GoogleアシスタントのGoogle上に保存(録音)されている自分の『音声データ』を削除する方法と機能をオフにするやり方!!

 

 

 

(Googleアシスタント、Alexa、Siri)は、リマインダーを設定したり、単語の意味を調べたり、電気をつけたりするような退屈な作業をしてくれて、私たちの生活を楽にしてくれますが、それにはコストがかかります。あなたのオーディオコマンドは録音され、「処理」のために遠くのサーバーに送られます。

これは一部のユーザーにとってはプライバシーに関わる問題であり、Google、Amazon、Appleがアシスタントとの会話をサーバーから削除する方法を提供しているのはそのためです。

その方法を見てみましょう。

 

 

Googleアシスタントから音声録音を削除する

 

GoogleアシスタントやGoogle Homeとの会話は、Webブラウザや携帯電話のどちらからでも簡単に削除することができます。この記事では、モバイルでGoogleアシスタントとの会話を削除する方法を紹介しますが、手順はモバイルでも同じです。

 

①スマートフォンをつかみ、 WebブラウザにURL  myactivity.google.comを  入力します

②Googleアシスタントにリンクされているのと同じGoogleアカウントでログインする必要があります。ログイン後、   左上にあるハンバーガーメニューアイコンをタップして、オプションのリストを表示します。 [アクティビティ管理]  をタップして、新しいページを表示します。

 

 

 

 

③[Activity Controls]ページで、[Voice&Audio Activity]までスクロールします。

④[アクティビティの管理]ボタン  をタップして、設定ページを読み込みます。

ここでは、これまでにGoogleアシスタントに与えたすべての音声コマンドを削除できます。

 

⑤音声録音を削除するには、   下の画像に示すようにオプションボタンタップし、[アクティビティを削除]を  選択します

 

 

 

⑥日付でデータを削除するいくつかのオプションがあります。

⑦選択に応じて時間枠を選択するか、[   常時]タップして、Googleがサーバーに保存したすべての記録を消去できます。

⑧オプションを選択した後、「削除」をタップします。

 

 

現在、Googleは、レコーディングがエクスペリエンスを向上させる方法についてプロンプトを表示することでレコーディングを削除できるようになる前に、掘り出し物を提供しています。

 

⑨OKをタップすると、プロセスが元に戻せないことを示す別のプロンプトが表示されます。[削除]をタップして、サーバーから録音を完全に削除します。

 

 

機能自体をオフにする方法

 

すべての録音を削除したので、安心できるかもしれませんが、まだまだあります。Googleアシスタントは今後もアシスタントとの会話を記録するため、物事を非公開にしたい場合は、この機能をオフにする必要があります。

 

ありがたいことに、Googleでは録音機能を完全にオフにすることができます。

これにより、プライバシーに関する明確な立場が示されます。これを行うには、音声コントロールとアクティビティコントロールをオフにします。

 

 

 

① [  音声とアクティビティ]の下の[設定を変更]ボタンを  タップし、[ 音声とオーディオのアクティビティ]をオフに切り替えます

 

 

 

まとめ

 

以上、Googleアシスタントiとの音声会話を削除する方法でした。これらのサービスは、より自然な体験を提供するためにあなたの過去の会話を必要としていますが、それは必須ではないはずです。Googleアシスタント、Alexa、Siriとの会話を削除することができますが、録音を永久にオフにすることができるのはGoogleだけです。

アマゾンやアップルも追随して、録音を永久にオフにできるようにすべきでしょうか?

以下のコメントで教えてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です