プライムビデオとYouTubeで誤って一時停止してしまうのを防げる【Netflixの「画面ロック」】を設定するやり方!

 

 

Netflixは最近、誤って一時停止してしまうのを防ぐために、モバイルアプリに「画面ロック」を追加しました。Netflixアプリを開いてテレビ番組や映画を起動すると、画面下部に「スクリーンロック」オプションが表示されます。

この機能を有効にすると、画面上の「一時停止/再生」と「進む/巻き戻す」ボタンが非表示になり、誤って一時停止するのを防ぐことができます。

 

今回は【プライムビデオとYouTubeで誤って一時停止してしまうのを防げる【Netflixの「画面ロック」】を設定するやり方!】について!

 

 

 

画面ロックとは??

 

Netflixは最近、偶発的な一時停止を防ぐためにモバイルアプリに「画面ロック」を追加しました。

Netflixアプリを開いて、テレビ番組または映画を開始するだけで、画面の下部に「画面ロック」オプションが表示されます。この機能を有効にすると、画面の[一時停止/再生]および[進む/巻き戻し]ボタンが非表示になり、偶発的な一時停止が防止されます。

 

 

「画面ロック」はNetflixアプリでのみネイティブで利用できますが、

 

  • プライムビデオ
  • YouTube
  • およびサードパーティアプリ

 

などの使用する他のすべてのストリーミングサービスでも利用できます。方法は次のとおりです。

 

 

 

プライムビデオとYouTubeでNetflixの「画面ロック」を取得する方法

 

 

そのためには、まず「Touch Lock」と呼ばれるサードパーティのアプリをインストールする必要があります。

 

①完了したら、アプリを開いて必要な権限を付与します。

②「他のアプリの上に表示」や「アクセシビリティサービス」など、いくつかの権限があります。

これらは、アプリがビデオ画面にロックアイコンを表示し、ユーザーからのタッチ入力をブロックするために必要です。

 

③それぞれの権限を指定すると、アプリは残りの設定をほぼ行います。

アプリはスマートで、ビデオストリーミングアプリを使用しているときに通知ドロワーに通知を送信します。

 

 

 

通知をタップすると、画面がロックされます。ビデオ画面に透明なロックアイコンが表示されます。これにより、画面上のすべてのタッチ入力が現在無効になっていることが通知されます。さらに、通常のタッチ操作を再開する必要がある場合は、ロックアイコンをクリックしてパターンを入力すると、ロック画面が削除されます。

アプリには、ロックアイコンの透明度とサイズを変更するオプションもあります。

 

 

 

 

タッチロックアプリは、「シェイク」ジェスチャーも提供します。基本的に、通知をタップする代わりに、スマートフォンを振って画面をロックできます。同様に、もう一度スマートフォンを振ると画面のロックが解除されます。

 

※残念ながら、iOS向けの同様のアプリは見つかりませんでした。Appleは、アプリが別のアプリの上に表示されることを許可していません。したがって、現在のところ、それは不可能です。

 

 

 

まとめ

 

今回は【プライムビデオとYouTubeで誤って一時停止してしまうのを防げる【Netflixの「画面ロック」】を設定するやり方】の紹介でした

最後に、あなたの子供がビデオを見ている間にスマホをいじらないための解決策を探しているなら、AndroidとiOSの両方で画面のピン留め機能を試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です