セキュリティで不安なZOOMの代わりとなるビデオ会議に最適な【オンライン会話ツール】の代替品アプリのメリット・デメリット??SKYPE・Google Meet・Facebookメッセンジャールーム

 

 

Zoomは、このロックダウンで最も人気のあるビデオ会議アプリとなりました。

しかし、たセキュリティの抜け穴とデータの不正管理の面で多くの国が社内会議での使用を禁止しなければならなかった。

 

↑個人で対策も可能です!!

 

オンライン会話ツールは盛り上がりを見せておりGoogleがプレミアムビデオ会議サービスを無料化したりFacebookが独自のウェブ会議システム「Messenger Rooms for creator」を発表しこれらの発表を受けて、私たちはいよいよ本当の意味でのズームの選択肢に目を向けるようになりました。ここではそのすべてを紹介しよう。

 

今回は【セキュリティで不安なZOOMの代わりとなるビデオ会議に最適な【オンライン会話ツール】の代替品アプリのメリット・デメリット??SKYPE・Google Meet・Facebookメッセンジャールーム】について!

 

 

 

 

ZOOMの人気の理由

 

代替案を始める前に、Zoomの人気につながった主なものは3つあります。

 

  • 容易さ –約100人と無料で会議を開催できる簡単さ。
  • スケーラビリティ –ズームを使用すると、100人で会議を主催できるだけでなく、それを実行している間も見栄えがよくなりました。ロックダウン時に、100人との会議を無料でホストできるアプリはいくつありますか?
  • モデレーション – Zoombombingは大きな問題でしたが、Zoomには十分な会議の役割とモデレーションがあると感じました。

 

したがって、理想的なズームの代替案を検討しているとき

Discord、Riot IM、およびMicrosoftチームはこのリストに含めませんでした。最初のものに行きましょう。

 

 

ほかの会話ツール比較!!

 

1. Google Meet

参加者制限: 100人

テレビ会議バトルに参入したのはGoogle。2020年5月8日、Googleアカウントを持っていれば誰でも利用できるようになった。2020年9月30日までは、会議の時間制限や何かしらの制限はありませんでした。それ以降は、ビデオ通話には60分という時間制限が設けられます。

Zoomに比べて、Google MeetはシンプルなUIを持っています。ウェブページには2つのボタンしかない。1つは会議を開始するためのボタンで、もう1つは会議に参加するためのボタンです。Zoomとは異なり、会議に参加したりホストしたりするにはGoogleアカウントが必要です。デフォルトでは、ホストは全員が会議に参加することを許可する必要があります。これとは別に、他の参加者のミュートを解除したり、他の参加者を会議から外すこともできます。

Google Meetは、Zoomの手軽さと拡張性に比べれば、理想的な選択肢です。ただし、会議の録音機能はありません。これはGSuiteユーザーのみが利用可能です。さらに、ホワイトボード、待合室、休憩室などの機能が内蔵されていません。

 

 

メリット

  • 最大100人の参加者が無料で会議を主催できる
  • 現在、2020年9月30日まで、会議の時間制限はありません。

 

デメリット

  • 基本的なGmailユーザーの会議を記録するオプションはありません
  • 小会議室、待合室などはありません
  • コラボレーション用のネイティブホワイトボードはありません

 

Google Meetにアクセス

 

 

2. Facebookメッセンジャールーム

 

参加人数制限: 50名

 

次にご紹介するのは、最近発売されたFacebookの「Messenger rooms」です。現在のところ、すべてのMessengerユーザーには適用されていませんが、幸運にも早期にアクセスすることができました。メッセンジャールームズは、今のところ50ユーザーがFacebookのビデオ会議に参加することができます。Googleミートとは異なり, あなたはビデオ会議に参加するためにFacebookのアカウントを持っている必要はありません.

メッセンジャーアプリでは、プロフィールのすぐ下に「Create a Room」というリンクがあります。これを使えば、FacebookアカウントがなくてもWebブラウザからでも他の人が参加できるテレビ会議が瞬時に作成されます。しばらく使ってみましたが、ビデオの品質は良好です。

さて、モデレーションについてですが、相手がFbアカウントを持っていないと会議に参加できないかどうかを選択できるようになっています。全体的に見て、Roomsはほとんどの人がFacebookのアカウントを持っている良いZoomの代替手段だと思います。そして、将来的にはInstagram、WhatsApp、Portalとの統合を計画しています。しかし、あなたはFBの場合には知っている、問題は外ではなく、アプリ自体の中にあるかもしれません。しかし、サービスに公平な時間を与えて、物事がどのようにロールアウトするかを見てみましょう。

 

 

 

メリット

  • 最大50人の参加者によるビデオ会議
  • 参加者はFBアカウントまたはメッセンジャーアプリを持っている必要はありません
  • ビデオチャット中のFb MessengerのAR絵文字

 

