【Excel】エクセルのマクロ作成法![開発] タブを使用しコマンド入力

マクロを書き込むことによって、Excelでタスクを自動化することができます。この章では、コマンドボタンをクリックした後に実行される簡単なマクロを作成する方法を学びます。まず、開発者タブをオンにします。

開発者タブ

「開発者」タブをオンにするには、以下の手順を実行します。

1.リボン上の任意の場所を右クリックし、[リボンのカスタマイズ]をクリックします。

Excelでリボンをカスタマイズする

2.ダイアログボックスの右側にある[リボンのカスタマイズ]の下にある[必要に応じて]メインタブを選択します。

3. [開発者]チェックボックスをオンにします。

開発者タブをオンにする

4. OKをクリックします。

5. [表示]タブの横に[開発者]タブがあります。

開発者タブ

コマンドボタン

ワークシートにコマンドボタンを配置するには、次の手順を実行します。

1. 開発者タブで、挿入をクリックします。

2. ActiveXコントロールグループで、コマンドボタンをクリックします。

コマンドボタンコントロールを挿入する

3.ワークシートのコマンドボタンをドラッグします。

マクロを割り当てる

コマンドボタンにマクロ(1つ以上のコード行)を割り当てるには、次の手順を実行します。

1. CommandButton1を右クリックします(デザインモードが選択されていることを確認してください)。

2.コードの表示をクリックします。

コードを見る

Visual Basic Editorが表示されます。

3. Private Sub CommandButton1_Click()とEnd Subの間にカーソルを置きます。

4.以下に示すコード行を追加します。

ビジュアルベーシックエディタ

注:Sheet1、Sheet2、およびSheet3という名前の左側のウィンドウは、プロジェクトエクスプローラと呼ばれます。プロジェクトエクスプローラが表示されていない場合は、[表示]、[プロジェクトエクスプローラ]の順にクリックします。最初のシートのコードウィンドウを追加するために、Sheet1(Sheet1)をクリックします。

5. Visual Basic Editorを閉じます。

6.シートのコマンドボタンをクリックします(デザインモードが選択解除されていることを確認してください)。

結果:

Excelマクロ結果

おめでとうございます。Excelでマクロを作成しました。

ビジュアルベーシックエディタ

Visual Basic Editorを開くには、[ 開発者]タブの [Visual Basic ]をクリックします。

Visual Basic Editorを開く

Visual Basic Editorが表示されます。

ビジュアルベーシックエディタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です