Windows10対応のおすすめベストトレントクライアント一覧まとめ!!torrentはウィンドウズ10にも対応!!

 

 

 

トレントとは、さまざまな情報のメタデータを含むファイル。

共有ダウンロードでファイルが高速でダウンロードできるのが魅力ですが、ただお使いのウィンドウズ10でトレントファイルをダウンロードするために使用できるソフトはどれがいいのか??

 

今回は注意喚起の意味を込め【Windows10対応のおすすめベストトレントクライアント一覧まとめ】について紹介します!

 

※当サイトは違法行為を推奨するものではございません、利用責任について一切の責任を負いません

 

 

おすすめのWindows10対応のトレントクライアント

 

 

記事の本編に入る前にtorrentを安全に利用する知識を身に着けておきましょう!!

 

torrentはIPアドレスが丸見えの仕組みのため、ウィルスや通信傍受によるダウンロードファイルバレなどの危険性が高いのが難点です。できればセキュリティを高めるために接続の匿名性に優れたVPNを導入することを勧めます。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NORDVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

NORDVPNの無料登録方法はこちらから!!

 

NORDVPN」であれば現在期間限定で30日無料お試し可能なのでタダで利用できます!

 

 

では【おすすめのWindows10対応のトレントクライアント】を紹介していきます!!

 

 

qBittorrent

Tixati

Tixatiは、システムリソースを軽くすることを約束する、もう1つのクロスプラットフォームのBitTorrentクライアントであり、必要に応じてUSBドライブでスタンドアロンバージョンとポータブルバージョンを利用できます。このプログラムは、2009年に最初に公開されたKevin Hearnのプロジェクトです。それ以来、プログラムは何度も更新され、他のプラットフォームではあまり見られなかった機能やシステム機能が追加されています。デザイン的には、Tixatiが良さそうだと言ったら嘘をつくでしょう。アプリのデザインは、トレントクライアントによって設定された低い基準によってさえかなり醜いです。これは、美人コンテストで優勝することで正確に知られていないアプリケーションのカテゴリです。

それでも、アプリはサイズとリソースの両方で軽量になるようにプログラムされており、それを達成する以上のものであり、このリストでテストした最も効率的なアプリの1つです。Tixatiには、プライベート暗号化メッセージングを備えたチャットルームオプションなど、他のいくつかの機能も含まれています。これは、トレントプラットフォームの興味深いアイデアです。これらのチャネルは、ストリーミングオーディオおよびビデオメディアとともに、マグネットまたはURLリンクのリストを共有するために使用できます。最後に、独自のプラットフォームであるにもかかわらず、Tixatiはプログラムにスパイウェアやアドウェアを含まないことを約束しており、市場で最も信頼されている商用製品の1つとなっています。あなたが見つけることができる最もスリムなアプリケーション、特に複数のプラットフォームをサポートするアプリケーションを探しているなら、これはあなたのためのクライアントです。

 

 

 

BitTorrent

BitTorrentはオリジナルのトレントクライアントであり、もともとはBitTorrentプロトコルを使用したファイルのアップロードとダウンロードをサポートするために開発され、現在でもほとんどのトレントサイトで使用されています。15年以上前の2001年に最初にリリースされたBitTorrentは、クライアントとして漠然とした歴史を持っています。当初はWindows用に長年ダウンロードできる優れたトレントクライアントの1つと考えられていましたが、最終的にバージョン6.0のリリースにより、クライアントは事実上、市場で非常に人気のある商用トレントクライアントであるuTorrentのスキンを変更したバージョンになりました。そのため、BitTorrentはオープンソースとは見なされなくなり、ユーザーが選択できるいくつかの支払いオプションがここにあります。

無料のBitTorrentクライアントには、自動帯域幅管理と含まれる広告を備えた通常のダウンロード速度が含まれています。広告なしのサブスクリプションは年間4.95ドルで、アプリから広告を削除します。19.99ドルで、「ウイルスやマルウェアからの保護」を提供するプレミアムバージョンであるBitTorrent Pro、カスタマーサポートライン、トレントを即座にストリーミングする機能、ダウンロードをさまざまなファイル形式に変換する機能を利用できます。これらは興味深いアイデアですが、他のアプリでも無料で実行でき、年間会費$ 19.99の費用はかかりません。これらの機能以外では、BitTorrentはかなり標準的なトレントアプリケーションです。しっかりとしたデザインと素晴らしいカラーパレットを備えていますが、お金を払ったり、広告を我慢したりする価値はありません。

 

 

