【Excel】エクセルアドイン「ソルバー」使用法!最適値を求めたり、売上作成にも

 

Excelには後から簡単に追加できる「アドイン」という機能がいくつか用意されていす。
今回はそんなExcelの「アドイン」の中から“オペレーションズリサーチの技法を使用してあらゆる種類の意思決定問題に対する最適な解決策を見つけるソルバーというツールが含まれています。

“ソルバー”は、“最適化分析ツール”とも呼ばれ、仕事の様々なシーンで欠かすことのできない「計画」や「予算」策定の際にとても役に立つ機能です。

ソルバーアドインを読み込む

ソルバーアドインを読み込むには、次の手順を実行します。

1.ファイルタブで、オプションをクリックします。

2.アドインで、Solver Add-inを選択してGoボタンをクリックしてください。

ソルバーアドインをクリックします

3.ソルバーアドインをチェックして、OKをクリックします。

ソルバーアドインを確認する

4.ソルバーは、[データ]タブの[分析]グループにあります。

クリックソルバー

モデルを作成する

モデル我々がしようとしている解決は、 Excelで次のように見えます。

 

1.この線形計画モデルを定式化するには、次の3つの質問に答えてください。

a。下すべき決定は何ですか?この問題では、各製品(自転車、モペット、チャイルドシート)の注文数を調べるためにエクセルが必要です。

b。これらの決定に対する制約は何ですか?ここでの制約は、製品によって使用される資本とストレージの量が、利用可能な限られた量の資本とストレージ(リソース)を超えることができないということです。たとえば、各自転車は300単位の資本と0.5単位の保管を使用します。

c。これらの決定に対するパフォーマンスの全体的な尺度は何ですか?パフォーマンスの全体的な尺度は3つの製品の総利益です。したがって、目的はこの数量を最大化することです。

、理解するためにモデルを容易にするために、2 以下の範囲を。

範囲名 細胞
単位利益 C4:E4
OrderSize C12:E12
使用リソース G7:G8
利用可能なリソース I7:I8
利益総額 I12

 

3.以下の3つのSUMPRODUCT機能を挿入します。

Sumproduct関数

説明:使用資本金の額に等しいSUMPRODUCT E7とOrderSize:レンジC7のを。使用されるストレージの量は、C8:E8とOrderSizeの範囲の副産物に相当します。Total ProfitはUnitProfitとOrderSizeの副産物に相当します。

試行錯誤

この定式化により、任意のトライアルソリューションを分析することが容易になります。

たとえば、自転車20台、モペット40台、チャイルドシート100台を注文した場合、使用されるリソースの総量は、使用可能なリソースの量を超えることはありません。このソリューションの総利益は19000です。

トライアルソリューション

試行錯誤する必要はありません。次に、Excelソルバーを使用して最適なソリューションをすばやく見つける方法を説明します。

モデルを解く

最適な解決策を見つけるために、以下のステップを実行してください。

1. [データ]タブの[分析]グループで、[ ソルバー ]をクリックします。

クリックソルバー

ソルバーパラメータを入力します(読んでください)。結果は以下の図と一致するはずです。

ソルバーパラメータ

範囲名を入力するか、スプレッドシートのセルをクリックするかを選択できます。

2.目的にTotalProfitを入力します。

3.最大をクリックします。

4.変化する変数セルにOrderSizeと入力します。

5.追加をクリックして、次の制約を入力します。

拘束を追加

6. [制約なしの変数を非負にする]をオンにして、[シンプレックスLP]を選択します。

7.最後に、解決をクリックします。

結果:

ソルバー結果

最適な解決策:

最適なソリューション

結論:94台の自転車と54台のモペットを注文するのが最適です。このソリューションは最大で25600の利益をもたらします。このソリューションは利用可能なすべてのリソースを使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です