e スポーツプロ選手はメンタル・精神病が起きやすい??長時間ゲームによる鬱・不安・パニック障害

 

プロのゲーム、別名eSportsは大きなビジネスです。

チームビデオゲーム – DOTA 2、PUBG、CS:GO、League of Legends はレベルの高いプレイヤーたちが優勝を争う形式でプレーされ、巨額の賞金が賭けられおり、この様子を、サッカーの試合のように、好きなチームを応援する観客でいっぱいのスタジアムで放送されます。

一昔前を考えればゲームプレイにこれだけ大規模な人数が注目し、多額の賞金まで付くなんて夢のような話でしたが今では勢いのある市場の一つとなりました。実際にeSports全体の経済は、2018年上半期のみで906百万ドルを生じているらしい・・

これだけ急速に発展すれば勿論発展した分の歪が生じてしまうようで今e スポーツ界隈で問題になっているのが

『e スポーツプロ選手の精神的なメンタルケアの問題』

なんとこれが原因で有名なゲームプレイヤーが、プロ活動休止に追い込まれているそうだ。

一人・二人であれば業界的には問題にならないが、現在精神的な問題でプレイに支障が出ている選手が跡を絶たないらしい。

ということで今回はe スポーツプロ選手のメンタル・精神病について触れていきたいと思う。

関連記事はこちら!!

■eスポーツの起源の歴史!ゲームの大会の歴史は1960年代??ゲーム機ヒストリーで振りかる

■【2019年】eスポーツで大会・賞金のあるPS4のソフト種目一覧!!

■【ポケットモンスター】はeスポーツ種目大会の可能性はあるのか?

■東京でおすすめのeスポーツカフェ・施設10選!ネットカフェでゲームの練習を!料金と設備は??

 

 

 

 

 

Eスポーツプロ選手は他のスポーツ選手に比べ精神的な問題に掛かりやすい環境にいる。

 

世界最大の戦闘ゲーム大会で、ジャスティン・プラプ(Justin “Plup” McGrath)選手は最初のパニック発作を経験した。

8月初めにチャンピオンシップシリーズのスマッシュブラザーズメリーイベントでタイトルを獲得するために挑んだマクグラスは決勝の直前に敗れ、3位に入った。その時にパニック障害になる兆候が走ったと言うがひとまず何も起きなかったそう。

ただ次のトーナメントであるラスベガスのトーナメントではジャスティン・プラプはひどく緊張したそうだ。あなたのあらゆる動きにぴったり何千もの目が追っており、あなたの見物人の2分の1がフィードバックで、成功するか、失敗するかというプレッシャー。失敗の恐れもあるし群衆が多数いるにも関わらず、孤独感がある、精神的な負荷が掛かり続け、メンタルケアもおこなっていなかったジャスティン・プラプ選手は・・・・

このイベント中にパニック発作を経験し「私の人生で初めてパニック発作を起こした」とTwitterで発表しました。

このようなPRO選手が多数存在しているのが現在のe スポーツ業界の問題点です。

 

競争力のあるビデオゲームの世界では、メンタルヘルスの問題が非常に大きくなり、頻繁に起こります。大規模なイベントでプレイヤーやチームが失敗した場合、ファンが最初に気がつけることの1つは「精神的な強さ」です。私たちは、選手がチャンピオンになるという不屈の精神を持っているかどうかを分析します。最高のビデオゲームプレイヤーは、コントローラーやマウスだけでなく、彼らの人生のあらゆる角度から発するような厳しい判断と圧力に耐えることができるとされている彼らの「精神的な強さ」が賞賛されます。ただ過酷に戦った跡の選手のメンタルケアはさほど行われていません。

北米では、一部のリーグ・オブ・レジェンズチームが自分の居住空間とは別に訓練のために別のアパートを借りることで、精神的なストレスの緩和をおこなっているが、韓国のチームハウスから持ち込まれた古い慣習は依然として流行している。チームハウスでは、プレイヤーが目を覚まし、一緒に食事をしたり、一緒に練習したり、一緒に食べたり、一緒に練習したり、時にはチームメイトと部屋を共有します。平均して、競技シーズンには、プレイヤーは自分自身に1週間休みのみで、残りはスクリメージや個人練習をしています。

このようなことを続けていれば精神的に参ってしまうのは必然とも言えます。

よくスポーツ選手がハードワークや無理な競技が原因で体を怪我して、全治何ヶ月とかありますがe スポーツプロ選手にも同様なことが当てはまります。

 

■e スポーツプロ選手のメンタルケアを手厚くすべき!!

メンタルヘルスに重点を置くべきです。

うつ病、不安、その他の理由で彼らに精神的な問題が生じれば、彼らは手元のゲームに集中できなくなる可能性があります。これを放置すれば悪化することでキャリアに復帰できなくなる可能性もあります。

他のスポーツ選手とは異なり、こチームの心理学者、医師またはメンターによって緩和されません。なぜならe スポーツプロのゲームは、ほとんど規制されていない分野です。プレイヤーは通常、非常に若い年齢の時にチームに参加し、世界トップレベルに収益性の高いゲームチームとの差を埋めるために家から離れて練習する必要があります。

 

この期間中、フットボール選手、バスケットボール選手、オリンピック選手はすべて、カウンセラー、栄養士、弁護士、メディアアドバイザーの形で、キャリア全体を通して総合的なサポートを受けています。しかしプロのゲーマーはほとんど持っていないので、彼らの才​​能を簡単に悪用することができます。これはNBA、NFL、AFLでよく見られるように、選手たちが公式の選手組合によって支持されていないという事実によって悪化する。

 

eSports内のこの規制の欠如は、「熱心に働いて、より困難になる」という潜在的な文化に支えられています。署名すると、選手は家族やチームメイトに移動し、チームメイトとほとんどの時間を共有していました。世界で最も高価な住宅の1つは、アメリカのオプティック・ゲーミングに属し、デューティ・オブコールCS:GOチームがシカゴ外の全邸宅と不動産に生息しています。ABCはシドニーのオーストラリアのチーフ・ゲーミングズの家の素晴らしいウォークスルーを持っています

 

しかし、前提は通常、改善されたパフォーマンスと引き換えに精神的なダウンタイムを犠牲にして同じです。トレーニングスケジュールは長く、ゲームの改善に重点が置かれ、既存のものとは異なります。プレーヤーは一度に15-16時間の間、最小限の注意散漫で座ります。彼らは、友人、家族、またはパートナーとではなく、隣のチームメイトと一貫した接触をしています。睡眠、食べ物、リラクゼーションは、しばしば効率的かつ無慈悲に脇見されます。チームハウスは規制されていない慣行であり、多くの人が訓練への無慈悲なコミットメントを持っています。若手で脆弱な選手もマネージャーによって悪用されるだけでなく、完璧なゲームを追求する際に病気のポイントに押し込めます。

残念ながら、精神的な健康状態が悪いと、グローバルなeSportsコミュニティ内のパラダイムになります。指数関数的な成長、規制の乏しさ、限られたリソース、狡猾なトレーニング文化は、あたかも不安、抑うつまたは他の精神的健康問題を患っているかのように感じるプレイヤーにはほとんど逃げない。最近の積極的な取り組み(例えば、2016年の公式eSports Integrity Commissionの設立など)にもかかわらず、選手の幸福が優先される前にはまだ大きな改善が残されています。それだけで、eSportsコミュニティは、それがもたらす才能への影響について責任を負います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です