Vuze

VuzeはAzureusと呼ばれるトレントクライアントとして誕生しました。このプラットフォームでは、ユーザーが今日知っているトレントファイルにリンクされたデータ、ファイル、その他のコンテンツをダウンロードできるようになりましたが、Vuzeでは当初、ユーザーが両方のコンテンツを表示および共有することもできました。テレビ番組、映画、ゲーム、その他のさまざまなメディアなどのファイルを含むチャネルを通じて提示されるDVDおよびHD品質。2006年に、このプログラムはVuzeによってブランド名が変更され、急流のクライアントではなくソーシャルクライアントと見なされるように設計されました。BitTorrentやuTorrentと同様に、VuzeにはVuze +と呼ばれる無料とプレミアムの両方の階層があり、前払いで29.90ドル、年間で9.90ドルで利用できます。

無料版では、トレントバンドルへのアクセス、メディア再生、マグネットリンクのサポート、Vuzeのモバイルアプリを介したリモートコントロール、カスタマイズ用のプラグインライブラリへのアクセスが可能ですが、広告を削除し、ダウンロード中にメディアをストリーミングできるプレミアムバージョンです。 、組み込みのアンチウイルス保護などが含まれています。Vuzeは、Vuzeブランドのツールバーが含まれているため、アドウェアと見なされます。そのため、ソフトウェアには何年にもわたるトレントサポートの長い歴史があるかもしれませんが、Vuzeを避けて、 qBittorrentとDelugeによって提供されたもの。

 

BitComet

BitCometは、初期のはずにまでさかのぼるもう1つの古典的なアプリケーションであり、論争や批判もかなりの割合を占めています。このアプリは、今日の市場で入手可能な最も美しいまたは最もスリムなトレントクライアントではありませんが、リストにある他のいくつかのアプリからのステップアップです。このアプリには、ダウンロードを完了する前にコンテンツをプレビューできるように、各メディアファイルの最初と最後の部分をダウンロードするオプションなど、他のプラットフォームが提供していない機能がいくつかあります。WindowsプラットフォームにはInternetExplorerウィンドウが埋め込まれており、アプリ自体の中でトレントを直接検索できますが、マグネットURLの時代では、これは6〜7年前ほど便利な機能ではありません。

内蔵のビデオプレーヤーを使用すると、Flashビデオファイルを表示することもできます。プラットフォームとしてのBitCometについては、過去10年間にホストサイトFileHippoに関する法的な問題など、いくつかの論争がありましたが、全体として、BitCometは信頼できるサービスであり、インターフェイスが忙しいにもかかわらず、トレントやマグネットのURLからコンテンツをすばやくダウンロードするのに最適です。

 

BitLord

BitLordは、WindowsとMacOSの両方のプラットフォームで利用できる別の広告サポートされた独自のトレントクライアントを表しています。2003年に最初にリリースされたBitLordは、前述のBitCometから生まれたもので、アプリ内で動画を視聴するための組み込みVLCプレーヤー、opensubtitles.orgのAPIを使用した字幕サポートなど、他のプラットフォームでは見られなかった多くの機能が含まれています。組み込みのトレント検索エンジンに加えて、ダウンロードしているさまざまなトレントに関するコメントを読み書きするためのコメントシステムや、お気に入りのサイトをフォローできるトレントRSSリーダーなどの追加機能があります。おそらくここに含まれている最もクールな機能は、Airplayを使用して、ソースから直接コンテンツをダウンロードしながらAppleTVでトレントを視聴する機能です。

残念ながら、それはクローズドソースのステータスであり、広告が含まれているため、qBittorrentやDelugeなどのアプリをダウンロードすることは困難です。これらのアプリは、機能は少ないですが、オープンソースの状態で、広告は含まれていません。それでも、私たちはBitLordのファンです。これは、他の多くのアプリには見られないクールな機能を追加することを目的としているようです。トレントクライアントで少し違うものを探しているなら、これをチェックしてください。

 

uTorrent

uTorrentはかつて私たちの(そして他の多くの)リストのトップにありましたが、今では広告が多すぎるため、時間の経過とともに推奨するのが難しくなっています。このプログラムはもともと、軽量で使いやすいトレントクライアントとして開発されたもので、キャッチフレーズは「(非常に)小さなBitTorrentクライアント」です。クライアントは確かにまだ軽量ですが、Delugeのような他のオープンソースアプリケーションは、長年にわたって、uTorrentの市場のマインドシェアを侵食してきました。

2010年、uTorrentは、ホームページとデフォルトの検索エンジンを同意なしにコンジットにするとともに、ダウンロードユーティリティにコンジットエンジンツールバーを含め始めました。2011年、uTorrentは、代わりにBingツールバーの組み込みを開始し、その後、uTorrentPlusというタイトルのアプリケーションの有料バージョンを発表しました

