Wi-Fiマークがびっくりマーク・電波なしの場合のインターネット接続なしのWiFi接続の直し方・改善法のやり方!

 

多くの場合、Wi-Fiに接続してもインターネットアクセスエラーが発生するのは混乱を招く恐ろしい瞬間です。

オペレーティングシステムの設定またはルーターに問題がある可能性があります。長年にわたり、私たちはしばしば、この遭遇した接続のWi-Fiの問題ではありませんインターネット、最後に一緒にあなたは、この問題を解決する助けにステップバイステップガイドを置きます。

 

 

 

ネット接続の確認法

ネットワークの問題に直面している場合、通常2つの場所を確認します。

  1. ルーター
  2. デバイス自体

ネットワークに接続されているすべてのデバイスでインターネットが機能していない場合、ルーター/モデムに問題がある可能性があります。また、ADSLケーブルをざっと見て、破損しているかねじれているかを確認することもできます。

インターネットが単一のデバイスで機能していない場合、デバイスのWiFiアダプターに問題があり、デバイス がルーターとの通信に苦労している可能性があります。Wi-Fi接続を修正しますが、インターネットエラーはありません。

インターネットがChromeブラウザで機能しない

インターネットアクセスエラーの修正方

 

 

1.デバイスを再起動します

まずは再起動。ネットワークデバイスはIPテーブルを更新し、構成ファイルを再読み込みします。

 

①ルーターとモデムの両方をオフにします(お持ちの場合)。

②次に、30秒待ってから再起動します。

③さらに、PCを再起動して、問題がないことを確認する必要もあります。

 

すべてのデバイスがリセットされたら、再度接続して、動作するかどうかを確認してください。

 

 

 

2.モデムのライトを確認します

接続されているデバイスではなく、インターネット接続に問題がある可能性があります。

確認するには、ルーターのWANライトを確認し、点滅していることを確認します。WANライトが常にオンまたは完全にオフになっていないことを確認してください。

理想的には、DSLランプはほとんどの場合オンまたは緑色である必要があり、Wi-Fiインジケータライトは点滅する必要があります。確認方法がわからない場合は、ISPのカスタマーケアサービスに問い合わせて、進行中のインターネットの問題を確認してください。問題を解決するのにどれくらい時間がかかるかを尋ねます。

 

関連:  あなたのWiFiを盗んでいる人を見つける

 

 

3. ISPがダウンしている

モバイルデータからDowndetectorにアクセスし、ISPを検索します。そのAT&Tと言うことにしましょう。ここで最も人気のあるISPを検索し、サーバーがダウンしているかどうか、または停止に直面しているかどうかを確認できます。この便利なサイトは世界中のカバレッジを追跡するため、場所に基づいて確認することもできます。

サーバーの問題を確認するためのISP停止マップ

[ライブ停止]オプションをクリックして、世界の一部で停止しているかどうかを確認します。Twitterのようなソーシャルメディアサイトでの簡単な検索は、Wi-Fiが接続されているがインターネットがない場合に他のユーザーが同様の問題に直面しているかどうかを理解するのにも役立ちます。

 

 

 

4.アンチウイルスまたはその他のセキュリティアプリ

ウイルス対策ソフトウェアは、過去にインターネットの問題引き起こすことが知られています。ウイルス対策やマルウェアなどのその他のセキュリティアプリを一時的に無効にし、Wi-Fi接続は解決するがインターネットエラーは解決しないか確認します。もしそうなら、あなたは次にどこを見るべきかを知っています。そうでない場合は、次の手順に進みます。

この時点で、完全または完全なウイルス対策およびMalwarebytesスキャンを実行して、このエラーの原因となっている危険なものに感染していないことを確認することもお勧めします。

 

 

 

5.組み込みのトラブルシューティングツールを使用する

インターネットがISP側で正常であり、接続されているデバイスの少なくとも1つで動作している場合、Wi-Fiアダプターに問題がある可能性があります。これは、WindowsおよびMacに付属の組み込みのトラブルシューティングツールで簡単に修正できます。

問題をトラブルシューティングするには右クリックします

タスクバーのネットワークアイコンを右クリックして、[問題のトラブルシューティング]を選択します。Windowsはネットワークの問題を自動的に探して修正します。修正できない場合は、少なくとも問題の内容をお知らせします。ソリューションをオンラインで検索するか、以下のコメントで質問することもできます。

Mac OS XとUbuntuでも同じオプションが利用可能です。

 

