【Excel】エクセルMsgBox関数の使い方・入力 メッセージボックス改行など

MsgBox関数とは、メッセージボックスを表示するための関数です。

この関数の引数に指定したメッセージを、表示することができます

ワークシートにコマンドボタンを配置し、次のコード行を追加します。

次の簡単なメッセージサンプルコードのように、メッセージを指定することでメッセージボックスを表示することができます。

MsgBox「This is fun」

シート上のコマンドボタンをクリックしたときの結果:

Excel VBAでの単純なメッセージ
実行結果からメッセージボックスが表示されることを確認できます

もう少し高度なメッセージ。まず、セルA1に番号を入力します。

MsgBox “入力した値は”&Range( “A1″)です。

シート上のコマンドボタンをクリックしたときの結果:

もう少し高度なメッセージ

注:2つの文字列を連結(結合)するために&演算子を使用しました。Range( “A1″)。valueは文字列ではありませんが、ここでは機能します。

3.メッセージ内の新しい行を開始するには、vbNewLineを使用します。

MsgBox “Line 1″&vbNewLine& “Line 2”

シート上のコマンドボタンをクリックしたときの結果:

改行

タイトルの設定方法

メッセージボックスのタイトルを変更するためには、次のように引数Titleにタイトル名を指定します。

MsgBox関数はユーザーがどのボタンをクリックしたかを数値で返します。
選んだボタンによって処理を行うには、この戻り値を利用します。

「MsgBox関数の使い方(1)」では、引数をカッコで囲まずに利用してきましたが、関数の戻り値を利用するときは、引数をカッコで囲むのがVBAの基本ルールです。
次のコードは、ユーザーがクリックしたボタンの種類を表示します。
2つのMsgBox関数のカッコの有無に留意してください。

【戻り値に関する定数】

戻り値に関する定数の一覧表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です