【Excel】エクセル数式エラー修正方 #####エラーや#REF!エラーなどチャック

数式エラー

#####エラー | #名?エラー | #値!エラー | #DIV / 0!エラー | #REF!エラー

Excelで関数や数式を使っていると、「#N/A」や「#REF!」などのエラー値を見かけることがあると思います。

数式が計算できない場合は「#N/A」、セル参照が無効の場合は「#REF!」など、それぞれに意味があります。

そのままだと見栄えも悪いし、エラーを治す方法があるなら学ぶべき!

この章では、Excelで一般的な数式エラーを処理する方法について説明します

セルにこのエラーコードが含まれている場合、列の値が十分に表示されません。

##### Excelでのエラー

1.列Aのヘッダーの右端をクリックし、列の幅を広げます。

#####エラーを修正

ヒント:列Aのヘッダーの右端をダブルクリックすると、最も幅の広い項目が列Aに自動的に収まるようになります。

#名?エラー

名前?Excelが数式内のテキストを認識しないときにエラーが発生します。

#名? エラー

1. SUMをSUMに単純に修正します。

#NAMEを修正しますか? エラー

#値!エラー

#VALUEがExcelに表示されます。数式に間違った型の引数があると、エラーが発生します。

#値! エラー

1a。セルA3の値を数値に変更します。
1b。テキストを含むセルを無視するには、関数を使用します。

#VALUEを修正してください! エラー

#DIV / 0!エラー

Excelは#DIV / 0を表示します!数式が0または空のセルで数値を分割しようとするとエラーが発生します。

#DIV / 0! エラー

1a。セルA2の値を0に等しくない値に変更します
。論理関数IFを使用して、エラーが表示されないようにします。

#DIV / 0を修正してください! エラー

説明:セルA2が0の場合、空の文字列( “”)が表示されます。そうでない場合は、式A1 / A2の結果が表示されます。

#REF!エラー

Excelは#REFを表示します!式が有効でないセルを参照している場合はエラーです。

1.セルC1はセルA1とセルB1を参照します。

#REF! エラーの例

2.列Bを削除します。これを行うには、列Bのヘッダーを右クリックし、[削除]をクリックします。

列の削除

3.セルB1を選択します。セルB1への参照はもはや有効ではありません。

#REF! エラーの結果

4.このエラーを修正するには、+#REF!を削除するか、セルB1の数式で、またはCtrl + zキーを押してアクションを元に戻すことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です