そのほかのコンピュータ・デバイス・スマホにリモートできる【Chromeリモートデスクトップ】と【TeamViewer 】どちらがおすすめか!?

 

 

TeamViewerとChromeリモートデスクトップは、デバイスにリモートアクセスするための最も便利なオプションの1つです。その理由は、どちらもクロスプラットフォーム互換であり、セットアップが簡単だからです。ただし、アプリには多くの類似点がありますが、大きな違いもあります。

最も基本的な根本的な違いは、Chromeリモートデスクトップはコンピューターにリモートアクセスするために構築されていることです。したがって、それを使用してスマートフォンを制御することはできません。一方、TeamViewerはより柔軟性が高く、任意のデバイスにリモートでアクセスできます。したがって、両方のアプリがまだ混乱している場合は、TeamViewerとChromeリモートデスクトップの簡単な要約とどちらを使用する必要がありますか?

 

 

ChromeリモートデスクトップとTeamViewerの違い

 

 

家にいながらにして、会社のパソコンを操作

 

会社や自宅で仕事を頑張ってる!けど、カフェでやりたい!

ノートパソコンは持っているけど、ノートパソコンにはソフトをインストールしていない!

remoteソフトを使用すれば遠隔操作ができますので、ノートパソコンにtインストールしておけば、ネットを利用し会社や自宅のパソコンを操作でき、カフェで仕事ができます。

 

 

 

1.クロスプラットフォームの互換性

クロスプラットフォームの互換性に関しては、両方のアプリが大きな存在感を持っています。

まず、Chromeリモートデスクトップ(CRD)はWebアプリです。したがって、追加のインストールを必要とせず、使用する方が便利です。ただし、リモートアクセスをホストする場合は、CRDホストアプリをダウンロードする必要があります。ただし、GoogleはChromeアプリをシャットダウンしているため、CRDは将来的にはウェブアプリになります。Raspberry PiやLinuxなどのニッチプラットフォームでは、Chromiumブラウザー経由でChromeリモートデスクトップを使用できます。

 

一方、TeamViewerにはWebおよびスタンドアロンアプリもあります。リモートアクセスをホストするには、TeamViewerスタンドアロンアプリをインストールする必要があります。このアプリは、Linux、ChromeOS、macOS、Raspberry Piなどの膨大な数のプラットフォームで利用できます。

 

スコア:CRD 1 – 1 TeamViewer

 

 

2.プロセスを設定する

セットアップが非常に便利なため、Chromeリモートデスクトップがここで重要な役割を果たします。

デバイスにリモートでアクセスする場合は、Chromeリモートデスクトップウェブアプリを使用してください。以下のためのAndroidiOSの、あなたがモバイルアプリをダウンロードする必要があります。スマートフォン経由でリモートセッションを確立するには、両方のデバイスで同じGoogle IDでログインする必要があります。

それを投稿し、接続認証用のPINを入力すると、準備完了です。1回限りのランダムシステムアクセスでは、代わりにランダムアクセスPINを選択できます。

 

Chromeリモートデスクトップでのランダムアクセスは、2台のラップトップまたはデスクトップ間でのみ機能します。

TeamViewerも同様のプロセスに従いますが、TeamViewerアプリは接続を確立する前に数回試行する必要があることがわかりました。

 

スコア:CRD 2 – 1 TeamViewer

 

 

3.機能

 

Chromeリモートデスクトップは最小限のアプリであり、言及する価値のある追加機能は提供しません。

どちらのアプリも、1つのアカウントでデバイスをサインアップして登録するオプションを提供します。

 

一方、TeamViewerには、すべてのユーザーのニーズを満たす十分な機能が多数用意されています。何よりも、クライアントと通信する必要がある場合に便利なチャットインターフェイスを使用できます。さらに、TeamViewerは、注釈、ファイル転送などの柔軟性も提供します。登録してサインインすると、リモートデバイスを監視してリモートバックアップを取ることもできます。

スコア:CRD 2 – 2 TeamViewer

 

 

4.制限

Chromeリモートデスクトップの主な欠点は、デスクトップからスマートフォンにアクセスできないことです。

また、ランダムなラップトップをリモートコントロールする場合は、スマートフォンを使用できません。

ランダムアクセスには別のラップトップが必要です。

 

 

それに比べて、TeamViewerにはそのような制限はありませんでした。唯一のことは、リモートコントロールとホストのためにモバイルに個別のアプリをインストールする必要があることです。

 

 

スコア:CRD 2 – 3 TeamViewer

 

 

5.セキュリティ

 

セキュリティは、リモートアクセスの主要な関心事でもあります。その点では、両方のアプリがAES / RSAを使用して接続を暗号化します。したがって、ネットワーク内でデータが盗聴される可能性はほとんどありません。同様に、ランダム接続を開始する場合、両方のアプリでユーザーIDとパスワード認証が必要です。

ただし、TeamViewerで気に入ったのは、画面共有セッション中にデスクトップの壁紙が黒くなることです。さらに、画面共有セッションを示すダイアログボックスが右下にあります。これにより、CRDで類似したものを見つけることができなかったのに対し、画面共有セッションにいる間は常に気付くことができます。

teamviewer-desktop-remote-session-view-desktop-Chromeリモートデスクトップとteamviewer

そうは言っても、画面共有セッションを開始すると、その人は両方のアプリであなたのファイルに無制限にアクセスできます。したがって、ランダムなユーザーを扱う際には注意が必要です。

スコア:CRD 3 – 4 TeamViewer

 

 

 

6.価格

Chromeリモートデスクトップは本質的に無料で、有料版はありません。さらに、1つのアカウントに追加できるコンピューターの数の制限を見つけることができませんでした。

無料のTeamViewerアカウントには、アカウントの下にあるデバイスの数に明確な制限があります。制限を超えた場合、アカウントにフラグが立てられます。

個人使用の場合、TeamViewerは無料です。唯一の注意点は、非営利目的での使用が無料の亜種であることを示すセッションごとにポップアップが表示されることです。したがって、商用目的で使用する予定がある場合は、代わりに有料版を選択する必要があります。TeamViewerでは、月額約19ドルから複数の価格設定を提供しています。有料サービスは、複数の同時セッションの確立、詳細なリモートデバイス情報、イベントロギングなどの追加機能を提供します。

スコア:CRD 4 – 5 TeamViewer

 

 

まとめ

勝者はTeamViewerですが、結論はバイナリではありません。自分または家族のデバイスを管理したい場合、Chromeリモートデスクトップは理想的なオプションです。リモートファイル転送とは別に、ほとんどのシナリオで作業を完了するために必要な制御を提供します。

ただし、異なるオペレーティングシステムを持つ複数の個人にリモートサポートの提供を開始する場合、TeamViewerは柔軟性と幅広いツールを提供します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です