トレントクライアントソフトuTorrentの設定・使い方のガイド!高速化やアップロード制限などを網羅!

 

 

 

uTorrentは最も人気のあるtorrentクライアント!!

人気の理由は使い方が簡単で、トレントをダウンロードするために必要なものがすべて付属しているからです。

ただし、特にブロードバンドインターネット接続を使用している場合は、いくつかの小さな調整が必要な場合も・・・

 

今回は【トレントクライアントソフトuTorrentの設定・使い方のガイド!高速化やアップロード制限などを網羅】を紹介します!!

 

 

違法なファイル共有や著作権侵害を容認しません。P2Pを介して交換されるファイルの多くは実際に著作権で保護されています。

 

 

uTorrentの設定方法–ヒントとコツ

 

uTorrentの最適化とuTorrentの設定方法について言えることはたくさんあります。

ガイド全体を1ステップずつ説明していきましょう!!

 

 

①uTorrentをインストールする

 

uTorrentをゼロからインストールしする方法を紹介しているので参考に!!

 

 

もし前にダウンロードしていたらuTorrentアンインストールしてゼロから開始することをお勧めします。

アンインストールするときは、ユーザーが作成したすべてのファイルを必ず削除してください

 

 

②一般設定を構成する

次に、uTorrentがあなたのニーズと習慣に適合することを確認するために、一般的な設定を扱います。言語の変更、スタートアップオプションなどについて説明します。読み続けてください。

  • アイコンをダブルクリックしてuTorrent開きます。
  • 次に、uTorrentのウィンドウの上部にあるメニューを使用して、[オプション]> [設定]に移動します。
uTorrentオプションの設定
  • 左側のサイドバーから「一般」を選択してください。
  • まず、使用する言語選択します。デフォルトでは、uTorrentはシステムのデフォルト言語を使用します。英語に変更するか、現地の言語に切り替えることができます。
uTorrentの一般オプション
  • 次に、Windowsの起動時に uTorrentを開くかどうかを決定できますそれに加えて、最小化を開始できます。uTorrentは軽量のソフトウェアであるため、これはあまり重要ではありません。つまり、古いコンピューターを使用している場合でも、開くまで待つ必要はありません。
  • 更新プログラムを自動的インストールするオプションもありますこれを有効にしておくことをお勧めします。結局のところ、このアプリケーションはたまにしか更新を受信しません。
  • 最後になりましたが、更新を確認するときに情報のアップロードを無効にすることができます。これは匿名である必要がありますが、後悔するよりも安全である方が常に優れています。

 

③ダウンロード場所の構成

デフォルトでは、uTorrentはトレントダウンロードをダウンロードフォルダーに保存します。これは完全に受け入れられますが、多くのユーザーはこれを自分のデスクトップに簡単に変更できることに気付くでしょう。私たちはuTorrentを設定する方法だけでなく、それをあなたのために機能させる方法についても話している。そのため、このオプションが重要です。

  • 今回は、サイドバーから「ディレクトリ」を選択します。
uTorrentディレクトリオプション
  • ここで最も重要なオプションは、「
  • 了したダウンロード移動先」です。トレントが完全にダウンロードされると、uTorrentはダウンロードフォルダーに保存します。先に進み、3つの点があるボタンをクリックします。次に、デスクトップを選択します。完了したトレントをデスクトップに保存する場合。
  • トレントファイルのある特定のフォルダーがある場合、uTorrentにそれらを自動的にロードさせることができます。このオプションは、「トレントを自動的にロードする」と呼ばれます。もう一度、3つのドットボタンをクリックして、そのフォルダーを見つけます。
  • ここには他のオプションもありますが、それらは重要ではないと思います。たとえば、最初のオプション-「新しいダウンロードを入れる」。これは、ダウンロード中のトレントの不完全なデータを含むフォルダーです。あなたはできる、このチェックを外しておくのuTorrentのデフォルト値を使用します。これを、。結局のところ、完了していないダウンロードでデスクトップを埋める理由はありませんよね?