他の多くの人にとって、uTorrentは、プログラムが「Epic Sc​​ale」というタイトルの別のアプリケーションをバンドルし始めたとき、2015年3月に使用できなくなりました。このアプリケーションは、コンピューターのバックグラウンドで「Litecoin」と呼ばれる暗号通貨をマイニングし、そのお金をBitTorrentに提供します。その後、このプログラムはソフトウェアにバンドルされなくなりましたが、uTorrentは、qBittorrent、Deluge、さらにはBitTorrentやVuzeなどの他の有料アプリに直面しても難しい推奨事項です。

 

 

危険!?torrentサイト利用に潜むリスクとは??

 

大容量のファイルを爆速でダウンロードできるtorrentですが利用する際には2種類のリスクがあることを把握しておいたほうが懸命です。

 

逮捕や賠償金のリスク

 

本質的に【トレントを利用したファイルダウンロード自体】は合法になります。

ただ著作権物に違反したファイルであれば、当然違法ダウンロードのカテゴリに分類されるので【逮捕や賠償金】の可能性が十分考えれます。

 

◆疑問くん◆
合法のコンテンツをダウンロードすれば問題ないんじゃない??

 

という疑問が出るかと思いますが【トレントはダウンロード完了までファイル確認ができない】仕様なので合法だと思っていたファイルに違法コンテンツが混じっていた

なんてことも十分考えられますし・・・・

 

◆疑問くん◆
一回だけダウンロードしたからと言ってバレたりするの??

 

という不安は現実的に有り得る話で【トレントはダウンロード時にIPアドレス(ネットの住所のような物)が丸見え】になる仕組みで警察が本気を出せば簡単に個人特定が可能なので一回誤ってダウンロードしても捕まる可能性はあると断言できます。

 

↑実際に違法ダウンロードで捕まった判例あり・・・

 

↑IPアドレスからダウンロードしたファイルも特定されちゃう??

 

 

ウイルス感染・ハッキングのリスク

 

またTorrentファイルの利用にはウイルスが混在している可能性があります!!

 

起こりうるトラブル
  • 情報流出
  • パソコン起動が遅くなる 
  • カメラ映像をハッキング
  • クレジットカードの不正利用

などのトラブルが起きる可能性があるので、対策を行ったほうがいいかもしれません・・・

 

セキュリティソフトを導入することはウイルス対策の基本です。

導入して損は有りませんがあくまで「ファイルに同梱したウィルス対策」のみの対応になるので、丸見えのIPアドレスを利用した【ハッキング・個人情報の乗っ取り】などは防ぐことができません。

 

 

torrent利用のリスクは【IPアドレス】が原因!!

 

上記で解説したリスクは両方とも【IPアドレスが強制的に誰にでも見れてしまう】仕様が原因です。

現実で例えると・・・

自分の住所を泥棒がたくさんいる場所で風潮して回った挙句、鍵開けっ放しですよってアピールしているのと変わらない

そんな不用心な家には泥棒が来ますよね・・・

 

◆疑問くん◆
ならクライアントソフト側でIPアドレスを隠せばいいじゃん!?

 

 

であれば簡単なんですが残念ながらどのソフトもできません。

上記のリスクを回避するためには現状IPアドレスを隠すことができる【VPN(仮想プライベートネットワーク)】が外部の攻撃から自分を守ることができる方法になります。

 

無対策だと被害者になることも・・・

 

自分は1年半前に間抜けですが何の対策もしておらず トレントを通じてセキュリティハックされ被害に遭いました。

 

当時の被害

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される
  • トラブルによる精神的な疲労
  • 登録サイトの情報の変更手続き
  • パソコンに保存していたデータ損失

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化しその他のトラブルも相まって精神的なダメージがあり正直参りました笑

 

Torrentファイルからウィルスに感染してハメ撮りがネットの海に放出とか何回もありましたね。ときどき漫画村?のスクショ上げてる人見かけるけど頭大丈夫かなと心配になる

— 春にゃ (@_ry3s) January 25, 2018

 

またパソコンウィルスに犯されてる。
画像ずれてたり、砂嵐見ないな画像になってたり。あーあ…絶対Torrentやん!考えられるのそれしかない。 pic.twitter.com/CdzqQYqcoz

— fumi (@fumayan) March 1, 2014

 

このような被害に遭った人は割と多いみたいで、

 

上記のツイートにあるようTorrentを利用すると誰にでもウイルス・ハックの危険性があるみたいですね・・・

 

