Chrome・Firefox・Safariを「ダークモード」アドオン設定・やり方!windows10も対応可能で省電力!

 

 

最近話題のダークモード。
Macの最新OSでも採用する事が決定して一気に注目を浴びてますよね。
技術自体は昔からあるのですが、公の場に出るのはAppleが採用するからではないでしょうか。

ダークモードとはパソコンの画面って通常バックが白いじゃないですか。
それを黒にしてしまうモードの事を言います。

健常者は何の意味があるの?と思うかもしれませんが、人によってはパソコンの画面って眩しいのです。
それを軽減する為にダークモードが存在します。

あとダークモードの方が目に優しいというか疲れづらいです。

メニューや背景を黒やグレーを基調とした暗い色に変えることで、暗い場所でのブラウジングでの目の疲労を抑えたり、

可読性を高めたり、バッテリー消費を抑制したりできる「ダークモード」は、YouTubeなどさまざまなサービスで取り入れられています。

でもこのダークモードは結構取り扱いが難しい。
普通に反転するだけだと画像まで色が反転してしまってうーんとなってしまいます。

Appleは何とかしてくれるというかiPhoneではもうできますよね。
文字列のみ反転で画像はそのままにしてくれるモードってのがすでに採用されています。

これと同じことがchromeでもできたらいいのですが、私が使っている物を紹介します。

 

 

 

 

windows10をダークモードに設定する方法

まずwindows設定を開きます。
その中から個人用設定を選びます。

個人用設定を開いたら色を選びましょう。

下にスクロールしていくと「既定のアプリモードを選択します」という項目があるのと思うのでこれの黒を選びましょう。

すると以下のように設定画面の背景もダークモードになったと思います。

 

Google Chrome・Firefox・Safariの人気ブラウザに導入することで

簡単にブラウザをダークモードに切り替えられる拡張機能「Dark Reader」がリリースされています。

Dark Reader
https://darkreader.org/

 

 


◆Chrome拡張機能
まずは「Google Chrome」でDark Readerを使ってみます。Chromeで上記ページにアクセスして、「Chrome」アイコンをクリック。

ChromeウェブストアのDark Readerページが開くので、「Chromeに追加」をクリック。

ポップアップが現れるので、「拡張機能を追加」をクリック。

Dark Readerのヘルプページが表示され、ツールバーにDark Readerアイコンが表示されればインストールは完了。拡張機能をインストールした時点でダークモードはすでにONになっていました。


ひとえに「ダークモード」と言っても明るさや色調などユーザーの好みはバラバラなものなので、ユーザー自身でダークモードのテイストを細かく調整できるパラメータがかなり豊富なDark Readerは、ブラウザでダークモード機能を使いたいユーザーにはかなり便利な拡張機能になっていました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です