TorブラウザVSネットワークVPNどちらがセキュリティに優れている??各メリット・デメリットまとめ

 

 

オンラインプライバシーは、インターネットサーフィンをしている人々の間でますます懸念されています。場合は調査2019年1月に、オンラインユーザーの53%は、彼らがより多くの彼らは去年だった今年よりも、自分のオンラインプライバシーを懸念したと述べました。

これらの懸念が高まる中、オンラインユーザーは、プロキシサイト、代替ブラウザ、プライベートネットワークなどのさまざまなソフトウェア方法に目を向けています。

最も人気のある【2つのオプションであるTorとVPNの長所と短所を比較するガイド】を作成しました。

 

Torとは何ですか?

 

「TheOnionRouter」の略であるTorは、オンラインプライバシーツールを研究および開発する非営利団体です。Torブラウザーは、Linux、Mac、Windows、およびモバイルデバイス用に誰でもダウンロードできるツールです。

Torブラウザーは、主にオンラインでIDを保護するために使用されます。それを使用するとき、あなたがすることはすべて彼らのネットワークを通り抜けて暗号化され、あなたのオンライン活動をプライベートに保ちます

 

Torのしくみ

 

Torブラウザーは、トラフィックを異なるTorサーバー間で移動することにより、オンラインでIDを偽装することができます。トラフィックがこれらの他のコンピューターサーバーを通過するとき、データは暗号化されるため、誰もあなたの動きを追跡できなくなります。

Torはタマネギの層に似たプライバシーの層を持っているので、その名前が付けられています。これらのサーバーを利用するTorユーザーが多いほど、トラフィックは隠されます。これらの保護層は、ミドルリレー、エンドリレー、およびブリッジの迷路によって作成されます。

 

 

ミドルリレーは、途中のトラフィックを処理するルーターであり、自宅の誰でも作成できます。エンドリレーはチェーンの最後のリレーであり、これは接続元のIPアドレスまたは数値IDです。

これらのホストは、違法行為が検出された場合、警察や著作権所有者による標的になりがちです。ブリッジは、公開されていないTorルーターであり、IPブロッカーによって保護されています。これらは、公開されているすべてのTorリレーを定期的にブロックしている国でも暗号化を可能にします。

 

 

Torの利点・メリットは??

 

 

使いやすい

 

Torブラウザーはこれまでに使用したほとんどのブラウザーに似ています。多くの人がアクセスでき、ユーザーフレンドリーで使いやすいです。

 

無料で使用可能

 

Torブラウザは無料でダウンロードして使用できます。より上級のユーザーは、オープンソースプロジェクトをダウンロードして、必要に応じてコーディングを変更することもできます。

 

プライバシーを保護する

 

Torは、アクセスしたWebサイトにIPアドレスを公開しないことにより、プライバシーを保護します。

ジャーナリストや政治的反逆者から平均的なジョーまで、誰でもこのプラットフォームを使用して、抑圧的な政府や大企業から情報を安全に保つことができます。

 

 

Torの悪い点・デメリット

 

通信速度が遅い

 

トラフィックは非常に多くのリレーを通過するため、コンテンツの遅延が発生することがよくあります。特に、写真やビデオの読み込みに問題があります。

リレーをホストしていないユーザーが多いほど、リレーは遅くなります。

 

アクセスできないWebサービスあり

 

多くの大規模なWebサービスはTorへのアクセスをブロックします。

訪問すると、これらのサイトは404のようなエラーメッセージを返します。他のサイトはアクセスを許可しますが、サイトに入るのに必要なCAPTCHASの迷路が含まれています。

 

法的な問題も・・・

 

Torブラウザは誰でも使用できます。

誰かが違法な活動に参加していて、あなたが出口リレーである場合、トラフィックはあなたに追跡されます。政府はTorユーザーにも非常に警戒しており、ユーザーを注意深く見守っています。

Torユーザーになるだけで犯罪者としてマークされ、すべてのアクティビティを監視されることも。

 

 

VPNとは何ですか?

