Googleアシスタントのショートカットをホーム画面に追加できるアクセシビリティ機能アプリ【Action Blocks】の設定・使い方

 

 

 

Googleは先日、ホーム画面にGoogleアシスタントのショートカットを追加するのに役立つAction Blocksというアプリを発表しました。

これは、Googleアシスタントを使ってコマンドを実行するウィジェットをホーム画面に配置するだけの小さなアプリです。

例えば、

  • 自宅にタクシーを予約したり
  • 任意の曲を再生したり
  • 映画を見たり
  • ホームオートメーションなどをワンタップで制御

 

することができます。彼らは今、電話のシングルタップであなたに電話やメッセージをかけたり、家のライトをオンまたはオフにすることができますので、これは高齢者のためにさらに意味があります。

では、どのような仕組みになっているのか見てみましょう。

 

 

 

ホーム画面にGoogleアシスタントコマンドを追加する方法

 

①Playストアからアクションブロックアプリをダウンロードして開きます。

②下部にある[アクションブロックの作成]ボタンをクリックします。

一般的なアクションのいずれかを選択するか、独自のカスタムアクションを設定できます

 

 

 

 

③アクションが機能しているかどうかテストし、 [次へ]をクリックして続行。

④画像を選択し、このブロックに名前を付け、保存アクションブロックをタップします。

 

 

 

それでおしまい。ホーム画面に表示されたら、長押しして場所を変更したり、サイズを変更したりできます

そして、ブロックをタップするたびに、Googleアシスタントによるクイック検索が実行されます。

 

使い方

 

現在のところ、1回のタップで作成できるコマンドは1つだけですが、こ

の手法を使用すると、1つのブロックに対して一連のコマンドを設定できます。

①Googleアシスタントの設定を開き、[アシスタント]タブで[ルーティン]をタップ

②ルーティンを追加します。あなたが言うコマンドを設定

③アシスタントが行うべきことを追加し、保存をクリックすることができます。

 

 

 

④このコマンドを言うと、Googleアシスタントがすべてのアクションを実行します。

あなたは、アクションブロックアプリを開くことができます > アクションブロックを作成 > とカスタムアクションを作成を選択します。あとは設定したルーチンコマンドを配置して、「次へ」をクリックして処理を続行するだけです。そして、ブロックをタップするたびに、Googleアシスタントがルーティンのすべてのコマンドを実行してくれます。

 

 

 

 

まとめ

このアプリを使用すると、あなたの携帯電話でいくつかの迅速なルーチンをさらに高速化することができますが、それは認知障害を持つ人々や電話を理解することが困難な高齢者のためにさらに便利になります。あなたは何を考えていますか?私は以下のコメントで知ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です