単純作業を効率カット!Windows操作の自動化フリーソフト『UWSC』の設定・導入のやり方!Windows 10/8/7対応

 

 

エクセルのマクロや、フォトショップのアクションなど、それぞれの作業を自動化できたら楽ですよね

実は、色々な作業を行いたい場合は、全体を網羅する自動化ツールを使用すれば改善することも!

 

今回は自動ツール【『UWSC』の設定・導入のやり方】を紹介します!

 

 

『UWSC』の機能は??

主な特徴

  • ツールバー型のインターフェイスで邪魔にならない
  • 自動化したい操作をスクリプトとして保存
  • 簡単にスクリプトを気にせず利用することも可能
  • スクリプトは通常のエディタで編集可能
  • スクリプトには関数や制御構文が利用可能
  • タイマー機能でいくつものスクリプトをスケジュール管理可能

 

実際に操作したマウスやキーボードの動きを記録し、その操作を再現することが可能な自動化ツールで、以下のような作業が可能です。

  • 面倒な繰り返し・単調作業の自動化
  • 自動で行うソフトやPCのデモンストレーション
  • タイマー機能で作業のスケジュール化による自動操作
  • 各種ソフト間を跨いでの自動化
  • PCゲームなどの部分的な自動化

 

 

 

ダウンロード・インストール

①Vectorからダウンロードします。

https://www.vector.co.jp/soft/cmt/winnt/util/se115105.html

 

②ダウンロードしたファイルを解凍します。

③解凍したファイルの中にUWSCを起動しましょう

 

 

 

 

 

操作方法のやり方

 

①記録開始ボタンを押して、操作の記録をスタート

②記録した操作を保存

③以前作成している操作の記録ファイル(スクリプト)を読み込む

④再生ボタンを押すと、読み込んであるスクリプトもしくは、直前に行った操作記録を再生

 

PC初心者でも簡単にWindowsの自動操作が可能になります。

 

 

 

操作のスケジュール化の設定

 

 

①一番右のボタンから、「設定」画面を開くと、下の方に「スケジューラー」

 

②「スケジュールを設定する」ボタンで、「スケジュール設定」画面を開きます

 

③実行予定のスクリプトを選んで、右のタイマーボタン「設定なし」を押して、以下の「タイマー設定」画面を開きます。

 

 

 

 

まとめ

 

『UWSC』なら、実際に操作したマウスやキーボードの動きを記録し、その操作を再現することが可能

今回は単純作業を効率カット!Windows操作の自動化フリーソフト『UWSC』の設定・導入のやり方!Windows 10/8/7対応になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です