SKYPEでの会議・ミーティング中に発生するバックグラウンドノイズ・異音・雑音を削除/改善できるアプリ【Krisp】の設定方法やり方!

 

 

 

ノートパソコンは、ノイズキャンセリングの効率はそれほど高くありません。

一方で、スマートフォンは、ノイズをキャンセルし、ビデオ通話中にまともなオーディオを提供するマイクの配列を持っています。しかし、かなりの量のバックグラウンドノイズを除去し、あなたのオフィスと同じように良いオーディオを提供する小さなツールKrispがあります。

 

ここでは、Skype通話や他のビデオ会議アプリからバックグラウンドノイズを除去する方法をご紹介します。

 

 

 

バックグラウンドノイズを削除する方法

 

 

Krispは、通話中の静的なバックグラウンドノイズやその他のダイナミックな音を除去するAIベースのアプリです。

マイクとスピーカーの両方で動作します。基本的に、KrispはコンピュータのマイクとZoomアプリの間に仮想マイクを設置します。そのため、マイク信号からのノイズを抑制してZoomに伝えます。同様に、物理的なスピーカーと他のアプリケーションの間に配置される仮想スピーカーも作成します。これは、他の通話参加者からあなたに来るノイズを抑制します。

 

 

あなたがしなければならないことは、アプリ(Windows、macOS、さらにはChromeの拡張機能)をインストールし、サインインするか、新しいアカウントを作成することだけです。次に、Krispを使いたいビデオ通話アプリに向かいます。ここではZoomアプリを使用しています。

次に、マイクとスピーカーのソースをコンピュータのデフォルトのマイクとスピーカーではなく、Krispに変更します。

 

 

Krispはフリーミアムモデルで動作します。

 

  • 無料プラン:週120分(14日間の無料トライアル)
  • 有料プラン:無制限の時間($ 3.33 /月)

 

 

 

 

Krispの設定

 

Krispには  、Windows、macOS、さらにはChrome拡張機能専用のアプリがあります。

Slack、ハングアウト、メッセンジャー、Join.me、WhatsAppなどの600以上のビデオ会議アプリをサポートしています。

 

 

Chrome拡張機能

 

を使用している場合、またはZoom Webアプリを使用している場合は、Krisp Chrome拡張機能を使用する必要があります。

Chrome  拡張機能の設定は非常に簡単で、Krisp for Chrome拡張機能をダウンロード、インストール、登録するだけです。

 

 

それを投稿し、ビデオ通話中に内線番号をクリックすると、「ミュートノイズ」というトグルが表示されます。

オンにするとすぐに、拡張機能がマイクからのノイズのフィルタリングを開始します。

 

 

KrispはAIで動作するため、周囲のノイズや人間の声の中であなたの声を把握するのに時間がかかります。

したがって、周囲のノイズとあなたの声に適応するために、10〜20秒といくつかのサンプルラインを追加してください。

 

 

 

サンプルテスト

 

以下は、音楽やその他のアンビエントノイズの中でオフィスで行ったテストZoom呼び出しです。

オーディオサンプルの前後と周囲のノイズの違いを確認できます。

 

 

 

 

 

新しいカメラを買う必要も??

 

以上の方法でできない場合はそもそもカメラに故障がある場合がございます。

そういった場合は思い切って新しいUSBカメラを購入しましょう。
Amazonなどでは2000円台でも安いカメラが出品されており、
性能もそこそこなので友達と会話するくらいならおすすめ。

 

 

↑低価格で問題なく使用できるカメラ

 

 

 

 

 

↑よりきれいな動作で移したいならこちら

 

 

 

 

 

SKYPE関連の記事

 

↑スカイプ以外のビジネスビデオ通話会議ソフト・アプリ

 

↑音声-映像を録音・記録する設定

 

↑通話の際に背景をぼかす方法

 

 

↑ウェブカメラが動作しない場合の改善策

 

 

↑マイクが動作しない場合の改善策

 

 

 

 

まとめ

これらは、Skypeでぼかしモードを切り替えることができる2つの方法でした。

WindowsおよびmacOSアプリでのみ動作します。
モバイルアプリではまだ取得できませんでした。

来的には更新を展開し、サードパーティのクライアントにぼかしモードを提供するのではないでしょうか??

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です