 

VPN(Virtual Private Networkの略)はIPアドレスを変更し、インターネットトラフィックを暗号化できるソフトウェアです。

当初、VPNの大部分は企業で使用されていたため、ビジネスネットワークのすべての従業員が機密情報に個人的にアクセスできました。

今では、個人のオンラインアクティビティをハッカー、政府の検閲、およびインターネットに潜むその他の危険から保護するように進化しています。

 

 

VPNの仕組み

 

VPNには、世界中に配置されたサーバーのネットワークがあります。

インターネット要求が行われると、インターネットに到達する前にVPNサーバーの1つを通過します。この代替サーバーを通過すると、IPアドレスが変更されます。

これにより、IDが保護されるだけでなく、デバイスが別の場所にあるように見え、ローカルネットワークのリソースに安全にアクセスできるようになります。

 

たとえば、中国を訪問していてFacebookにアクセスしたい場合、そのサイトは中国政府によって禁止されているため、インターネット接続を介してアクセスすることはできません。ただし、Facebookが許可されている国のインターネットサーバーにデバイスを接続するVPNを使用すると、中国のサイトにアクセスできます。

 

VPNの利点・メリット

 

通信速度が早い

 

1台のサーバーにしか接続していないため、インターネット接続は以前と同じくらい高速です。通常、写真やビデオが読み込まれるまで追加の時間を待つ必要はありません。

 

すべてのインターネットコンテンツにアクセス可能

 

地理的な場所に関係なく、インターネットに完全にアクセスできます。あなたの国でサイトやサービスがブロックまたは変更された場合でも、他の国で他の人が見ているバージョンに接続できます。

 

IPアドレスの制御

 

VPNは、オンラインでの表示を保護します。デバイスは、デバイスの種類、場所、オンラインアクティビティを示すインターネットプロトコルアドレスまたはIPアドレスで識別されます。

IPアドレスを制御することで、他の人があなたを識別しにくくなります。

 

すべてのトラフィック/通信は暗号化されます

 

ブラウザの使用中にのみリクエストを暗号化するTorとは異なり、VPNはコンピュータからのすべてのトラフィックを暗号化できます。これにより、それらはより安全になります。

 

 

VPNの悪い点・デメリット

 

アプリ障害で動かないことも・・・

 

VPNが機能するには、VPNが正しく実行されている必要があります。ソフトウェアが適切にインストールおよびテストされていない場合通信速度は不安定になる場合も。

 

お金がかかる

 

一部のVPNには無料のオプションがありますが、より安全なバージョンには費用がかかります。通常、アクティビティを安全に保つために月額料金がかかります。

 

VPNプロバイダーが利用履歴を保持している

 

一部のVPN企業はサービスの使用中に履歴を記録します。

VPNのWebサイトでステートメントを探して、 VPNがあなたの永続的な識別子を収集、保存、または共有していないことを確認します。

 

 

まとめ Tor対VPN:どちらが良いですか?

 

TorとVPNはどちらもオンラインの匿名性を保護するために機能しますが、適切に使用すればVPNが最も安全な選択肢です。

Torはリクエストを暗号化する無料のブラウザですが、速度が遅く、すべてのサイトにアクセスできるわけではなく、法的な問題を引き起こす可能性があります。

一方、VPNは高速で、すべてのトラフィックを暗号化し、任意のインターネットサイトへのアクセスを提供し、目的の場所を制御できるようにします。

 

 

NORDVPNならデメリットを軽減可能!!



個人的に色々なVPNを試したんですがVPNならNordVPN一番!!

NordVPNが他のVPNと違うメリットを簡単にまとめたものがこちら!

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

特に【VPNプロバイダーが利用履歴を保持】をしないのが安全です。

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。ただNordVPNはユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので万が一ハックされたとしてもそもそもの情報がないので警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

NordVPNは運営歴8年とVPN会社としては老舗ですがこれといった問題はおこしていないので安心して利用できるのは魅力。

 

また一月あたり400円で利用可能

 

NordVPNは契約者が多いのでその分料金も安くでき平均的なVPN会社よりも3割ほど安いです。

プラン
料金
1ヶ月の料金
1ヶ月プラン約1200円  
1年プラン約6300円530円58%割引
2年プラン9500円397円68%割引

 

さらに【NordVPNは長期契約で圧倒的なコスパ】を発揮します!!

契約期間を長くすれば 月額400円程度の料金で無制限にVPNを利用でき通常VPN料金は月額1500円程度が多いので、料金の面で負担にならないのはでかい(笑)

 

 

また契約期間30日なら100%保証の制度もあるので、まず試しに使ってみて使わなそうならやめることもできるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

月額400円を渋って被害が出た方が出費が重なるので、不安のある方はVPNのお試しを利用してみてはいかが?

 

≫30日実質無料のNordVPNを一度体験したい方はこちらから。

 

 

 

速報
NordVPNが特価!2年プランが68%オフ! さらに無料プランが当たるチャンス!! 期間限定で2年プランを契約すると1ヶ月・1年・2年・3年プランのどれかが自動的に付属してきます!!
中国VPN情報
中国の利用に特化したスイカVPNが現在限定で2周間お試しサービス中。中国への旅行や留学予定の方は無料で使用感を確かめられます。