【Windows 10】コンピューターで画面のちらつき・点滅・揺らぎなどの原因と修正する方法!!

画面のちらつきはフラストレーションの原因になる可能性があります。明らかな理由もなく画面がちらつくことに気付いたとき、何かに取り組んでいます。実際、ここではさまざまな要因が関係しています。多くの場合、問題の原因となる不正なアプリまたはドライバーが存在します。問題は、どうやって見つけるのですか?

まれに、コンピューターにアクセスしようとするウイルスまたはマルウェアの結果である場合もあります。これは常に悪い兆候ですが、アンチウイルスとMalwarebytesを使用してフルスキャンを実行することで解決できます。どちらの場合でも、問題の解決に役立ついくつかのソリューションを見てみましょう。

 

 

 

まずはちらつきテスト

このテストの目的は、ちらつきの原因を見つけることです。

最近インストールしたアプリや古いドライバーのせいなのか判断するひつようがあります。

 

 

Ctrl + Shift + Escを押して、タスクマネージャーを開きます。

Ctrl + Xを押して非表示のメニューを開き、そこからタスクマネージャーを選択することもできます。

 

タスクマネージャーも点滅している場合は、ドライバーに問題があります。画面がちらつきの背後に表示されているときにタスクマネージャがちらついていない場合は、インストールされているアプリのいずれかに問題があります。

 

 

 

ちらつきの直し方

 

①ドライバーのトラブルシューティング

タスクマネージャーが画面の残りの部分と共に点滅する最初のシナリオに焦点を当てます。

 

①Windowsの[スタート]メニューでデバイスマネージャーを検索して開きます。

②[ディスプレイアダプタ]をダブルクリックして

③グラフィックカードを右クリックして[プロパティ]を選択します。

Windows 10で画面がちらつく問題を修正1

④[ドライバ]タブには2つのオプションがあります。

⑤[ドライバーのロールバック]オプションが利用可能な場合、ドライバーの最新バージョンが問題を引き起こし、画面のちらつきが発生する可能性があるため、まず試してみます。

 

オプションがグレー表示されている場合は、ドライバーの新しいバージョンがこの問題の原因となっているバグを修正する可能性があるため、ドライバーの更新オプションを試してください。

この時点で、モニターの見出しの下にあるドライバーを更新することもお勧めします。

また読む: 最高の無料モニターキャリブレーションソフトウェアWindows 10

 

 

②アプリのトラブルシューティング

続いて、タスクマネージャーが画面の残りの部分のように点滅していない場合、互換性のないアプリが存在する可能性があります。たとえば、Windows 10とChromeの両方の最近の更新がChromeでちらつきの問題を引き起こす報告しユーザーはほとんどいません。

私はほとんどのアプリをWindowsストアからインストールし、このような場合に1日を節約します。すべてのアプリを非常に簡単に更新できます。

Windowsストアを開き、メニューアイコンをクリックして、ダウンロードと更新に移動します。

Windows 10 2で画面がちらつく問題を修正 [更新プログラムを取得]をクリックして、コンピューターにインストールされているすべてのアプリを更新します。メーカーのサイトから直接インストールしたアプリがある場合は、2つのオプションがあります。アプリを開いてそこで更新プログラムを確認するか、製造元のサイトにアクセスして現在のバージョンを確認します。いずれにしても、それらのアプリも更新してください。

問題やエラーに直面していない場合でも、常に最新バージョンを実行する必要があることに注意してください。これは、これらの更新が機能だけでなく、バ​​グと脆弱性の修正ももたらすためです。

 

 

 

 

アプリをアンインストールする

アプリを更新してもWindows 10 PCの画面のちらつきの問題が解決しない場合は、互換性のないアプリを見つけてアンインストールする必要があります。Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[アプリ]をクリックします。

Windows 10 3で画面がちらつく問題を修正

少しスクロールして、コンピューターに現在インストールされているすべてのアプリのリストを見つけます。インストール日を含むいくつかのパラメーターでリストをフィルターできます。これにより、画面がちらつき始める前にインストールした最後のアプリがわかります。