デメリット

  • 実際のモデレートツールやコラボレーションツールはありません

 

Facebook Messengerをダウンロード

 

 

 

3. Jitsi Meet

参加者制限: 75人

 

FacebookもGoogleも過去にプライバシー問題を抱えているので、オープンソースのものを探しているのであれば、Jitsi Meetがお勧めです。Jitsi MeetはZoomやBigBlueButtonと呼ばれるオープンソースのビデオ会議アプリに似ています。しかし、他のオープンソースのテレビ会議アプリよりもJitsi Meetを選ぶ3つの重要な理由があります。

  • Jitsi Meetには専用のモバイルアプリがあります
  • ズームと同様に、Jitsi Meetは非常に使いやすく、ほとんどオンボーディングを必要としません。
  • Jitsi Meet内からYouTubeで直接ライブストリーミングできます

 

これとは別に、Jitsi Meetは最大75人までのテレビ会議に対応しており、会議に時間制限はありません。Jitsi Meetの唯一の問題点は、モデレーションが全くないことです。ホストも参加者もいません。つまり、誰でも会議から追い出したり、ミュートしたりすることができます。私たちのテストでは、ビデオの品質は前の2つのアプリやZoomほどではありませんでした。しかし、開発は現在活発に行われており、彼らのブログで詳細を読むことができます。

 

 

 

 

メリット

  • 最大75人の参加者と無制限の会議を開催できます
  • 会議を記録して画面を共有するオプション
  • アプリ内からYouTubeライブストリームを保持する機能
  • 他のオープンソースの代替品とは異なり、専用のAndroidおよびiOSアプリ

 

デメリット

  • 会議ではモデレーションは一切ありません
  • テストによると、ビデオ品質はわずかに平均です

 

訪問Jitsiミート

 

 

4. Skype

参加人数制限: 49名

 

Skypeは最近ではZoomの代替品として考えられていませんでした。主に、Skype以外の人たちのビデオ会議を作るのが大変だったからです。さらに付け加えると、MicrosoftはMicrosoft Teamsを追求するためにSkypeを放棄した。しかし、最近まではSkype Meetを導入していました。これはシンプルなウェブアプリで、会議を主催するにも、会議に参加するにもサインアップは必要ありません。

Skype MeetはSkypeアプリにも統合されており、ホームページに「今すぐ会う」ボタンが表示されます。これとは別に、Zoomで有料のグループ投票も利用できます。さらに、Skypeでは誰でも会議を録音することができ、その録音は通話の最後に共有されます。 ホストや責任の委譲はありません。人のミュートを解除することもできますし、それだけです。

 

 

メリット

  • Skype IDなしで会議を主催および参加するオプション
  • 49名まで
  • 会議のクラウド記録を許可します
  • ファイル共有、画面共有、グループ投票などのその他の機能

 

デメリット

  • 会議のモデレートなし
  • 待っていません

 

Skype アクセス

 

 

 

5. Cisco Webex

参加者制限: 100人

 

ズームの最後の選択肢は、Cisco Webexです。これは、在宅で働く人々を支援するために無料で行くための最初のアプリの一つでした。そのため、無料版で得られる特典は以下の通りです。

 

  • 何よりも、100人の参加者との会議をスケジュールすることができ、会議は必要な間継続することができます
  • WebExにより、画面の共有とローカルでの会議の記録が可能

 

Zoom と同様に、Cisco WebEx にも個人用の会議室があります。万が一、不特定多数の人と会議をする場合は、個人の会議 ID を使わないようにしましょう。パスワードもありません。デフォルトでランダムなパスワードが設定されている会議をスケジューリングした方が良いでしょう。

Zoom とは異なり、WebEx には待合室がありません。そのため、リンクをクリックすると、会議室に直接リダイレクトされます。ただし、デフォルトでは、10 分後に会議室がロックされます。そのため、会議がロックされたら、全員に個別に会議室への入室を許可する必要があります。

 

 

メリット

  • 100人とのミーティングを主催する能力
  • グループの投票とローカルでの会議の記録
  • 主催者を委任して会議を退会するオプション

 

 

デメリット

  • パーソナル会議室にはデフォルトでパスワードがありません
  • 会議の待合室を有効にするオプションはありません
  • Linuxアプリなし
  • Webアプリでは、会議やグループの投票の記録は許可されていません

 

Cisco WebEx

 

 

ウェブ通信のセキュリティ問題

 

パソコンアプリの使用でよく出るセキュリティ問題。

自分は「いやいやそんな被害とか合うことなんてないだろ」って思ってました。

 

しかし1年半前に間抜けですが何の対策もしておらずセキュリティハックされ

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される

 

というダブル被害に遭いました・・・・(笑)

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、

パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化したのですよ。

 

 

