下にドラッグされた

Excelは最初の2つの値のパターンに基づいて自動的に範囲を塗りつぶします。それはかなりクールハァッです!?別の例があります。

3a。2016年6月13 日の日付をセルB2に入力し、2016年6月16日の日付をセルB3に入力します

日付パターン

3b。セルB2とセルB3を選択し、この範囲の右下隅をクリックして下にドラッグします。

ドラッグされた日付パターン

空は限界です!

 

 

 

 

範囲を移動する

範囲を移動するには、次の手順を実行します。

1.範囲を選択し、範囲の境界線をクリックします。

範囲を移動する

2.範囲を新しい場所にドラッグします。

移動結果

 

 

 

範囲のコピー/貼り付け

範囲をコピー&ペーストするには、次の手順を実行します。

1.範囲を選択し、右クリックし、[コピー](またはCTRL + cを押す)をクリックします。

範囲のコピー/貼り付け

2.範囲の最初のセルを表示するセルを選択し、右クリックして、[貼り付けオプション]の下にある[貼り付け]をクリックします(またはCTRL + vを押します)。

結果のコピー/貼り付け

 

 

行、列を挿入

下の値20と40の間に行を挿入するには、以下の手順を実行します。

1.行3を選択します。

行を挿入する

2.右クリックし、[挿入]をクリックします。

挿入をクリックします

結果:

挿入された行

新しい行の下の行は下にシフトされます。同様に、列を挿入することもできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です