 

 

6. DNSのフラッシュ

DNSキャッシュの競合により、Wi-Fiが接続されてもインターネットアクセスエラーが発生しない場合があります。DNSをフラッシュして、問題が発生していないことを確認できます。Windowsのスタートメニューに移動し、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開き、管理者権限で実行します。次のコマンドを入力し、Enterキーを押してDNSをフラッシュします。

ipconfig / flushdns
コマンドからフラッシュへのIP-DNSのコマンドプロンプト

Wi-Fiやその他のネットワークエラーの問題の解決に役立つ可能性のあるコマンドプロンプトコマンドを次に示します。

インターネットにアクセスするためにWindowsによって保存されたファイルをリセットします。

netsh winsockのリセット
netsh int ipリセット

古いIPアドレスを解放し、新しいIPアドレスを自動的に設定します。

ipconfig / release
ipconfig / renew

これがうまくいかない場合は、次のコマンドを一度に1つずつ、次々に実行してください。

ipconfig / flushdns
nbtstat -R
nbtstat -RR
netsh int ip reset c:\ resetlog.txt
netsh winsockのリセット

 

 

 

7.ルーターのワイヤレスモードを変更する

これは例外的なケースであり、古いWi-Fiカードまたはデバイスがインストールされている場合にのみ発生します。イーサネットケーブル経由でルーターに接続してPCでインターネットにアクセスしている場合、これら2つのデバイス間に通信障壁がある可能性があります。それを修正する1つの方法は、ワイヤレスモードを変更することです。

ルーターには  複数のワイヤレスモードがあります。たとえば、802.11 bまたは802.11 b / gまたは802.11 b / g / nなどのようなものを見たことがあるかもしれません。このb、g、n、およびacは異なるワイヤレス標準です。通常、ワイヤレスモードは802.11 b / g / n /に設定されており、ほとんどのユーザーに適しています。スマートフォンのような古いデバイスがこのモードと互換性がなく、ネットワークの問題が発生する場合があります。

ルーターWebインターフェイスのネットワークモード

ルーターのダッシュボードにログインし、「ワイヤレスモード」オプションを探しますWi-Fi SSIDとパスワードを設定するワイヤレス設定の下にある必要があります。[ワイヤレスモード]の横のドロップダウンメニューで[802.11 b]を選択し、変更を保存します。Wi-Fiを再起動し、これで問題が解決するかどうかを確認します。これが機能しない場合は、代わりに802.11 gを試してください。Wi-Fiが接続されているが、インターネットアクセスエラーが解決されていないかどうかをもう一度確認します。

また読む:  ルーターにリモートでアクセスする方法

 

 

8. IPおよびDNSを自動的に取得する

同じコンピューター/スマートフォンを別のWi-Fiネットワークに接続できますか?モバイルホットスポットを使用して確認してください。DNSまたはIPアドレスの競合である可能性があります。これを確認する別の方法は、コマンドラインからルーターにpingを実行することです。タイムアウト応答または宛先ホストに到達できない場合は、おそらくIPアドレスの競合です。

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。

ping 192.168.1.1
cmdでルーターIPをpingします

理想的には、ネットワーク設定を設定して、ルーターからIPアドレスとDNS設定を自動的に取得し、競合を最小限に抑える必要があります。ただし、デバイスに静的IPアドレスを割り当てるか、DNSサーバーを変更すると、Wi-Fi接続の修正に役立ちますが、インターネットアクセスエラーは修正されません。

以下は、WindowsでIP設定を変更する手順です。macOSまたはAndroidを実行している場合は、すべてのプラットフォームでDNSを変更する方法と、すべてのプラットフォーム  で  静的IPアドレスを割り当てる方法に関する記事をご覧ください   。

Windowsでは、ネットワークアダプターの設定を変更してIPアドレスを自動的に取得する必要があります。これを行うには、[スタート]メニューをクリックして、[ネットワークと共有センター]を見つけます。

スタートメニューのネットワーク共有センター

 

ネットワークウィンドウが開いたら、[ アダプターオプションの変更 ]をクリックします  

ネットワーク設定のアダプターオプションを変更する

[ネットワーク接続]ウィンドウで、現在のネットワークアダプターまたはWi-Fiを右クリックし、[ プロパティ]を選択し  ます。

WiFiアダプタを右クリックしてプロパティを取得します

インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4) ]を選択し、ポップアップで[ プロパティ ]をクリックし  ます

wifiプロパティのipv4プロパティ

ここでIPアドレスを自動的取得およびDNSサーバーアドレスを自動的に取得を選択し、OKをクリックして変更を保存します。

ipv4プロパティで自動IPアドレスを設定します

自動的に接続する必要があります。そうでない場合は、PCを再起動して、自動IPアドレス設定の使用を開始してください。

 