ソフトの惰弱性が問題だったみたい・・・

ただ最低限ネットワークウィルス保護ソフトは使用していたのに
なぜハックされたのか調べてみたらハックの仕組みに問題があると判明。

もちろんウィルスには効果があったんですが、ソフトの惰弱性(弱点みたいなもの)を突かれるとセキュリティを突破される可能性があるらしい。

 

要は現実で例えると

窓の戸締りは完ぺきだけどドアのカギは全く締めていない状態だった用///

 

なのでセキュリティソフトが意味をなしていなかった状態だったとのこと。

 

 

解決策はIPアドレスを隠すVPN利用が最適

 

ただウェブミーティングソフトはかなり便利なので利用はしたい。

でもまた被害にはあいたくないのでより強固なセキュリティ対策はないのか

調べたところ【VPN】というネットワークサービスが最適なんじゃないかとたどり着きました。

 

VPNサービス】は

IP アドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、プライベートな状態を保つことができるもの。

 

ハックの際に必須のIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

正直本当に効果があるのか半信半疑でしたが、思い切ってサービスを登録してから 1年半まったくウィルス・ハック被害に遭ってません。

 

もちろん月額料金は発生しますが

  • パソコンが壊れるリスクがなくなる
  • 個人情報の流出阻止の強化
  • ネットフリックスなどで海外限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる

 

【ウェブ会議サービスを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

会議ソフトセキュリティにはVPNを利用!



VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐこともおすすめします。

またVPNを使用すれば匿名になるので
もし万が一悪意のあるファイルをダウンロードした際も安心!!

インターネット上には数多くのVPNサービスが
その中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。

 

 

 

NordVPNがおすすめな理由

 

簡単にまとめると、NordVPN最適な利湯は以下の通りとなります。

  • 料金がほかのVPNサービスと比べて安い
  • ログが保持されていない
  • 日本から高速な通信が可能
  • Socks5プロトコルが利用可能
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • 匿名性がある

 

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

さらにNordVPNについて知りたい方は以下の記事でNordVPN最適な理由を紹介していますので、ご覧ください。

 

 

 

 

 

ZOOMでおすすめの必需品

 

パソコンでZoomミーティングを行いたい場合は下記がおすすめ!

 

スピーカー

 

 

 

かなり手ごろな価格で購入できるスピーカー

同じ値段で比べればかなりの高音質なので早急に揃えたいけど価格も抑えたい人におすすめ。

 

 

 

 

ウェブ会議ではネット接続の都合上聞こえずらい時がある。

こちらのスピーカーは聞こえにくい音も拾ってくれるので会議の際の快適さが向上する。

音楽などを聴く際にも重厚感が増すので余裕があればこちらで!

 

 

マイク

 

 

パソコンのノイズの影響を受けにくいUSBデジタルマイク

単一指向性マイクの採用で周囲のノイズの混入を抑えマイク入力を一時停止できるミュートスイッチ付きです。

 

 

 

 

 

ウェブカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

ZOOM関連記事

 

ZOOMの各種設定や便利な機能を紹介しております。こちらから参考に!!!!

 

↑同僚や友達をグループミーティングにZOOM招待方法!

 

↑「挙手」「手を挙げる」機能を方法・設定!ショートカットを利用

 

↑画面をZOOMで共有する方法・設定!iPhone・androidも! 注釈

 

↑会議・ミーティング予定をGoogleカレンダーとZoomで連携させ管理する方法/やり方!

 

↑Zoomの子会議室・ブレイクアウトルーム・小部屋の作成/事前割り当て/使い方!

 

↑Zoomの仮想背景(バーチャル背景画像)を使用する際のパソコン・IOS・androidの要求/推奨スペックは?

 

↑Zoomでの会議・ミーティング中にビデオやマイクをミュート・オフ・停止・解除する設定/やり方!

 

↑化粧いらずの外見を補正可能な(美肌機能モード・)のやり方!補正後の顔の変化は?? 

 

↑最適なホワイトボードの書き方・使い方の設定と選択・編集・画像貼り付けのやり方

 

 

↑【Zoom飲み会】に最適なオンラインマルチゲームや遊びおすすめ12線!

 

↑自動録音するための設定と解除法!録画が保存されている場所の確認法

 

 

↑入場制限・待機室・待合室の作成設定する方法とルームを削除するやり方!!

 

 

↑バックグラウンドノイズ・異音・雑音を削除/改善できるアプリ【Krisp】の設定方法やり方!

 

↑投票機能(アンケート)を無料・FREEで使用する設定/やり方!

 

↑クイックキーボードショートカットキーの一覧とキーの変更のやり方‼ 

 

↑ZOOM飲み会の際の注意点と開催のやり方

 

 

 

 

まとめ

 

今回は【ZOOMで同僚や友達をグループミーティングにZOOM招待するための4つの異なる方法!パソコン・スマホ対応 すぐに会議する方法】について!

 

Zoomに関するその他の問題やクエリについては、下のコメントでお知らせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です