YouTube視聴の際の「読み込みエラー」や「エラーが発生しました」などの修正法や解決策のやり方!!

 

 

YouTubeは世界で2番目に大きい検索エンジン!!

そんなYouTubeには時々YouTubeにアクセスして動画を視聴していますが、エラーが起きて動画が進行しない場合もあります。多くのユーザーが、YouTube動画ページにアクセスすると動画の読み込みに失敗するという不満を言っています。

代わりに、「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください」というメッセージが表示されます。

今回はYouTube視聴の際の「読み込みエラー」や「エラーが発生しました」などの修正法や解決策のやり方を紹介します。

 

 

 

本社サーバーが落ちていないかまず確認する

 

始める前に、YouTubeサーバーがダウンしていないか確認することをお勧めします。

まれにしか発生しませんが、発生する場合があります。YouTubeがダウンしているかどうかを確認する明白な方法は、Twitterに向かい、ハッシュタグYouTubeを検索することです。あるいは、DownForEveryoneOrJustMeのようなサイトを使用できます。

 

エラーの修正のやり方!!

 

下から順に対策していってください。

 

 

更新・再読み込みをする

これは基本的すぎますが、YouTubeを含む多くのウェブサイトエラーを解決できます。

後でもう一度お試しください。

キーボードのF5ボタンを押してページを更新】し、ビデオが読み込まれるかどうかを確認します。

 

 

最小要件を確認

 

YouTubeは動画ホスティングサイトであるため、動画を読み込むには高速インターネットが必要です。

 


↑思い切ってWIFIを新調するのも手ですね・・・・

 

YouTube動画を視聴するには、最低500Kbpsのインターネット速度が必要であることをお勧めします。

ライブイベントには1Mbpsが必要です。

さらにHDビデオを見ている場合、この制限は少なくとも4Mbpsに増加します。

要件を満たしていることを確認してください。

 

 

 

ルーターを再起動

動的IP設定を変更するネットワーク設定が変更されている可能性があります。

ルーターを再起動して設定を変更します。これは、インターネット接続の速度低下に関連するすべての問題を解決する一番の方法として、私のISPから推奨されています。192.168.1.1のISPアドレスを開くか、ルーターを30秒以上オフにして、再度起動することができます。

 

 

キャッシュをクリアする

YouTubeが同じコンピューター上の他のブラウザーで動作している場合は、「キャッシュ」が原因である可能性があります。

 

①YouTubeページを再読み込みする前に、Shiftキーを押します。

ブラウザに保存されているキャッシュが消され、必要なファイルを再度ダウンロードするように強制します。これで問題が解決した場合は、キャッシュファイルに問題があることがわかります。使用しているブラウザに応じて、設定でキャッシュと一時ファイルをクリアする方法があります。

Google Chromeでハードリロード設定

①Ctrl + Shift + Jを押してWindowsでは「デベロッパーツールを開く」

②MacではCmd + Opt + Iを押し、更新アイコンを右クリックして[キャッシュとハードリロードを空にする]を選択します。

 

 

YouTube Androidの場合

 

①YouTubeアイコンを長押しするとキャッシュをクリアできます。

②小さなウィンドウがポップアップし、「i」アイコンをタップ

③アプリの設定ページを開き、「データをクリア」オプションをタップします。

 

これによりアプリがリセットされ、再度ログインが必要になる場合があります。

 

 

 

 

 

ヘッドフォンを使用する

 

 

 


問題は意外なところにある場合があります(笑)

Bluetoothではなく有線のヘッドフォンを接続すると、問題が発生する場合も・・・

 

3.5mmジャックのイヤホンまたはヘッドホンを使用してみるのもいいかもしれません!!

 

 

 

6.ハードウェアアクセラレーションを無効にする

 

ブラウザの機能である【ハードウェアアクセラレーション】は、YouTubeで問題を引き起こす可能性があります。

 

①Chromeを開き、[設定]に移動します。

②[設定]で、[詳細設定]をクリックし、さらにスクロールして[システム]見出しを見つけます。

③ここでハードウェアアクセラレーションを無効にできます。

 

Firefoxを使用している場合は、[オプション-パフォーマンス]にあります。

YouTubeページを再読み込みして、エラーが発生するかどうかを確認しましょう。

 

 

 

7.オーディオドライバーを更新する

 

オーディオドライバーが古いの可能性があります。

 

①コンピューターでデバイスマネージャーを開きます

②サウンドカードを選択して右クリックし、[ドライバーの更新]を選択します。

 

 

 

 

広告の問題

 

Googleが提供するほとんどすべての製品は無料ですがその見返りとして、彼らはあなたのデータを広告主と共有し、お金を稼ぎます。

AdblockやUblockなどの広告ブロッカーを使用している場合は、無効にしてみてください。

 

①YouTubeで、Googleアカウントの広告設定ページに移動

②ここで広告のカスタマイズをオフにします。

③その下にある[その他のオプション]をクリックし、そのオプションもオフにします。

 

今すぐそのYouTubeビデオをリロードしてみてください。

 

ビデオ品質を変更

 

高解像度でビデオを再生すると、エラーが発生する場合があります。

ChromeやFirefoxなどの最新のブラウザは、1080pの解像度で動画を再生できないことをご存知ですか(笑)

 

①視聴しようとしているビデオを開き、[設定]アイコンをクリック

②[品質]でビデオ解像度を720p未満に選択します。

 

ページを1回更新して、エラーなく視聴できるかどうかを確認します。

 

 

 

 

 

視聴の際に最適なアイテムは??

 

パソコンでミーティングを行いたい場合は下記がおすすめ!

 

スピーカー

 

 

 

かなり手ごろな価格で購入できるスピーカー

同じ値段で比べればかなりの高音質なので早急に揃えたいけど価格も抑えたい人におすすめ。

 

 

 

 

ウェブ会議ではネット接続の都合上聞こえずらい時がある。

こちらのスピーカーは聞こえにくい音も拾ってくれるので会議の際の快適さが向上する。

音楽などを聴く際にも重厚感が増すので余裕があればこちらで!

 

 

マイク

 

 

パソコンのノイズの影響を受けにくいUSBデジタルマイク

単一指向性マイクの採用で周囲のノイズの混入を抑えマイク入力を一時停止できるミュートスイッチ付きです。

 

 

 

 

 

ウェブカメラ

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

YouTubeのエラーにはさまざまな原因が考えられます。後で問題をもう一度お試しください。

上記の解決策の1つ以上でこの問題が解決され、もう一度見られるようになります。

エラーが再発する場合に備えて、エラーの原因をメモしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です