 

9.ネットワークドライバーの問題を修正する

ネットワークドライバが破損していると、インターネットの品質が低下する場合があります。Window + Rキーを押し、「devmgmt.msc」と入力してデバイスマネージャーを開きます。

[スタート]メニューでデバイスマネージャーを開く

[ネットワークアダプター]を展開し、ワイヤレスネットワークアダプターを見つけます。所有しているブランドに関係なく、「ワイヤレスネットワークアダプター」というサフィックスを付ける必要があります。ネットワークアダプターを右クリックし、[ドライバーの更新]オプションをクリックします。

デバイスマネージャーのネットワークアダプター

2つのオプションが表示されます。ドライバーは手動または自動(オンライン)で更新できます。イーサネットケーブルを使用して、PCをルーターに接続してみてください。ルーターまたはインターネット接続に問題がない場合は、問題なく接続する必要があります。接続したら、「更新されたドライバーソフトウェアを自動的に検索する」をクリックする と、Windowsが適切なドライバーを自動的に検索してインストールします。

wifiドライバーを自動的に検索する

接続できない場合は、製造元のWebサイトからインターネットに接続された別のデバイスに最新のドライバーを手動でダウンロードし、それをPCに移動する必要があります。最新のドライバーを入手したら、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」オプションを使用して、ドライバーソフトウェアを手動でインストールします。

 

 

10.ルーターのリセット

このオプションは、すべての種類のルーター関連の問題を解決できます。

 

ルータを工場出荷時の設定にリセットして、問題の原因となっている可能性があるすべての新しい変更を強制的にリセットできます。これは、ルーターを再度パスワードで保護し、必要に応じて基本設定を変更する必要があることも意味します。

 

設定からルーターをリセットできますが、より簡単な方法は、ルーター自体の 物理的なリセットボタンを押すことです。通常、リセットボタンは小さな穴の中に隠れているため、ボタンを見つけるにはルーターを注意深く確認する必要があります。見つかったら、ペーパークリップまたはモバイルSIMトレイオープナーを使用して内側のボタンを押し、5〜15秒間、またはすべてのライトが点滅してルーターが再起動するまで、ボタンを押し続けます。ルーターが再起動すると、インターネットに接続できるはずです。

ルーターをリセットする前に、ルーターのWebインターフェイスにログインし、ISPのサーバーへのログインに使用したユーザー名とパスワードを書き留めてください。

ルーターハードウェアのリセットキー

関連:  Wi-Fiパスワードを忘れた場合の対処方法

 

 

 

 

11.ネットワークのリセット

名前が示すように、「ネットワークリセット」はネットワークアダプタを無効にしてから再インストールし、他のネットワークコンポーネントを元の設定に戻します。Windowsは、イーサネットネットワーク、Wi-Fiネットワーク、VPN接続などを忘れます。これが、ネットワークのリセットが最後の手段である理由です。

Windowsでこれを行うには、[スタート]メニューの検索で「ネットワークリセット」と入力します。

検索開始時のネットワークリセット

新しいウィンドウが開き、ネットワークがリセットされるとどうなるかを警告します。「今すぐリセット 」ボタンをクリックして続行し、PCを再起動します。

ネットワークリセット設定のリセットボタン

 

 

12. ISPに電話する

 

最終的には、特にルーターとモデムを提供している場合は、常にインターネットに接続していることを保証するのは、インターネットサービスプロバイダーの仕事です。

上記のいずれの方法でもうまくいかない場合は、ISPに連絡して、正確な問題を伝えてください

彼らは、問題を解決するためのオンコール指示を提供できるはずです。

通話中に問題を解決できない場合は、エージェントを派遣してデバイスを物理的に検査するよう依頼することができます。

 

 

 

まとめ

 

接続されたWi-Fiに対する単一の回答はありませんが、インターネットアクセスの問題はありません。

上記のヒントは、ソフトウェア関連の問題のほとんどを修正できるはずです。

ただし、ネットワークカードやルーターの破損など、ハードウェアに問題がある場合は、技術者に連絡する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です