Zoomの子会議室・ブレイクアウトルーム・小部屋の作成/事前割り当て/使い方!セッション中の移動など

 

 

Zoomの機能は非常に便利で、ビデオ会議ツールがユーザーの間で非常に人気がある理由の1つです。

ブレイクアウトルームは、Zoomミーティングを最大で50の別々のセッションに分割することができます。ミーティングのホストは、ミーティングの参加者を、これらの別々のセッションへ自動的にまたは手動で分割することを選択できます。そして、セッションをいつでも切り替えることができます。

 

今回は【Zoomの子会議室・ブレイクアウトルーム・小部屋の作成/事前割り当て/使い方!セッション中の移動など】について!

 

 

 

小会議室の作成と事前割り当て

 

小会議室を作成する最も簡単な方法は、クラスセッション中に生徒をランダムに割り当てることです。ただし、生徒が小会議室に事前に割り当てられるようにする場合は(おそらくグループプロジェクトの割り当てに基づいて)、クラスの開始前に行うことができます。

 

 

① www.washington.zoom.usで Zoom Webポータルにサインインします  。

②.左側のメニューの[設定]に移動し、[会議中(詳細)]までスクロールして小会議室を有効にし、会議のスケジュール時に参加者を小会議室に割り当てることができます。

 

 

 

③.右上隅にある[会議のスケジュール]をクリックします。小会議室を事前に割り当てる場合は、Canvasではなく、Webポータルで会議をスケジュールする必要があります。

④.会議オプションで、小会議室の事前割り当てを選択し、[部屋の作成]をクリックします。

 

 

 

 

⑤. [部屋]の横のプラスアイコンをクリックして、小会議室を追加します。[参加者を追加]ボックスに学生のメールを入力します。

 

⑥デフォルトの小会議室の名前にカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックして名前を変更するか、ゴミ箱アイコンをクリックして削除します。

⑦参加者の名前にカーソルを合わせると、参加者を別の部屋に移動したり、現在の部屋から削除したりするためのオプションが表示されます。

⑧完了したら、[保存]をクリックします。

 

 

 

 

ZOOMセッション中に小会議室を開始する

 

①ズームセッション中に、メニューバーの小会議室アイコンをクリックします。ポップアップウィンドウが表示されます。

 

②設定を確認します。生徒を自動的に割り当てると、指定した部屋数の間でランダムに生徒が分割されます。生徒を手動で割り当てるには、各生徒を部屋に割り当てる必要があります。[部屋の作成]をクリックして、小会議室の作成の次のステップに進みます。

③生徒が適切な部屋に割り当てられていることを確認します。小会議室を事前に割り当てている場合は、[割り当て済みの部屋に戻す]をクリックして、会議のスケジュール時に指定した小会議室に生徒がいることを確認します。

④オプションをクリックして設定を管理します。ここでは、生徒がいつでもメインセッションに戻ることができるようにし(このオプションを選択することを強くお勧めします)、一定の時間が経過すると自動的に部屋を閉じ、時間切れになると通知して生徒がメインルームに戻るようにします。

⑤小学生室での滞在時間を学生に示すカウントダウン。ブレイクアウトセッションにタイマーを追加することは個人的な好みです。いつでも[すべての部屋を閉じる]をクリックすることにより、いつでもブレイクアウトセッションを手動で終了できます。

 

 

 

⑤ブレークアウトセッションを開始する準備ができたら、[すべての部屋を開く]をクリックします。確認すると、生徒は小会議室に参加するように自動的に求められます。

⑥生徒(および部屋に手動で参加するときのホスト)は、小会議室に参加するときに次のメッセージが表示されます。

 

 

⑦小会議室が進行中であるため、下のウィンドウが表示されます。学生がブレイクアウトセッションにまだ参加していない場合は、名前の横に「(未参加)」と表示されます。小会議室の横にある[参加]をクリックして、部屋に入り、会話に参加できます。

⑧別のディスカッションプロンプトを追加したり、5分間の警告を発したい場合は、[全員にメッセージをブロードキャストする]をクリックして、全員にメッセージを送信することもできます。

 

 

 

⑨ [すべての部屋を閉じる]をクリックして小会議セッションを終了します(または、時間制限を指定した場合は、部屋のタイムアウトを許可します)。

部屋が閉じられると、Zoomは学生が小会議室を離れてメインルームに戻るのに1分間かかります。

 

小会議室を効果的に使用する

 

●生徒を少人数のグループに入れます(2-5)。小会議室に到着したら、お互いに自己紹介をするように依頼します。

●小学生室でもプロ意識と優れたネチケットへの期待が適用されることを生徒に思い出させます。生徒は常にメインルームに戻ることを許可するか、必要に応じて講師(会議の主催者)が小会議室に参加することを要求する必要があります。ズームは、学生がこれを簡単に行うためのボタンを提供します。