 

 

 

④接続設定を構成する

uTorrentが利用可能なすべてのテクノロジーを使用してシーダーに簡単に接続できるようにする必要があります。これにより、アプリケーションが適切に構成されていることを確認できます。

  • uTorrentの設定で[ 接続 ]をクリックします。ウィンドウを閉じている場合は、[オプション]> [設定]に移動できます。
uTorrent接続オプション
  • 最初に、「着信接続に使用されるポート」というオプションが表示されます。昔、これはトレントにとって非常に重要なものでした。ただし、現在のルーターには既に開いているポートが付属しているため、この種のファイル転送が容易になります。それでも、デフォルト値を変更する必要があります。したがって、10000〜12000以外の任意の番号使用できます。任意の乱数を使用することもできますが、「ランダムポート」ボタンをクリックすることもできます。
  • 次に、ポートマッピングが有効になっていることを確認します。これには、「UPnPポートマッピングを有効にする」と「NAT-PMPポートマッピングを有効にする」の横にあるチェックボックスが含まれます。
  • 最後に、uTorrentがWindowsファイアウォールを通過できるようにしてください。そうでない場合、ウィンドウはこのアプリケーションをブロックし、トレントのダウンロードを非常に困難にします。先に行くと「の横のチェックボックスをオンにWindowsファイアウォールの例外を追加します。」;

 

 

 

⑤帯域幅オプションの構成

インターネット接続の最適化について話すとき、別の便利なオプションのセットがあります。ブロードバンド接続をお持ちの方は、このセグメントが特に役立ちます。

  • uTorrentの設定で、「帯域幅」をクリックします。
uTorrent帯域幅管理
  • 一般的に、これらの2つのオプションに関しては何もする必要はありませんグローバルアップロードレート制限およびグローバルダウンロードレート制限。値をゼロのままにすると、これらの両方に制限はありません。言い換えれば、uTorrentはWeb接続を最大限に活用することができます。
  • 注意する必要があるのは、このウィンドウの下部にあり、「接続数」というセクションです。以下のための接続のグローバル最大数あなたは高速接続(最大10Mbpsとアップ)を持っている場合、あなたは「2329」で行くことができます。次に、トレントごとの最大接続ピア数を500に設定します。また、トレントごとのアップロードスロット数を14に設定します。
  • 最後に、「追加のアップロードスロットを使用する」の横にあるボックスにチェックマークを付けます。

 

 

⑥BitTorrentの設定を構成する

次に、BitTorrentプロトコルのほとんどを使用していることを確認します。一般に、ここにあるほとんどすべてのオプションを有効にする必要があります。ただし、それらのいくつかを知るために少し時間を取りましょう。

  • 左側のサイドバー([オプション]> [設定])から[ BitTorrent ] を選択してください。
uTorrent BitTorrentオプション
  • 次に、次の2つのオプションを有効にします。DHTネットワーク有効にし、新しいトレントに対してDHTを有効にします。これらの2つのオプションでは、Distributed Hash Tablesを使用しています。DistributedHash Tablesは、簡単なトレントディスカバリと連続したダウンロードを可能にするテクノロジーの1つです。
  • また、「帯域幅管理を有効にする」の横にあるチェックボックスをオンにすると、uTorrentが使用する帯域幅をよりよく理解できるようになります。結局、急流をダウンロードしている間、Webの閲覧を続けたいと思うかもしれません。
  • 最後に、「トラッカーにスクレイプ情報を要求する」の横にあるチェックボックスもオンにする必要があります。これにより、uTorrentはトラッカーからピア数やシード数などの情報をダウンロードします。
  • 不要なオプションは、ローカルピアの帯域幅の制限利他的モードの有効化の 2つだけです。最後のオプションは、大量のトレントを作成してシードしますが、平均的なトレントユーザーにはあまり使用しないユーザーに役立ちます。

 

 

⑦uTorrentアクティビティを制限する

インターネット接続の大部分には制限がありませんが、一部の制限はまだあります。たとえば、現在のインターネットプランには帯域幅が制限されている場合があります。たとえば、20GBのデータのみをダウンロードできます。その場合、uTorrentのアクティビティを制限する便利なオプションがあります。

