Windows7でアドホックワイヤレスネットワーク/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方!!

 

アドホックモード(コンピューター間モードまたはピアモードとも呼ばれる)のWi-Fiネットワークにより、2つ以上のデバイスが、中央のワイヤレスルーターまたはアクセスポイント(  インフラストラクチャモードの機能)を経由せずに、互いに直接通信できます。。

アドホックネットワークのセットアップは、範囲内にアクセスポイントやルーターが存在しない場合など、ワイヤレス構造が構築されていない場合に役立ちます。デバイスは、ファイル共有、プリンターなどの中央サーバーを必要としません。代わりに、単純なポイントツーポイントワイヤレス接続を介して相互のリソースに直接アクセスできます。

今回はWindows10でアドホックワイヤレスネットワーク/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方の紹介です

Windowsでアドホックネットワークを設定する方法

 

 

必要な物

 

 

アドホックネットワークに参加するデバイスには、ワイヤレスネットワークアダプターが必要です。

また、ホストされたネットワークをサポートする必要があります。

またパソコンにネットワーク機能が付いていない場合は子機を購入しましょう。

ネットワークサポートをホストしているかどうかを確認するには、コマンドの実行後にコマンドプロンプトで探します。

コマンドを機能させるには、管理者としてコマンドプロンプトを開く必要がある場合があります。

 

 

WINDOWS 7の際のアドホック設定

 

①[スタート]メニューを開き、[ 検索]ボックスに「ワイヤレス」と入力して、[ワイヤレスネットワークの管理]を選択します

 

 

②[追加]ボタンをクリックして、ワイヤレスネットワークを追加します。

 

③次に、アドホックネットワークの作成をクリックします …

④④アドホックネットワークとは何かを指示するメッセージが表示されます。[次へ]をクリックします。

 

 

 

 

⑤ネットワークに名前を付けてセキュリティオプションを選択します。繰り返し使用する場合は、[ このネットワークを保存する]をオンにして、毎回設定する必要がないようにします。セキュリティの種類は、ワイヤレスアダプターの能力によって異なります。さまざまな種類のデバイスですぐに使用するだけであれば、セキュリティを確保する方が簡単です。もちろん、フルタイムで使用する場合は、セキュリティを使用する必要があります。

 

 

⑥ネットワークが作成されるまでお待ちください…

⑦ネットワークが正常に作成され、使用する準備ができました。

 

 

 

⑧タスクバーのワイヤレスアイコンをクリックしてネットワークを確認します。ここでは、ユーザーが接続するのを待っていることがわかります。

 

 

⑨クライアントコンピューターで、ワイヤレスアイコンをクリックして利用可能なネットワークを表示し、アドホックネットワークに接続します。

 

 

⑩次に、ホストマシンで、他のコンピューターがアドホックネットワークに接続されていることがわかります。

 

 

 

⑪この時点で、マシン間でファイルを共有できるようになります。インターネット接続を他のデバイスと共有するには、ホストのワイヤレスアダプターアイコンを右クリックします。[プロパティ]に移動し、[共有]タブをクリックして、[他のネットワークユーザーにこのコンピューターのインターネット接続を介した接続を許可する]を選択します。

 

 

 

⑫[設定]で、クライアントマシンがアクセスできるネットワークサービスを選択できます。

 

 

 

⑬マシンとデバイス間でドキュメントとインターネット接続を共有できるようになりました。

⑭XPマシンも接続できます。ここでは、XPラップトップをアドホックネットワークに接続しています。

 

⑮Wi-Fiのない会議やホテルで、ピンチセイでインターネット接続を共有する簡単な方法を探している場合、アドホックネットワークの作成は簡単なプロセスです。デバイスはホストコンピューターから30フィート以内にある必要があり、インターネット接続は以前よりも少し遅くなる可能性があることに注意してください(特に複数のデバイスが接続されている場合)。

 

まとめ

 

今回はWindows10でアドホックワイヤレスネットワーク

/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方の紹介でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です