Windows 10でMicrosoftカレンダーにイベントをすばやく追加する方法!カレンダーをスマホに同期??

 

 

Windowsは2019年11月にUIの前にいくつかのマイナーな追加を行いました。

これにより、カレンダーイベントの作成やファイルエクスプローラー内でのオンライン検索など、いくつかの機能がより使いやすくなりました。

以前は、同じメニューがMicrosoftカレンダーアプリに表示されていました。しかし、現在はタスクバー自体に統合されています。そのため、タスクバーからカレンダーにイベントをすばやく追加できます。さらに、Androidデバイスでも同じものにアクセスできます。

 

今回は【Windows 10でMicrosoftカレンダーにイベントをすばやく追加する方法!】

 

 

 

 

Windows 10でMicrosoftカレンダーにイベントをすばやく追加する方法

 

事前にアップデートしておこう!

 

まだアップデートをインストールしていない場合は、
スタートメニューに移動して「アップデートの確認」と入力します。

更新メニューで、[更新プログラムの確認 ]ボタンをクリックすると、
Windows 10バージョン1909 2019年11月の更新プログラムをダウンロードできるはずです。

 

 

カレンダーにイベントを追加するやり方

 

カレンダーにイベントを追加するのは簡単です。

①タスクバーの右下にある日付と時刻をクリックします。

②拡張メニューから、同様のカレンダーとそのすぐ下にイベントセクションが表示されます。

これらの要素は、以前のバージョンのWindowsとまったく同じです。ただし、Todayラベルのすぐ下にTextboxがわずかに含まれています。

 

 

 

③テキストボックスにアジェンダを入力して、イベントをカレンダーに直接追加

以前は、タスクバーからのみイベントを表示でき、イベントを追加するには、Microsoftカレンダーアプリにジャンプする必要がありました。

 

 

 

 

携帯などその他の端末に同期するには??

 

Microsoft Calendarは、他のMicrosoft製品と深く同期しています。

 

 

Microsoft Mailを使用している場合、タスクバーからすぐにイベントを
Googleカレンダーにすばやく追加すると非常に効率的です。

たとえば、AndroidとMicrosoft Mailに同じGoogleアカウントがログインしています。追加されたイベントはGmailに転送され、最終的にGoogleカレンダーと同期されます。そのため、電話でこれらのイベントにすぐにアクセスするか、代わりにGoogleアシスタントに問い合わせることができます。

 

 

さらに、最新の更新では、Microsoftは通知およびアクションセンターを変更したとのこと

これで、バナー通知とアクションセンターの通知の画像表示ができました。

 

 

 

さらに、すべてのアプリの通知音を無効にできるようになりました。

以前は、すべてのアプリで通知音を無効にする必要があり、面倒なプロセスでした。

 

この更新プログラムを控えてスキップする場合は、Windows 10がこれらの

更新プログラムを自動的にインストールしないことを心配しないでください。「更新の確認」ボタンをクリックした人だけが利用できます。

 

 

まとめ

 

今回はWindowsで使用できるカレンダーにイベントを追加する方法について紹介しました。

またスマホなどの同期を行っておけばかなり便利ですので導入してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です