【Excel】エクセル 応用編 セル内の文字列やテキストを折り返したり、改行してセル内に収めるやり方!

 

 

単一のセルの複数の行に長いテキストを表示する場合は、Excelでテキストを折り返します。

テキストを自動的に折り返すか、手動で改行を入力します

 

 

 

なぜ必要なのか??

 

セルに長文を入力した際、セルに収まりきらない文字がセルから溢れ出てしまうことがあります。

[セルの書式設定]で[折り返して全体を表示する]を設定して全体を表示させることができますが、文字列の折り返し位置が微妙にずれて、各行の右端が揃わない場合があります。
見栄えよく文字列を揃えるには、文字の配置の設定を変更しましょう。

 

 

 

テキストを自動的に折り返す

1.たとえば、下のセルA1の長いテキスト文字列を見てください。セルB1は空です。

Excelの長いテキスト文字列

2. [ホーム]タブの[配置]グループで、[テキストの折り返し]をクリックします。

テキストの折り返しをクリックします

結果:

Excelでのテキストの折り返し

3.列Aヘッダーの右側の境界線をクリックし、セパレーターをドラッグして列幅を広げます。

列幅を変更する

4.行1ヘッダーの下の境界線をダブルクリックして、行の高さを自動的に調整します。

行の高さを自動的に調整する

注:行ヘッダーの下部の境界をクリックしてセパレーターをドラッグすることにより、行の高さを手動で設定した場合、Excelは[テキストの折り返し]ボタンをクリックしても行の高さを変更しません。これを修正するには、行ヘッダーの下部の境界線をダブルクリックするだけです。

5.セルB1に非常に長いテキスト文字列を入力し、このセルでテキストを折り返します。

非常に長いテキスト文字列

注:デフォルトでは、Excelはテキストを下に揃えます(セルA1を参照)。

6.セルA1を選択します。

7. [ホーム]タブの[配置]グループで、[上部の配置]をクリックします。

上揃えをクリック

結果:

トップアライメント

 

 

 

手動改行

手動の改行を挿入するには、次の手順を実行します。

1.たとえば、セルA1をダブルクリックします。

2.改行する位置にカーソルを置きます。

カーソル

3. Alt + Enterを押します。

結果:

Excelの手動改行

注:手動の改行を削除するには、セルをダブルクリックし、カーソルを行の先頭に置き、Backspaceキーを押します。

 

 

まとめ

 

今回は【Excel】エクセル 応用編 セル内の文字列やテキストを折り返したり、改行してセル内に収めるやり方の紹介です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です