メッセンジャーアプリ【WhatsAppチャット】ios・iPhone版で目にやさしいダークモードを搭載・設定するやり方!

 

 

WhatsAppのダークモードはAndroidで最初に発見され、ベータテスターの一握りがこの機能を使用していました

WhatsAppはついにAndroidとiOSの全ユーザーにダークモードをリリースしました。

ダークモードを待ち望んでいた方は、iPhoneでダークモードを有効にする方法をご紹介します。さっそく始めてみましょう。

 

 

 

ダークモードとは??

 

 

ダークモードは、低光量環境下での目の疲れを軽減するもの。

近年になってAndroidやiOS、Windows OS、macOSなどの主要なOSがダークモードに対応しました。OS側の設定画面でダークモードを選択すると、デスクトップやOS標準アプリはもちろん、サードパーティー製アプリも自動的にダークモードに切り替えられるようになり、ユーザーにとって身近な機能になりつつあります。

スマホの場合、画面表示の消費電力の割合が高いため、バッテリーの持ちが目立ってよくなることが期待できます。

また見つめている範囲内で発光する面積が減る分、眼の負担が減り、疲れにくくなるという説も・・・

 

ただあくまで説なので目の疲れを軽減させたいなら

 

 

 

↑ブルーライトをカットする眼鏡やフィルダーを購入しましょう

 

 

Androidでダークモードを有効にする

 

iPhoneはダークモードを正しく行い、日の出、日の入り、または他の時間に自動的にトリガーすることができます。

あなたがする必要があるのは、WhatsAppを最新バージョン(正確には2.20.30)にアップデートすることだけです。

iPhoneのApp Storeを開き、WhatsAppを検索すると、アップデートボタンが表示されます。

それをタップすれば完了です。

 

 

 

iPhoneでWhatsAppを開くと、ダークモードが表示される場合とされない場合がありますが、コントロールセンターからダークモードを有効にすると、このように表示されます。かっこいいですね。

 

機能がグローバルに展開されているにもかかわらず, それはグリッチの完全に無料ではありません.

ダークモードとライトモードの間で前後に切り替えながら, チャットの背景は私のiPhone Xs Max上で暗いまま. 私はそれに疑いの利益を与える準備ができていると私はiPhone SE上でこの問題に直面しなかったように, 私はそれがちょうど孤立したケースであることを願っています.

 

 

 

 

 

個人的には、ダークモードはWhatsApp Messengerに追加された健全な機能だと思っています。

私はサンライズとダークモードを同期させていて、iOSが自動的にダークモードとライトモードを切り替えられるようにしています。しかし、一つだけ小さな注意点があります。それは、WhatsApp自体でダークモードを手動で有効にすることはできないということです。iOSのテーマに応じて自動的に変更されますが、今のところはそれで我慢しています。

 

 

 

まとめ

以上、iOSのWhatsAppでダークモードを有効にする簡単な方法でした。

あなたはどう思いますか?あなたはiOSのWhatsAppでダークモードを使うつもりですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です