『Googleクローム・IE10』 範囲選択コピペできないサイトを右クリック許可でテキスト貼り付け・コピーを可能にする方法。

 

 

コピーコンテンツ防止対策のため、Webサイトによっては範囲選択や右クリックを禁止しています。しかし、正当な用途で使いたい時、コピー禁止になっていると不便です。

ウェブ運営者は、著作権を守る為に右クリック操作が出来ない様に意図的に細工して、コピペや、画像の保存すらもできないようにしていますが、一般利用者にとっては不便極まりないですよね。

  • 他サイトの情報の一部の情報を「引用」して紹介したい
  • 記事を読んでいてわからないキーワードがあり、特定のキーワードをコピーして検索したい
  • 気になった部分をコピーしてローカルパソコンに自分用のメモとして保管しておきたい
  • 外国語で読めない書けない言語を翻訳したいとき

以上の場合どうしてもコピーしたい場合はOCRソフトなどを使って画像から文字起こしすることも出来ますがそこまでするのも面倒・・・・

やはり、マウスを使ってコピペできればそれに越したことはありません。

実は 大抵の場合、JavaScriptを制御しているのでブラウザの設定でこれをオフにすればコピーできるようになります。

コピー&ペーストができないサイトの情報をコピー&ペーストできるようにする設定方法を紹介します。

 

 

 

コピペ可能にする設定方。

それでは具体的な手順を解説します。

1.Googleクロームを開き、検索バーの「︙(3点リーダー)」➔「設定」をクリックします。

2.すると、Googleクロームの設定画面が開きます。その中の「詳細設定を表示」をクリック後、「コンテンツ設定」クリック

3.次に、「Javascript」をクリック。

4.avascriptの設定画面が開きます。ブラウザ全体のJavascriptのオン・オフの設特定のサイトの Javascriptブロックの設定

5.特定サイトのブロックする場合は、URLを記載し、「追加」ボタンをクリック。

6.これで、範囲選択や右クリックが禁止されていたサイトの情報をコピーできようになります。

 

 

コピペ可能にする設定方。IE10 の場合

 

インタネゾーンのセキュリティー設定

上図のようにインターネットオプションから、セキュリティー設定(レベルのカスタマイズ)の画面で、アクティブスクリプトを無効にすることで可能になります。OKの後、コピーしたいwebページを再読み込みすればコピペ可能になります。で、用事が済んだ後(必要であれば)は元に戻しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です