 

解決策はIPアドレスを隠すVPN利用が最適

 

ただトレントはかなり便利なので利用はしたい。

でもまた被害にはあいたくないのでより強固なセキュリティ対策はないのか調べたところ【VPN】というネットワークサービスが最適なんじゃないかとたどり着きました。

VPNサービス】はIP アドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、プライベートな状態を保つことができるもの。

 

ハックのそもそもの原因だったIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

正直本当に効果があるのか半信半疑でしたが、思い切ってサービスを登録してから 1年半まったくウィルス・ハック被害に遭ってません。

 

もちろん月額料金は発生しますが

VPN利用時のメリット
  • パソコンが壊れるリスクがなくなる
  • 個人情報の流出阻止の強化
  • ネットフリックスなどで海外限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

などVPNを利用すれば保険+利点が多数ありますし、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができないため、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

↑違法をするつもりがないのに逮捕される場合も・・・

 

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

トレントダウンロードにはVPNを利用!


トレントはダウンロード速度も速く便利なファイルですがやはりP2P(ファイル共有サービス)の都合上セキュリティの面で不安がありますので、VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐことは正直必須。

個人的に色々なVPNを試したんですがtorrent利用ならNORDVPNが最強!!

他のVPNと違ってtorrentの利用に関して特化してるので、torrentを中心に考えているなら一番適しているVPNだと思います。

 

 

NORDVPNの利点は??

 

NORDVPNが他のVPNと違うメリットを簡単にまとめたものがこちら!

 

NORDVPNの利点
  • 公式でTorrentが許可されている
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

簡単に解説していきましょう!!!!

 

 

torrent特化の専用通信でダウンロード速度・安定性良し

 

 

NORDVPNはTorrent特化のサービスなどを展開しているのが特徴ですね。

そもそも公式でtorrentを許可している数少ないですし、通信規格をSocks5プロキシ対応に切りかることができるのでTorrentの通信はVPN経由 通常のネット回線はブラウジングとすみわけができるのでネット回線が重くなりにくく、負荷も軽減されます。

 

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNORDVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

ただNORDVPNはユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので万が一ハックされたとしてもそもそもの情報がないので警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

NORDVPNは運営歴8年とVPN会社としては老舗ですがこれといった問題はおこしていないので安心して利用できるのは魅力。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

NORDVPNでは契約期間30日なら100%保証の制度もあるので、まず試しに使ってみて使わなそうならやめることもできるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

ほんとにどんな理由でも返金対象になります!!

  • 全く使わなかったから
  • 特に理由はないけど解約したい
  • サービスに納得行かなかった。

など普通なら返金対象にならない理由でも即座に返金してくれます。

 

1ヶ月プラン6ヶ月プラン1年プラン2年プラン3年プラン
ExpressVPN$12.95(約1400円)$9.99(約1098円)$8.32(約915円)
NORDVPN 約1256円約517円約347円

 

また値段自体もNORDVPNは契約者が多いのでその分料金も安くでき平均的なVPN会社よりも5割ほど安いです。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約915円)なのに比べ、NORDVPNは$2.99(約347円)と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

 

 

NordVPNのデメリットは??

 

デメリットとしては日本人サポートがいないことです。

ただ問い合わせすることも正直あまりありませんし、問い合わせ内容はグーグル翻訳を使うことで解決するので若干手間がかかることは念頭に置いてください。

最悪使ってみて納得行かなければ【一ヶ月であればいつでも無条件返金】なので特に自分が損することなくお試しすることができます。普通月額のサブスクサービス(Netflixなど)は返金はしていないのでかなり太っ腹な対応なんじゃないかなと思いますね!!

 

NORDVPNのレビューはこちらから!!

↑実際に使用して感じたメリット・デメリットまとめ

 

 

まとめ

 

 

今回は【Windows10対応のおすすめベストトレントクライアント一覧まとめ】の紹介でした!

DelugeとqBittorrentはどちらも優れた無料のオープンソースの選択肢であり、リリースにスパイウェアやマルウェアは含まれていません。どちらにしても間違いはありません。

 

また先程ご紹介したNORDVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフ

さらに無料プランが当たるチャンスも実施されているそうです。期間限定で1ヶ月・1年・2年プランが無料で追加の可能性も・・・!

3ステップで簡単に設定可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

NordVPNセール情報

NORDVPNのブラックフライデー割引で今だけ68%割引

2年契約が通常30000円の所68%オフの9000円
1年契約が通常15000円の所58%オフの6000円

期間限定のセールなのでお早めに!!!!