  • uTorrentの設定に移動し、「Transfer Cap」を選択します。
uTorrent Transfer Cap
  • まず、「転送キャップを有効にする」の隣のボックスを必ずチェックしてください。これにより、uTorrentと、特定の期間にダウンロードできるデータの量を制限できます。
  • まず、uTorrent専用のギガバイト(GB)を入力します。インターネット接続が1か月あたり20GBのデータに制限されているとします。したがって、10GBをダウンロードした後、すべてのトレントをブロックするようにuTorrentに指示できます。次に、期間を日数で設定します。

 

 

 

 

 

⑧キューイングを構成する

多くの場合、複数のトレントをダウンロードします。その場合、このオプションセットにアクセスしたことをうれしく思います。読み続けて、uTorrentの設定方法とトレントのキューイングを学習してください。

  • uTorrentの設定で「キューイング」に移動します。
uTorrentキューイング
  • まず、「キュー設定」セクションの下に2つのオプションがあります。それがに来るときアクティブトレントの最大数を、あなたは、ブロードバンドインターネット接続がない場合は、それがに来るとき、あなたは4に、あるいは2に制限を設定することができます8で行くことができるアクティブなダウンロードの最大数、5で行くことができます。これにより、uTorrentは同時に5つのトレントをアクティブにダウンロードできます。
  • 次に、急流シーディングに関連するいくつかのオプションがあります。トレントをダウンロードするときは、しばらく共有し続けることをお勧めします。したがって、最小比率(パーセンテージ)を200に設定することをお勧めします。最小シード時間使用可能なシード数に関しては、両方の値に0を指定できます。

 

 

 

⑨キャッシュ設定を構成する

最後に、キャッシュ設定を構成するだけです。ここで、ハードドライブへの読み取りと書き込みの数を最適化できます。これは、SSDドライブにとって特に重要です。読み続けてください。

  • uTorrentの設定を開き、サイドバーの「詳細」の隣にある「+」記号をクリックします。これにより、さらにいくつかのオプションが開きます。「ディスクキャッシュ」を選択する必要があります。
uTorrentディスクキャッシュオプション
  • まず、キャッシュサイズを自由に変更してください。これは、uTorrentのキャッシュ処理を改善できる方法であるため、新しいコンピューターと古いコンピューターの両方に役立ちます。そのため、「自動キャッシュサイズを上書きし、サイズを手動で指定する」の横のボックスをオンにして、値を1800に設定します。
  • 次に、ページの下部を見てください。[ キャッシュスラッシング時に自動キャッシュサイズを増やす]の横のボックスが無効になっていることを確認します。
  • ここにある残りのオプションは有効にする必要があります。

 

 

 

⑩設定を適用する

そんなに大変な仕事を無駄にしないでください。新しい設定を保存するには、右下隅の「適用」ボタンをクリックしてください。次に、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。uTorrentの設定方法については、これですべてです。つまり、Webからファイルをダウンロードできるようになりました。

 

 

 

uTorrentの追加情報

 

uTorrentの設定方法についてはすべて説明しましたが、それで終わりではありません。

関するその他のリソースをいくつかご紹介しますので、ぜひお役立てください。

 

 

 

 

 

ダウンロードが遅い場合はVPNが最適

ダウンロードが遅い場合は【ファイルが別の国のサーバーにある可能性】が高いです。

トレントは共有ファイルの都合上ほかの方のファイルをダウンロードする必要があるので、日本から遠い国のサーバーを使用しているパソコンからダウンロードする際にかなり遅くなってしまう場合がございます。

これは普通の光回線などを使用していると対策法がありません

通常であればダウンロードされるのを天に祈るしかありませんが、【VPNサービス】を使用すればこの問題を解消できます!

 

 

いろんな国のサーバーを使用できる

 

VPNでは世界中にサーバーを保持しており、特にNordVPNはサーバーを59ヶ国5,000サーバーを保持しているのでダウンロードが遅い場合も別サーバに乗り換えることが出来ます。

  • アメリカで人気のファイルはアメリカサーバー
  • イギリスで人気のファイルはイギリスサーバー

 

といった感じで切り替えることでダウンロードが止まるファイルも劇的に早くなったりします。

登録さえすればわりとワンタッチで別サーバーへ変更できるので難しそうと思っていましたが直感的に操作が出来ました。

 

 

また下記で解説するセキュリティ問題にも効果があったりします・・・

 

