Windows10でアドホックワイヤレスネットワーク/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方!!

ドホックモード(コンピューター間モードまたはピアモードとも呼ばれる)のWi-Fiネットワークにより、2つ以上のデバイスが、中央のワイヤレスルーターまたはアクセスポイント(  インフラストラクチャモードの機能)を経由せずに、互いに直接通信できます。。

アドホックネットワークのセットアップは、範囲内にアクセスポイントやルーターが存在しない場合など、ワイヤレス構造が構築されていない場合に役立ちます。デバイスは、ファイル共有、プリンターなどの中央サーバーを必要としません。代わりに、単純なポイントツーポイントワイヤレス接続を介して相互のリソースに直接アクセスできます。

今回はWindows10でアドホックワイヤレスネットワーク/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方の紹介です

Windowsでアドホックネットワークを設定する方法

 

必要な物

 

 

アドホックネットワークに参加するデバイスには、ワイヤレスネットワークアダプターが必要です。

また、ホストされたネットワークをサポートする必要があります。

またパソコンにネットワーク機能が付いていない場合は子機を購入しましょう。

ネットワークサポートをホストしているかどうかを確認するには、コマンドの実行後にコマンドプロンプトで探します。

コマンドを機能させるには、管理者としてコマンドプロンプトを開く必要がある場合があります。

 

 

 

 

WINDOWS 10

 

ここではセットアップ方法について説明しますが、これは実際には、いくつかのコマンドの後にマウスをクリックするだけの場合です。

 

①[スタート]ボタンを右クリックするか、Windows + Xキーを押してパワーユーザー設定パネルを開き、コマンドプロンプト(Admin)を起動して開始します。

 

②次のコマンドを入力し、最後にEnter / Returnキーを押します。

アドホック接続に名前を付けるには、「adhocname」を任意の名前に置き換え、パスワードを変更するには、「password」を任意の名前に置き換えます。

 

netsh wlanはhostednetwork mode = allow ssid = adhocname key = passwordを設定しました

 

 

③最後の1つのコマンドを入力して、EnterキーまたはReturnキーを押します。

netsh wlanはhostednetworkを開始します

 

 

 

「ネットワーク接続の表示」ウィンドウを開きます。このウィンドウは、タスクバーの検索バーを使用して簡単に検索できます。

 

⑤イーサネット接続を右クリックして[プロパティ]を選択し、[共有]タブに切り替えます。

 

 

 

[このコンピューターのインターネット接続を介して他のネットワークユーザーに接続を許可する]  オプションをオンにし、ホームネットワーク接続]の下にあるドロップダウンリストから新しく作成されたWiFi接続を選択します。

これで、念頭に置いていたスマートフォン、タブレット、またはコンピューターを使用して、新しく作成したWiFiアクセスポイントに接続できます。また、ネットワークと共有センターで新しい接続がアクティブとして表示されるようになります。ほら、それは今ではそれほど難しくありませんでしたか?

いつでもホットスポットを無効にする場合は、コマンドプロンプトで管理者権限で次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 

 

 

まとめ

 

今回はWindows10でアドホックワイヤレスネットワーク/WiFi接続/無線LANセットアップ・設定・作成をするやり方の紹介でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です