ウェブカメラ利用して頭の動きを使いマウスカーソルを操作・制御する【Camera Mouse】の設定と方法!

 

 

Camera MouseはシンプルなWindowsアプリで、頭の動きを使ってマウスカーソルを動かすことができます。これを使用して、Webページをスクロールしたり、アプリケーションを開いたり、ゲームをプレイしたりできます。アプリはボストンカレッジで脳性麻痺、脊髄性筋萎縮症などの手の動きを妨げる障害を持つ人々のために開発されました。アプリは無料で使用でき、周辺機器は必要ありません。どのWindows OSでも簡単に機能します。

ジャンプする前に、スクロール速度と正確さはウェブカメラのビデオ品質に依存することを頭に入れておきます。

したがって、貧弱なウェブカメラは、スクロールと精度の低下につながる可能性があります。

 

 

 

設定・導入のやり方

 

①まず、ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

②インストール後、「顔の特徴」を調整するように求められますこれは、すべての追跡動作のフックになります。ここで簡単なヒントを紹介します。中点を見つけてマウスを操作する簡単な方法なので、追跡する顔の特徴として鼻の先端またはあごを主に使用します。

③完了したら、頭を動かして、プレビューでマウスの動きを確認できます。このトラッカーはいつでも変更できます。

 

 

 

トラッキングポイントを設定すると、ソフトウェアはそれを使用してポインターを移動します。

それとは別に、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために使用できる「滞留時間」のような他のいくつかの設定があります。

 

 

 

ここで、「滞留時間」の正確な意味は、マウスの左クリックです。これは選択の目的で機能します。私の意見では、Camera Mouseアプリをインストールしたらすぐに有効にすることが最も重要な機能です。これを行うには、「設定」メニューに移動し、「クリック」タブからクリックオプションを確認します。私の場合、「通常の半径」を使用して滞留時間を1秒」に保ちました(精度を高めるため)。

ムーブメントポインターを開始するためのホットキー、ダブルタップ、ポインターの感度の設定など、その他の機能は、ユーザーが微調整できる一部の設定です。

 

 

ソフトウェアで他のアプリケーションを実行できますか?

 

いいえ!

しかし、マウスを使いたいという衝動を乗り越えることができるのであれば、キーボードやマウスに依存する必要のないCopterやAliens & Paintのようなアプリケーションをいくつかご紹介します。もっと本格的に使いたい、タイピングの練習をしたいという方は、Free Virtual Keyboardなどのアプリをダウンロードすると、画面上のキーボードを指差しするだけでタイピングができるようになります。私もWindowsの内蔵オンスクリーンキーボードで試してみましたが、全く効果はありませんでした。

 

Look to Learnのように、集中した視線を使って選択するスキルを高めるために特別に設計された

ゲームを構築することに焦点を当てるために、それがそれらを公開するようにそれは、子供のためにも良いです。

 

 

制限事項

 

  • テーブルトップのような無地のプラットフォームに置かれるまで流暢に機能しません
  • 完全な精度と小さなターゲットには実用的ではありません
  • 他のアプリがカメラにアクセスするとブラックアウトします
  • 光の変化を適切に処理できない
  • マウスの代替品ではありません

 

 

 

お勧めのアイテム

 

行いたい場合は下記がおすすめ!

 

スピーカー

 

 

 

かなり手ごろな価格で購入できるスピーカー

同じ値段で比べればかなりの高音質なので早急に揃えたいけど価格も抑えたい人におすすめ。

 

 

 

 

ウェブ会議ではネット接続の都合上聞こえずらい時がある。

こちらのスピーカーは聞こえにくい音も拾ってくれるので会議の際の快適さが向上する。

音楽などを聴く際にも重厚感が増すので余裕があればこちらで!

 

 

マイク

 

 

パソコンのノイズの影響を受けにくいUSBデジタルマイク

単一指向性マイクの採用で周囲のノイズの混入を抑えマイク入力を一時停止できるミュートスイッチ付きです。

 

 

 

 

 

ウェブカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

これはマウスの代わりにはなりませんが、私のように長時間パソコンでウェブページを見たり、調べ物をしたり、さらには文章を書いたりするような人にとっては、マウスに加えて素晴らしいものになるでしょう。だから、私はいつでもマウスをつかむことができますが、WordPressで作業をしていて、すべての指がキーボードで占められているときには、タイピング中に指を持ち上げなくても、スクロールしたり、タブを切り替えたりすることができる優れた方法なのです。

この方法が便利だと感じた方、またはマウスの代わりに他の方法を使っている方は、下のコメント欄で教えてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です