【Excel】エクセル 応用編 DATEDIF関数とTODAY関数を使用し年齢を計算するやり方!

 

 

 

Excelで人の年齢を計算するには、DATEDIF関数とTODAY関数を使用します。DATEDIF関数には3つの引数があります。

 

 

 

1.生年月日をセルA2に入力します。

Excelでの生年月日

2.セルB2にTODAY関数を入力して、今日の日付を返します。

今日の機能

3.以下のDATEDIF関数は、人の年齢を計算します。

DateDif関数

注:3番目の引数に「y」を入力して、生年月日から今日の日付までの完全な年数を取得します。

4.今日の日付を表示せずに人の年齢を計算します。

年で年齢を計算する

5.特定の日付の人の年齢を計算します。

特定の日付の年齢を計算する

注:DATE関数は、年、月、日の3つの引数を受け入れます。

6.年、月、日で人の年齢を計算します。

年、月、日で年齢を計算する

注:3番目の引数に「ym」を入力して年を無視し、2つの日付間の月数を取得します。3番目の引数に「md」を入力して月を無視し、2つの日付間の日数を取得します。文字列を結合するには、&演算子を使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です