Google Chromeのシークレットモード機能時でもChrome拡張機能を使う/使用する方法・やり方

 

 

 

Google Chromeのブラウザ拡張機能は、最も強力な機能の1つです。

ブラウザでシークレットモードを使用すると、インストールされている拡張機能はデフォルトで無効になっています。これにより、インストールされている拡張機能から閲覧データにアクセスできなくなります。しかし、一部の拡張機能をGoogleChromeのシークレットモードで実行したい場合はどうでしょうか。

今回は【Google Chromeのシークレットモード機能時でもChrome拡張機能を使う/使用する方法・やり方】の紹介になります。

 

 

シークレットモードの機能は??

シークレットモードはシークレットウィンドウを閉じるとすぐにWebブラウザがこれまでに発生したセッションを忘れることです。閲覧履歴には何も保持されず、作成されたCookie(これらの小さなデータ)もありません。オンラインでのアクションの一部をログに記録する)は、すぐに消去されます。

Cookieは、たとえば何日も忘れてもAmazonショッピングカートに商品を保管するものであり、サイトが以前に商品にアクセスしたことがあるかどうかを覚えておくのにも役立ちます。そのため、通常は登録するだけで困ります。初めて到着したときのサイトのニュースレター。シークレットモードですべてのお気に入りのサイトにアクセスすると、認識されないことに気付くかもしれません。その後、ニュースレターや特別オファーのすべてに再度サインアップするように求められます。

 

この種の匿名性は、シークレットモードが得意とするところです。

良くも悪くも、白紙の状態からやり直すようなものです。TwitterまたはGmailをロードしてみてください。そうすれば、これらのサイトは通常のように自動的にログインしません。同じ理由で、シークレットモードは、ペイウォールサイトからより多くの無料記事にアクセスするための便利な方法である場合があります(

 

 

 

ブラウザは、シークレットモードのときに、どこにいたか、何を検索したか、またはWebフォームに入力した情報を記憶しません。これは、Chrome、Firefox、またはその他のブラウザのようです。再使用すると、シークレットモードを再度閉じるまで、背面が向きになります。

ブラウザが非常にパーソナライズされているので、アドレスバーまたは検索ボックスに入力すると頻繁にアクセスするWebサイトが表示されることをご存知でしょう。シークレットモードでアクセスまたは検索したものは、これらの提案には表示されません(以下で説明するように、いくつかの注意点があります)。一部のブラウザでは、シークレットモードで閉じたばかりのタブを再度開くという通常のトリックを実行できないことに気付くでしょう。ブラウザは、最初に開いたことをすでに忘れています。

シークレットモードには確かに用途があります。たとえば、サインインおよびサインアウトするのではなく、同時に複数のアカウントにサインインできます。また、健康上の問題など、今後閲覧や検索の履歴に表示したくないデリケートなトピックについて、いくつかのクイック検索を実行する必要がある場合にも役立ちます。

 

 

Chromeでシークレットモードで拡張機能を実行する

 

Googleシークレットモードで拡張機能を許可、有効化、実行するには、拡張機能の詳細ページを開く必要があります。

 

①ブラウザのウィンドウの右上部分にある3つの縦のドットで示されるメニューボタンを選択します。

 

②[その他のツール]> [拡張機能]を 選択する か、アドレスバーにchrome:// extensions /と入力して、Enterキーを押します。

③拡張機能ページが開きます。

④メニューバーにパズルのピースボタンが表示されない場合は、縦の省略記号ボタン(縦の3つのドット)をクリックして、メニューから[その他のツール]> [拡張機能]を選択します。

⑤[拡張機能]タブが表示されたら、シークレットモードで有効にする拡張機能の名前を見つけて、その横にある[詳細]ボタンをクリックします。

 

 

⑥拡張機能の詳細ページで、下にスクロールして[シークレットモードで許可]オプションを見つけます。

⑦横にあるスイッチをクリックしてオンにします。

⑧有効にする拡張機能を選択し、[詳細]をクリックします

⑨[シークレットモードで許可]オプションまで下にスクロールします

  • この拡張機能をシークレットモードで実行できるようにする場合は、オンに 切り替え ます。
  • シークレットモードでこの拡張機能の実行を停止する場合は、オフに切り替え ます。

 

⑩有効にすると、シークレットモードを開いても拡張機能が実行されます

 

警告:シークレットモードで有効にした拡張機能は、閲覧履歴やその他の個人情報を記録し、そのデータを第三者と共有する可能性があります。標準のブラウジングモードと同じように機能します。プライベートブラウジングへのアクセスを許可する前に、拡張機能を絶対に信頼していることを確認してください。

 

他の拡張機能でも同じことを行う必要がある場合は、戻るボタンを1回クリックしてから、各拡張機能の「詳細」ページにアクセスしてください。シークレットモードで使用する拡張機能ごとに「シークレットモードで許可」を有効にします。完了したら、「拡張機能」タブを閉じると、設定がすぐに有効になります。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は【Google Chromeのシークレットモード機能時でもChrome拡張機能を使う/使用する方法・やり方】の紹介になりました。

他にご不明な点がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です