メッセンジャーアプリ【WhatsAppチャット】でTouch IDとFace IDを有効にする設定・方法・やり方!

 

 

WhatsAppの会話はエンドツーエンドで暗号化されていますが、携帯電話のロックを解除したままにしておくとどうなるでしょうか?

 

誰もがあなたのプライベートなメールや会話を盗み見することができます。WhatsAppはついにアップデートを実施し、iPhone 5s以上ではAppleのTouch ID、iPhone X以上ではFace IDを使用して会話を保護することができます。このガイドでは、WhatsAppでTouch IDとFace IDを有効にする方法を紹介します。

 

さっそく始めてみましょう。

 

 

WhatsAppでTouch IDとFace IDを有効

 

WhatsAppでTouch IDとFace IDを有効にする

Touch IDとFace IDを有効にするオプションは、WhatsAppのプライバシー設定で簡単に見つけることができます。もしまだオプションが表示されていない場合は、WhatsAppをバージョン2.19.20にアップデートする必要があります。

 

まず、iPhoneのApp Storeを開き、WhatsAppのアプリページに移動します。アップデートボタンが表示されますので、タップしてWhatsAppを最新バージョンにアップデートしてください。WhatsAppのアップデートは徐々にロールアウトされていきますが、この記事を書いている時点ではまだアップデートが届いていないユーザーもいます。現在のバージョンは2.19.20です。

 

 

 

アプリを更新したら、iPhoneでWhatsAppを開き、右下の設定アイコンをタップします。[アカウント]をタップしてアカウント設定開きます

アカウント設定で「プライバシー」をタップしてプライバシー設定を開きます。オプションのリストが表示され、下部に「画面ロック」が表示されます。

 

 

 

iPhoneモデルに応じて、さまざまなオプションが表示されます。

TouchIDはiPhone 5s以降で機能し、Face IDはiPhone X、Xs、Xs Max、およびXRで使用できます。

トグルスイッチをスライドさせることで有効にできます

 

これで、WhatsAppはAppleのTouch IDとFace IDで保護されます。

必要に応じて、認証のプロンプトを設定できます。オプションのリストから、誰も会話を覗き見したくない場合は、「今すぐ」を選択できます。

 

 

Touch IDとFace IDの動作を確認するには、WhatsAppを閉じて再起動するだけです。

WhatsAppは今すぐ認証を要求するはずです。

場合によっては、iPhone XシリーズのFace IDとパスコードでも、[設定]> [Face IDとパスコード]> [その他のアプリ]からWhatsAppに追加の許可を与える必要があります  

 

 

 

まとめ

これは、iPhoneのWhatsAppでTouch IDとFace IDを有効にする簡単な方法でした。

これは、ほとんどのアプリが実装すべき優れた機能であり、GmailがiPhoneに実装する日が来ることを期待でき、

Touch IDとFace IDでメールを保護できます。このセキュリティ機能を実装するアプリを下のコメントに記入してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です