●パッシブモードからアクティブモードに移行する主要な学生。小グループのブレイクアウトグループでの目標と、ブレイクアウトセッションが終わったときに彼らに何が期待されるかについて、生徒に非常に明確な指示を与えます。ブレイクアウトセッションの前にクラス全体のポーリングを実行して、アクティブモードに準備することを検討してください。

●ブレイクアウトセッションが開始されると、生徒はメインルームの何にもアクセスできなくなります(チャットとホワイトボードを含む)。ディスカッションの目的/プロンプトをCanvasに投稿し、ブレイクアウトセッションが始まる前に、各生徒が別のウィンドウでCanvasを開いていることを確認してください。

●ブレイクアウトセッションが完了したら、生徒にクラス全体に報告するよう依頼します。話し合った内容の要約ではなく、具体的な成果物を作成することを検討してください。

●非同期の生徒について考えてみましょう。ズームは小会議室では何も記録しません。必要に応じて、非同期の生徒が小会議室のアクティビティのバージョンを自分で完了する方法を明確にします。

 

 

 

ZOOMでおすすめの必需品

 

パソコンでZoomミーティングを行いたい場合は下記がおすすめ!

 

スピーカー

 

 

 

かなり手ごろな価格で購入できるスピーカー

同じ値段で比べればかなりの高音質なので早急に揃えたいけど価格も抑えたい人におすすめ。

 

 

 

 

ウェブ会議ではネット接続の都合上聞こえずらい時がある。

こちらのスピーカーは聞こえにくい音も拾ってくれるので会議の際の快適さが向上する。

音楽などを聴く際にも重厚感が増すので余裕があればこちらで!

 

 

マイク

 

 

パソコンのノイズの影響を受けにくいUSBデジタルマイク

単一指向性マイクの採用で周囲のノイズの混入を抑えマイク入力を一時停止できるミュートスイッチ付きです。

 

 

 

 

 

ウェブカメラ

 

 

 

 

 

 

 

ウェブ通信のセキュリティ問題

 

パソコンアプリの使用でよく出るセキュリティ問題。

自分は「いやいやそんな被害とか合うことなんてないだろ」って思ってました。

 

しかし1年半前に間抜けですが何の対策もしておらずセキュリティハックされ

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される

 

というダブル被害に遭いました・・・・(笑)

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、

パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化したのですよ。

 

 

ソフトの惰弱性が問題だったみたい・・・

ただ最低限ネットワークウィルス保護ソフトは使用していたのに
なぜハックされたのか調べてみたらハックの仕組みに問題があると判明。

もちろんウィルスには効果があったんですが、ソフトの惰弱性(弱点みたいなもの)を突かれるとセキュリティを突破される可能性があるらしい。

 

要は現実で例えると

窓の戸締りは完ぺきだけどドアのカギは全く締めていない状態だった用///

 

なのでセキュリティソフトが意味をなしていなかった状態だったとのこと。

 

 

解決策はIPアドレスを隠すVPN利用が最適

 

ただウェブミーティングソフトはかなり便利なので利用はしたい。

でもまた被害にはあいたくないのでより強固なセキュリティ対策はないのか

調べたところ【VPN】というネットワークサービスが最適なんじゃないかとたどり着きました。

 

VPNサービス】は

IP アドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、プライベートな状態を保つことができるもの。

 

ハックの際に必須のIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

正直本当に効果があるのか半信半疑でしたが、思い切ってサービスを登録してから 1年半まったくウィルス・ハック被害に遭ってません。

 

もちろん月額料金は発生しますが

  • パソコンが壊れるリスクがなくなる
  • 個人情報の流出阻止の強化
  • ネットフリックスなどで海外限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる

 

【ウェブ会議サービスを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

会議ソフトセキュリティにはVPNを利用!



VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐこともおすすめします。

またVPNを使用すれば匿名になるので
もし万が一悪意のあるファイルをダウンロードした際も安心!!

インターネット上には数多くのVPNサービスが
その中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。

 

 

 

NordVPNがおすすめな理由

 

簡単にまとめると、NordVPN最適な利湯は以下の通りとなります。

  • 料金がほかのVPNサービスと比べて安い
  • ログが保持されていない
  • 日本から高速な通信が可能
  • Socks5プロトコルが利用可能
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • 匿名性がある

 

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

さらにNordVPNについて知りたい方は以下の記事でNordVPN最適な理由を紹介していますので、ご覧ください。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は【Zoomの仮想背景(バーチャル背景画像)を使用する際のパソコン・IOS・androidの要求/推奨スペックは??各OSも参照】について!

 

Zoomに関するその他の問題やクエリについては、下のコメントでお知らせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です