最新のアプリを1回クリックして、[詳細オプション]を選択します。

Windows 10 4で画面がちらつく問題を修正

アプリに応じて、3つのオプションが表示されます。1つ目は、アプリとそれに関連付けられているすべてのプロセスを強制終了するTerminateです。それでも解決しない場合は、2番目のオプションを試してください。リセットすると、アプリが再インストールされ、破損したすべてのファイルが置き換えられます。ドキュメントとデータは変更されません。最後に、アプリをアンインストールして削除できます。

Windows 10 5での画面のちらつきの問題を修正

③新しいユーザーアカウントを作成

一部のユーザーは、Windows 10で新しいユーザーアカウントを作成することで代替ソリューションを見つけました。これは十分に簡単なプロセスです。もう一度設定を開き、[アカウント]をクリックします。

Windows 10 6での画面のちらつきの問題を修正 [家族と他のユーザー]の下にある[このPCに他の人を追加]をクリックします。

画面の指示に従って、新しいユーザーアカウントを作成します。完了したら、上記の画面に戻って、新しく作成されたユーザーアカウントをクリックして、次の画面のドロップダウンメニューから管理者権限を付与します。

Windows 10 8での画面のちらつきの問題を修正

キーボードのWindowsキーを押して[スタート]メニューを起動し、プロフィール画像をクリックして、新しく作成したユーザーアカウントに切り替えます。

Windows 10 9での画面のちらつきの問題を修正

Windowsコンピューターで画面がちらつくのをまだ見ますか?

 

 

 

 

 

④既知の競合するアプリ

画面のちらつきの問題を引き起こすことが知られているいくつかのアプリがあります。

 

 

それらの1つは、ノートンアンチウイルスです。開発チームは修正に取り組んでいますが、ここからダウンロードしてインストールできる一時的な修正をリリースしました。彼らはまた、それを行う方法に関する段階的なガイドを共有しています。

クリックして忘れるだけの解決策ではないため、手順には時間がかかります。

IDT Audioアプリは、画面を暗くしたりちらつく原因となるものを破壊することでも知られています。ある場合は、アンインストールします。一部のユーザーは、AppleのiCloudアプリでも同じ問題を報告しています。

 

 

 

⑤ハードウェアアクセラレーション

これは、モニターがコンピューターのグラフィックスカードの高出力を処理できないことを意味します。この問題を解決するには、ハードウェアアクセラレーションをオフにする必要があります。Chromeブラウザにはハードウェアアクセラレーションオプションも付属しています。Chromeブラウザーのみで画面がちらつくことに気付いた場合は、ブラウザー設定に移動し、[詳細設定]でハードウェアアクセラレーションオプションをオフにします。

Windows 10の場合、デスクトップを右クリックして、[ディスプレイの設定]> [ディスプレイの詳細設定]> [グラフィックのプロパティ]> [トラブルシューティング]タブを選択します。[設定の変更]ボタンがグレー表示されている場合は、何もできません。そうでない場合は、クリックしてディスプレイアダプタートラブルシューターを開き、ポインターを左端に移動してハードウェアアクセラレーションをオフにします。Intelを使用しているため、PCにそのオプションはありません。

何らかの理由で上記の手順を実行できない場合は、レジストリエントリを編集してみてください。Windowsキー+ Rを押して実行プロンプトを開き、Enterキーを押す前にregeditと入力します。次に、以下のフォルダー構造に移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Avalon.Graphics \

Windows 10 10で画面がちらつく問題を修正

DisableHWAccelerationファイルが存在するかどうかを確認し、存在しない場合は、新しいDWORD(32ビット)ファイルを作成し、ダブルクリックして開きます。Baseの下の16進値として1を入力し、保存します。値1はオプションをオフに切り替え、値0はオンを切り替えます。ファイルを作成すると、デフォルトで値は0に設定されます。

 

 

まとめ

上記の解決策のいずれかで問題を完全に解決するはずです。

別の解決方法を見つけた場合は、以下のコメントでお知らせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です