 

 

IPアドレスが世界中に拡散流出の危険性

 

トレントの仕組み上ダウンロードの際に【 自分のIPアドレス】が丸見えになってしまう。

 

要は現実で例えると

自分の住所を泥棒がたくさんいる場所で風潮して回った挙句、

鍵開けっ放しですよってアピールしているのと変わらない】ことをしています。

 

そんな不用心な家には泥棒が来ますよね・・・

インターネットの世界も一緒で違法な手段を使ってハッキングやウィルスの被害にあう可能性があります。

↑IPアドレス流出の危険性についてはこちらから

 

 

 

トレントを安全に使用できるのか??

 

そんな自分も1年半前に間抜けですが何の対策もしておらずトレントを通じてセキュリティハックされ

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される

 

というダブル被害に遭いました・・・・(笑)

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化したのですよ。

 

このような被害に遭った人は割と多いみたいで、

 

 

 

上記のツイートにあるようTorrentを利用すると誰にでもウイルス・ハックの危険性があるみたいですね・・・

 

 

 

解決策はIPアドレスを隠すVPN利用が最適

 

ただトレントはかなり便利なので利用はしたい。

でもまた被害にはあいたくないのでより強固なセキュリティ対策はないのか

調べたところ【VPN】というネットワークサービスが最適なんじゃないかとたどり着きました。

 

VPNサービス】は

IP アドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、プライベートな状態を保つことができるもの。

 

ハックのそもそもの原因だったIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

正直本当に効果があるのか半信半疑でしたが、思い切ってサービスを登録してから 1年半まったくウィルス・ハック被害に遭ってません。

 

もちろん月額料金は発生しますが

  • パソコンが壊れるリスクがなくなる
  • 個人情報の流出阻止の強化
  • ネットフリックスなどで海外限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる

 

などVPNを利用すれば保険+利点が多数ありますし、万が一 torrent サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合でも、そのデータを遡ることができないため、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

↑違法をするつもりがないのに逮捕される場合も・・・

 

もちろん、ビデオや音楽の違法コピーを容認しているわけではありませんが【Torrentを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

トレントダウンロードにはVPNを利用!



トレントはダウンロード速度も速く便利なファイルですが
やはりP2P(ファイル共有サービス)の都合上セキュリティの面で不安があります。

VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐこともおすすめします。

 

またVPNを使用すれば匿名になるので
もし万が一悪意のあるファイルをダウンロードした際も安心!!

インターネット上には数多くのVPNサービスが
その中でも、「NordVPN」というVPNサービスをおすすめします。

 

 

 

NordVPNがおすすめな理由

 

簡単にまとめると、NordVPN最適な利湯は以下の通りとなります。

  • 料金がほかのVPNサービスと比べて安い
  • ログが保持されていない
  • 日本から高速な通信が可能
  • Socks5プロトコルが利用可能
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • 匿名性がある

 

特にいいのが【30日の返金保証制度】で、もし期間中に問題があった場合は特にこめんどくさい手続き不要で返金してもらうことができます、もちろんセキュリティは問題が発生してからでは遅いのでVPN実施の短期的な効果は実感しにくいですが、長期的に利用することでセキュリティの信頼度が実感できます!

さらにNordVPNについて知りたい方は以下の記事でNordVPN最適な理由を紹介していますので、ご覧ください。

 

 

トレント設定の際の豆知識

ルーターが落ちるのを防げる

 

 

 

ルーターが処理できる性能を超えてTorrentのダウンロードを行うと、ルーターの電源が落ちてしまうことがあります。

こういった際に帯域制限をすると、ルーターの電源が落ちるのを防ぐことが可能

 

 

 

プロバイダーからの警告を防止

 

あまりインターネットを使いすぎると
プロバイダー自身から連絡が来て警告される可能性があります。

具体的な罰則はほとんどがインターネット制限だと思いますが
警告書類などあまり見て気持ちのいいものではありませんよね笑

なので事前にこちらで制限をかけて、警告を防止しましょう

 

 

 

まとめ

ここで、uTorrentの設定方法に関する記事を締めくくります。

他のヒントやコツを知っている場合は、それらを共有するようお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です